クリス・デービス (内野手)

クリストファー・リン・デービスChristopher Lyn Davis, 1986年3月17日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ロングビュー出身のプロ野球選手一塁手)。右投左打。現在はMLBボルチモア・オリオールズに所属している。

クリス・デービス
Chris Davis
ボルチモア・オリオールズ 19
Chris Davis (17163846435).jpg
2015年4月15日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ロングビュー
生年月日 (1986-03-17) 1986年3月17日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 2006年 ドラフト5巡目(全体148位)でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 2008年6月26日
年俸 $23,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニックネームはCrushクラッシュ[2]

目次

経歴編集

プロ入り前編集

2004年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから50巡目で指名されたが、契約には至らなかった。

2005年MLBドラフトロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムから35巡目で指名を受けたが、契約には至らなかった。

プロ入りとレンジャーズ時代編集

2006年MLBドラフト5巡目(全体148位)でテキサス・レンジャーズに入団[3]

2007年にA+級ベーカーズフィールド・ブレイズとAA級フリスコ・ラフライダーズで150三振ながら打率.297、36本塁打、118打点を記録。オフに「ベースボール・アメリカ」誌からレンジャーズでエルビス・アンドラスに次ぐ2位、全体では65位の有望株に選ばれた[4]

 
レンジャーズ時代 (2009年)

2008年6月26日ヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。シーズン終了までに80試合に出場して打率.285、17本塁打、55打点、OPS.880の成績だった。

2009年はMLB史上最速の219打数目でシーズン100三振に到達[5]。最終的に自己最高の21本塁打を放ったが、今ひとつの成績だった。

2010年は、ジャスティン・スモークミッチ・モアランドらの台頭などにより、出番は減少していった。

2011年はAAA級ラウンドロック・エクスプレスで48試合に出場し、打率.368、24本塁打、OPS1.229という圧倒的な成績を残した。

オリオールズ時代編集

2011年7月30日上原浩治とのトレードで、トミー・ハンターと共にボルチモア・オリオールズへ移籍した[6]

2012年5月6日ボストン・レッドソックス戦では延長戦が長引いたことで両チーム共に控え投手がいなくなったため、レッドソックスは外野手のダーネル・マクドナルドが、オリオールズは短大時代にリリーフ投手の経験があるデービスが緊急登板。92mphの速球やチェンジアップを駆使し、強打者のエイドリアン・ゴンザレスジャロッド・サルタラマッキアから三振を奪うなど2イニングを無失点に抑え、勝利投手となった[7][8]。スコアは9-6。

2013年は、開幕から好調で前半戦だけで37本の本塁打を記録した。また、オールスターゲームにも最多投票で選出された。[9]本人の希望とロビンソン・カノの指名もあり本塁打競争にも出場した。結局53本塁打、138打点でアメリカン・リーグの本塁打王、打点王の二冠のタイトルを獲得した。同一シーズンでの40二塁打・50本塁打達成はベーブ・ルースアルバート・ベル以来史上3人目の快挙だった[10]

2014年1月17日にオリオールズと1035万ドルの1年契約に合意した[11][12]9月12日に薬物検査の際、アンフェタミンに陽性反応を示したため、25試合の出場停止処分を受けた[13]。この出場停止処分がありながらも規定打席に到達したが、打率.196・173三振 (リーグワースト3位) と大不振。26本塁打を放ち、3年連続で25発をクリアしたが、2014年から成績を大幅に落とし、薬物による出場停止処分もあって急激に印象を悪くしてしまった。

2015年8月10日の対マリナーズ戦でセンター後方に30号本塁打を打ち込み、2シーズンぶりに本塁打を30本の大台に乗せた[14]。その後も快調に本塁打を量産し、10月4日のレギュラーシーズン最終戦では2本塁打を記録[15]。この2本で47本塁打とし、2位のネルソン・クルーズ (マリナーズ) との差を3本に伸ばして、自身2度目となるア・リーグ本塁打王のタイトルを獲得した。また、これは2015年のMLBでは最多の本数でもあったにも関わらずホームランを5本もキャッチされた。一方で、前回本塁打王を獲得した2013年と同様、三振の数も本塁打と比例して増大し、史上5人目の200三振となるメジャーワーストの208三振を喫した。守備ではライトを守る機会もあったものの、111試合でファーストを守り3失策・守備率.997・DRS + 4と安定した守備を発揮した。同年にFA資格を得たため、11月2日にFAとなった[16]

2016年1月21日にオリオールズと7年総額1億6100万ドルで契約を結んだ[17]。本塁打王になった翌年は不振になるという前回のジンクス同様、この年もシーズン通じて打率が上がらずに、最終打率は.221に留まった。また、マーク・レイノルズ以来となる2年連続200超かつ自己ワーストを更新する、アメリカンリーグ歴代2位、MLB歴代ワースト3位[18]の219三振を喫した。ホームランこそ38本放ったものの、打点も100に届かなかった。守備面では、152試合でファーストに入り、10失策を記録した (守備率.993) ものの、DRSは3年連続プラスとなる + 8をマーク。守備面では着実に成長し、MLB全体でも守備力の高い一塁手になりつつある事を証明した。

