メインメニューを開く

クリストファー・ウェッソン・ボッシュChristopher Wesson Bosh, 1984年3月24日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード左利きであり、リーグを代表するパワーフォワードの1人。かつてNBAマイアミ・ヒートに所属し、2012年と2013年のNBAファイナル2連覇に貢献した。

クリス・ボッシュ
Chris Bosh
Chris Bosh e1.jpg
マイアミ・ヒートでのボッシュ (2011年)
引退
永久欠番 ヒート  1 
ポジション(現役時) PF/C
身長(現役時) 211cm (6 ft 11 in)
体重(現役時) 107kg (236 lb)
ウィングスパン(現役時) 221cm  (7 ft 3 in)
シュート
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Christopher Wesson Bosh
愛称 C.B.
ラテン文字 Chris Bosh
誕生日 (1984-03-24) 1984年3月24日(35歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州の旗 テキサス州ダラス
出身 ジョージア工科大学
ドラフト 2003年 4位 
選手経歴
2003-2010
2010-2017
トロント・ラプターズ
マイアミ・ヒート
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2008
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2008 北京 バスケットボール

学生時代編集

テキサス州ダラスで生まれ、同州のハッチンズで育った。少年時代はバスケットのほか野球にも熱中し、憧れの存在はケビン・ガーネットだった。

リンカーン高校3年時にはシーズン40戦全勝し、州タイトルを獲得した試合では16990人の大観衆の前で23得点17リバウンド9ブロックと大活躍をした。在学中にボッシュは州のミスター・バスケットボール、パレード誌とUSAトゥデイ紙選出のオールアメリカンなどに選ばれた。

大学はジョージア工科大学に進学。1年生ながら全試合に先発出場し、15.6得点9.0リバウンド2.0ブロックの成績を残し、カンファレンスの新人王とオールセカンドチームに選ばれた。大学では1シーズンのみプレーし、2003年のNBAドラフトアーリーエントリーした。

トロント・ラプターズ編集

この年はレブロン・ジェームズカーメロ・アンソニードウェイン・ウェイドなど将来のスター候補生が犇いていたが、ボッシュはトロント・ラプターズから全体4位指名を受けてNBA入りを果たした。

彼を指名したラプターズのチーム環境はあまり良好とは言えず、成績は低迷しており、エースのヴィンス・カーターはチームに対しトレード要求をしていた。また本来のセンターだったアントニオ・デイヴィスがシーズン前に移籍してしまったため、ルーキーシーズンのボッシュはセンターを任せられた。センターとしては細身であるボッシュはサイズのあるビッグマンとのマッチアップを強いられたが、1試合平均11.5得点7.4リバウンド1.41ブロックを記録し、通算リバウンドとブロックでラプターズのルーキー新記録を更新。オールルーキーファーストチームに選出された。

2004-05シーズン中にはカーターのトレードが決まったため、ボッシュへの期待はより大きなものになった。チームは低迷を続けたがボッシュは個人成績を着実に伸ばしていき、3年目の2005-06シーズンには21歳にしてチームキャプテンに就任。ラプターズは名実ともにボッシュのチームとなり、ボッシュは周囲の期待に応えるようにこのシーズンは初の平均20得点超えとなる22.5得点9.2リバウンドの成績を残し、オールスターでは同期のカーメロ・アンソニーより先に初出場を果たした。シーズン終盤には故障で10試合を欠場してしまうが、この期間ラプターズは1勝9敗の成績に沈み、ラプターズにとってボッシュが代えの利かない選手であることを証明する形となった。オフにはラプターズと4年6500万ドルの巨額契約を結んだ。

