クリス・フジワラ

クリス・フジワラ(Chris Fujiwara)は、アメリカ合衆国映画批評家音楽家である。日系アメリカ人

Chris Fujiwara
クリス・フジワラ
生誕アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州[1]
職業映画批評家音楽家

国際映画批評家連盟全米映画批評家協会ボストン映画批評家協会の会員であり[2]、国際映画批評家連盟より隔月で刊行されている『Undercurrent』の編集長を務める[3]。主な著書に『The World and Its Double: The Life and Work of Otto Preminger』など[4]

経歴編集

『Boston Phoenix』で映画批評を執筆したのち、2006年日本に移り住む[5]。2011年、エディンバラ国際映画祭の芸術監督に就任する[6]

著書編集

  • Jacques Tourneur: The Cinema of Nightfall(1998年)
  • The World and Its Double: The Life and Work of Otto Preminger(2008年)
  • Jerry Lewis(2009年)

脚注編集

  1. ^ McLean, Pauline (2012年2月6日). “New programme for Edinburgh International Film Festival”. BBC. 2014年3月18日閲覧。
  2. ^ Cooper, Sarah (2011年9月14日). “Edinburgh International Film Festival appoints Chris Fujiwara as artistic director”. Screen International. 2014年3月18日閲覧。
  3. ^ Guillen, Michael (2010年9月1日). “INSANE MUTE: Interview With Chris Fujiwara”. Twitch Film. 2014年3月18日閲覧。
  4. ^ Petit, Chris (2009年8月28日). “The World and Its Double by Chris Fujiwara - Book review”. The Guardian. 2014年3月18日閲覧。
  5. ^ McGill, Hannah (2012年6月20日). “Interview: Chris Fujiwara and Hannah McGill on the EIFF”. The List. 2014年3月18日閲覧。
  6. ^ Barnes, Henry (2011年9月14日). “Edinburgh international film festival names Chris Fujiwara as artistic director”. The Guardian. 2014年3月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集