選手としての特徴編集

マイナーリーグのAAA級ではトップクラスの成績を記録するが、メジャーリーグに昇格すると結果を出せない典型的な「AAAA級選手」であった。選球眼に欠け、低出塁率三振の多さという致命的な欠点を解消できずにいた[19]。しかし2012年はメジャーに定着して33本塁打を放ち、2013年には本塁打王と打点王を獲得し、メジャーを代表するバッターとなった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2008 TEX 80 317 295 51 84 23 2 17 162 55 1 2 0 1 20 1 1 88 5 .285 .331 .549 .880
2009 113 419 391 48 93 15 1 21 173 59 0 0 0 2 24 2 2 150 6 .238 .284 .442 .726
2010 45 136 120 7 23 9 0 1 35 4 3 0 0 1 15 3 0 40 3 .192 .279 .292 .571
2011 28 81 76 9 19 3 0 3 31 6 0 0 0 0 5 0 0 24 2 .250 .296 .408 .704
BAL 31 129 123 16 34 9 0 2 49 13 1 0 0 0 6 1 0 39 2 .276 .310 .398 .708
'11計 59 210 199 25 53 12 0 5 80 19 1 0 0 0 11 1 0 63 4 .266 .305 .402 .707
2012 139 562 515 75 139 20 0 33 258 85 2 3 0 3 37 6 7 169 8 .270 .326 .501 .827
2013 160 673 584 103 167 42 1 53 370 138 4 1 0 7 72 12 10 199 4 .286 .370 .634 1.004
2014 127 525 450 65 88 16 0 26 182 72 2 1 1 5 60 9 9 173 2 .196 .300 .404 .704
2015 160 670 573 100 150 31 0 47 322 117 2 3 0 5 84 6 8 208 6 .262 .361 .562 .923
2016 157 665 566 99 125 21 0 38 260 84 1 0 0 3 88 3 8 219 6 .221 .332 .459 .792
2017 128 524 456 65 98 15 1 26 193 61 1 1 0 4 61 4 3 195 7 .215 .309 .423 .732
MLB:10年 1168 4701 4149 638 1020 204 5 267 2035 694 17 11 1 31 472 47 48 1504 51 .246 .328 .490 .818
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 BAL 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 8 2.0 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50
通算:1年 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 8 2.0 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50
  • 2012年度シーズン終了時

タイトル編集

表彰編集

背番号編集

  • 62 (2008年)
  • 19 (2008年 - )

脚注編集

  1. ^ Chris Davis Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年5月27日閲覧。
  2. ^ Orioles Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月5日閲覧
  3. ^ 2006 Draft Picks for Round #5. The Baseball Cube(英語). 2012年1月28日閲覧
  4. ^ Top 100 Prospects: No. 61-80. BaseballAmerica.com(英語). 2012年1月28日閲覧
  5. ^ T.R. Sullivan (2009年6月21日). “Davis on record strikeout pace” (英語). MLB.com. 2016年1月22日閲覧。
  6. ^ T.R. Sullivan (2011年7月30日). “Rangers add Uehara to 'pen for Davis, Hunter” (英語). MLB.com. 2016年1月22日閲覧。
  7. ^ “延長17回で87年ぶり珍事 投手のコマ尽きる 両軍とも野手がマウンドへ”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2012年5月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/07/kiji/K20120507003200830.html 2016年1月22日閲覧。 
  8. ^ Todd Wills (2012年5月8日). “MLB: Chris Davis pitches first game since Navarro College”. Corsicana Daily Sun. 2016年1月22日閲覧。
  9. ^ Paul Casella (2013年7月15日). “With three All-Star starters, O's a formidable presence” (英語). MLB.com. 2016年1月22日閲覧。
  10. ^ オリオールズ デービスが50号 40二塁打と史上3人目の快挙”. スポーツニッポン (2013年9月15日). 2016年11月9日閲覧。
  11. ^ (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年1月17日), http://m.mlb.com/news/article/66803730 agree to terms with Davis, Hunter, Matusz, Norris and Patton 2016年1月22日閲覧。 
  12. ^ Andrew Simon (2014年1月17日). “Davis' breakout season nets massive pay raise” (英語). MLB.com. 2016年1月22日閲覧。
  13. ^ “オリオールズのデービスが薬物違反で出場停止 昨季の本塁打王”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2014年9月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/12/kiji/K20140912008921440.html 2016年1月22日閲覧。 
  14. ^ August 10, 2015 BAL VS SEA - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年8月16日閲覧。
  15. ^ October 4, 2015 NYY VS BAL - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月5日閲覧。
  16. ^ Transactions | orioles.com”. MLB.com. 2015年11月3日閲覧。
  17. ^ Brittany Ghiroli (2016年1月21日). “O's boy! Davis' club-record $161M deal official” (英語). MLB.com. 2016年1月22日閲覧。
  18. ^ Single-Season Leaders & Records for Strikeouts - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月8日閲覧。
  19. ^ Connolly, Dan(2011-07-30). Emotional Koji talks about being traded. The Baltimore Sun(英語). 2012年1月28日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集