 
自身のブレイクと共に髪型もドレッドヘアに変更した

新シーズンを迎える前、ラプターズはロスターを大幅に入れ替え、4ヶ国の選手が在籍する多国籍軍と化した。2006-07シーズンはオールスターブレーク前こそ勝率5割前後を行き来していたが、中盤からボッシュを中心に国際色豊かなチームは機能し出し、47勝35敗を記録してチーム史上初のデビジョン優勝を果たした。ボッシュ自身は一流ビッグマンの証である大台20得点10リバウンドを越える22.6得点10.7リバウンドのアベレージを残し、2月7日のオーランド・マジック戦ではキャリアハイの41得点を記録している。メディアでも、この時期から彼を認める声は着実に増えていった。そして、ついに彼のスター性と類稀なセンスにより、オールスターでは初めてファン投票により選出され、イーストチームのスターターにはボッシュの他に、レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイドといった2003年ドラフト組み3人が揃い踏みした。オールNBAチームにも初選出され、2ndチームに名を連ねている。初のプレーオフでは経験不足が災いし、1回戦でかつてのチームメイトであるヴィンス・カーター擁するニュージャージー・ネッツの前に2勝4敗で敗れた。ボッシュ自身プレーオフ期間中は17.5得点9.0リバウンドとレギュラーシーズンを下回る成績だった。

さらなる飛躍が期待された2007-08シーズンは、自身チーム共に故障が多発したため、勝率は前シーズンよりも下降。プレーオフには進出したが、2シーズン連続で1回戦敗退となった。ボッシュは22.2得点8.7リバウンドをあげるが、2年連続のオールNBAチーム選出はならなかった。

2008-09シーズンを迎えるにあたり、ラプターズはボッシュ以前にイースタン・カンファレンスのトップパワーフォワードだったジャーメイン・オニールを獲得。ボッシュとのビッグマンデュオは大きな注目を集めたが、オニールの獲得は期待はずれの結果に終わりチーム成績は低迷。結局オニールはラプターズで1シーズン過ごすことなく、チームを去った。ボッシュは21.5得点9.5リバウンドの成績を残すも彼の奮闘も実らず、ラプターズは33勝49敗の成績に沈み、プレーオフ進出も逃した。

2009-10シーズンヒド・ターコルーがチームに加入。オールスター前までチームは好調を維持し、ボッシュも24.4得点11.4リバウンドの成績を残した。しかし、オールスター明けに左足首の捻挫で戦線離脱。チームもボッシュ欠場が引き金となり、ボッシュが戦線復帰後も成績が急降下。ブルズと激しい第8シード争いを演じたシーズン終盤には、鼻を骨折して再び戦線離脱して万事休す。24.0得点10.8リバウンドと申し分ない成績だが、1度は掴みかけたプレーオフの切符を手放す結果になった。シーズン後、契約オプションを行使せず、FAとなることを選択した。

マイアミ・ヒート編集

2010年7月7日、ボッシュはウェイドのいるマイアミ・ヒートへの移籍を決めた。間を置かずに同じくFA宣言をしたレブロン・ジェームズもヒートへの移籍を決め、よって、ボッシュ、ウェイド、レブロンの2003年ドラフト組3人がヒートに集結しスリーキングスを結成する[1]こととなった。

2010-11シーズンはそのスリーキングスの活躍もあり自身初のNBAファイナル進出も、ダーク・ノヴィツキー率いるダラス・マーベリックスに2勝4敗で敗れた。

2011-12シーズンは怪我によりカンファレンス1回戦からカンファレンス決勝の途中まで欠場したが、決勝を逆転でボストン・セルティックスに勝利。続くファイナルでオクラホマシティ・サンダー相手に見事勝利し、自身初のチャンピオンリングを獲得。更に2012-13シーズンも、ファイナルでサンアントニオ・スパーズを下し、連覇を達成した。

2014年7月30日、ヒートと5年1億1800万ドルのマックス契約で再契約[2]し、レブロン・ジェームスなき後のヒートを牽引してきたが、2015年NBAオールスターゲーム後に肺血栓 (静脈血栓塞栓症) の症状を起こしていたことが発覚し、治療のために2014-2015シーズン全試合の欠場。治療とリハビリを経てシーズン終了後の全体練習で復帰し、2015-2016シーズン開幕戦のシャーロット・ホーネッツ戦で公式戦復帰。21得点10リバウンドを記録し、104-94の勝利に貢献。見事に復帰戦を飾った[3]。しかし、同シーズンもシーズン中に肺血栓を再発していたことが発覚。結局NBAオールスターゲームも欠場を余儀無くされ、オールスター戦以降の全試合の欠場を余儀無くされた[4]2016-17シーズンの出場も、シーズンキャンプ前に行った健康診断に合格出来なかった為に、パット・ライリー球団社長から出場不可を宣告され、シーズン全休。そして2017年5月25日にヒートとの契約を解消[5] し、2017-18シーズン以降の復帰を目指すことになったものの、現実的には復帰は難しいとされている。ボッシュは7月10日、マイアミのファンに向けて感謝のメッセージを配信した[6]。その後2018-19シーズン開幕後に引退を表明。ヒートから永久欠番『1』が授与された。

アメリカ代表編集

 
北京五輪

ボッシュの国際舞台デビューは2002年のジュニア世界大会で、この時は4勝1敗で銅メダルの結果に終わっている。

アメリカ代表には2006年に日本で開催された世界選手権にて初参加。レブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイドら2003年ドラフト組みと共に戦ったが、この時も準決勝でギリシャ代表に破れ、銅メダルに終わっている。ボッシュ自身はフィールドゴール成功率で大会6位の成績を残している。

北京オリンピックでは主にドワイト・ハワードのバックアップとしてセンターでプレーし、9.1得点6.1リバウンドの成績を残し、代表チームの金メダル獲得に貢献した。

その他編集

 
オフコートでのボッシュ
  • 全国認定委員会(National Honor Society)のメンバー。
  • 2004年に青少年支援を目的にボッシュ財団を設立。地域への貢献が評価され、NBA Community Assist Awardを受賞。
  • 動画共有サイトYouTube内に『CB4TV』というボッシュ専用のコーナーを設けている。2008年のオールスター前にはコント仕立ての動画を公開し、ファンに自分に投票するよう呼びかけた。結果はファン投票による出場はならなかったが、ファン投票1位だったケビン・ガーネットが怪我により出場を辞退したため、ボッシュは先発出場することができた。
  • 母親がプロのグラフィックデザイナーであり、ボッシュ自身も元々はグラフィックデザイナーを志望していた。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2003–04 TOR 75 63 33.5 .459 .357 .701 7.4 1.0 .8 1.4 1.4 11.5
2004–05 81 81 37.2 .471 .300 .760 8.9 1.9 .9 1.4 2.3 16.8
2005–06 70 70 39.3 .505 .000 .816 9.2 2.6 .7 1.1 2.2 22.5
2006–07 69 69 38.5 .496 .343 .785 10.7 2.5 .6 1.3 2.6 22.6
2007–08 67 67 36.2 .494 .400 .844 8.7 2.6 .9 1.0 2.3 22.3
2008–09 77 77 38.0 .487 .245 .817 10.0 2.5 .9 1.0 2.3 22.7
2009–10 70 70 36.1 .518 .364 .797 10.8 2.4 .6 1.0 2.4 24.0
2010–11 MIA 77 77 36.3 .496 .240 .815 8.3 1.9 .8 .6 1.8 18.7
2011–12 57 57 35.2 .487 .286 .821 7.9 1.8 .9 .8 2.1 18.0
2012–13 74 74 33.2 .535 .284 .798 6.8 1.7 .9 1.4 1.7 16.6
2013–14 79 79 32.0 .516 .339 .820 6.6 1.1 1.0 1.0 1.6 16.2
2014–15 44 44 35.4 .460 .375 .772 7.0 2.2 .9 .6 2.2 21.1
2015–16 53 53 33.5 .467 .365 .795 7.4 2.4 .7 .6 1.5 19.1
通算:13年 893 881 35.8 .494 .335 .799 8.5 2.0 .8 1.0 2.0 19.2
All-Star 9 3 21.9 .524 .333 .533 5.8 1.3 1.1 0.3 1.8 12.3

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007 TOR 6 6 37.0 .396 .200 .842 9.0 2.5 .8 1.8 2.0 17.5
2008 5 5 39.8 .472 .143 .833 9.0 3.6 1.6 .4 2.6 24.0
2011 MIA 21 21 39.7 .474 .000 .814 8.5 1.1 .7 .9 1.9 18.6
2012 14 10 31.4 .493 .538 .827 7.8 .6 .4 1.0 1.4 14.0
2013 23 23 32.7 .458 .405 .733 7.3 1.5 1.0 1.6 1.2 12.1
2014 20 20 34.3 .507 .405 .750 5.6 1.1 .9 1.0 .7 14.9
出場:6回 89 85 35.2 .473 .386 .800 7.5 1.3 .8 1.1 1.4 15.6

脚注編集

外部リンク編集