クリフォード・ブラウン

クリフォード・ブラウン(Clifford Brown、1930年10月30日 - 1956年6月26日)は、アメリカ合衆国出身のジャズミュージシャン(トランペット奏者)。ハード・バップ期初期のプレイヤーであり、「ブラウニー」の愛称で親しまれている。短い活動期間ながら、優れた演奏を残したことでジャズの歴史にその名を刻んでいる。

クリフォード・ブラウン
Clifford Brown
Clifford Brown 1956.jpg
基本情報
出生名 Clifford Benjamin Brown
生誕 1930年10月30日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デラウェア州ウィルミントン
死没 (1956-06-26) 1956年6月26日(25歳没)
ジャンル ジャズビバップハードバップ
職業 ジャズ・トランペット奏者、作曲家、編曲家
担当楽器 トランペット
活動期間 1949年 - 1956年
レーベル ブルーノート
エマーシー・レコード
共同作業者 アート・ブレイキーマックス・ローチルー・ドナルドソンJ・J・ジョンソン、etc.

彼の高度なテクニックと豊かな音色はチャーリー・パーカーディジー・ガレスピーら一流のミュージシャンから高い評価を受け、「ファッツ・ナバロの再来」とも呼ばれた。また当時のジャズ界に蔓延していた酒やドラッグには一切手を付けず、品行方正で誠実な人柄であったといわれている。自動車事故の巻き添えにより25歳で急逝。

来歴編集

デラウェア州ウィルミントン生まれ。父が持っていたトランペットに興味を示し、12歳の頃から吹き始める。1948年、デラウェア州立大数学専攻入学、1949年、メリーランド州立大音楽科専攻転校。

学生バンドなどで演奏活動をしていた頃、ディジー・ガレスピー[1]に出会い、本格的にジャズ・ミュージシャンを目指すようになる。フィラデルフィアを拠点に活動していた頃、チャーリー・パーカー[2]と共演。チャーリーはクリフォードの演奏に感銘を受け、アート・ブレイキーにクリフォードを推薦した。1953年、タッド・ダメロン楽団に参加。同年、J・J・ジョンソンと共演。同年、アート・ブレイキーのサポートを得て、初のリーダー・セッションを行う。同年、ライオネル・ハンプトン楽団のヨーロッパ・ツアーに参加。

1954年2月21日、ニューヨークのジャズ・クラブ「バードランド」で、アート・ブレイキーを中心に行われた歴史的セッションに参加。この模様は『バードランドの夜』というタイトルでレコード化された。同年、マックス・ローチとともにクリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット結成。54年にはブラウン=ローチ・コンサートの録音を残している[3]。1955年11月には、ソニー・ロリンズがメンバーとして加わる。

1956年6月26日、リッチー・パウエルバド・パウエルの弟)の妻、ナンシーの運転する車にリッチーと共に便乗してフィラデルフィアからシカゴに向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイク交通事故死。25歳。事故当夜は雨が降っており、ナンシーを含めて3人全員がこの事故で亡くなった。

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、クリフォードの死に激しいショックを受け、1957年、クリフォードを追悼してバラードアイ・リメンバー・クリフォード」(I Remember Clifford)を作曲した。この曲はジョン・ヘンドリックスによって歌詞を与えられ、ジャズ・スタンダードとなった。トランペット奏者のリー・モーガンによる演奏で知られる。

他の共演者はルー・ドナルドソンエルモ・ホープフィリー・ジョー・ジョーンズジジ・グライスチャーリー・ラウズジョン・ルイスホレス・シルヴァー等。

ディスコグラフィ編集

BLUE NOTE編集

with J・J・ジョンソン

with ルー・ドナルドソン

  • 『ニュー・フェイシズ = ニュー・サウンズ』 - New Faces - New Sounds (BN-5030, [10"LP], 1953)

with ジジ・グライスチャーリー・ラウズ、etc.

  • 『ニュー・スター・オン・ザ・ホライズン』- New Star On The Horizon (BN-5032, [10"LP], 1953)
    • BN-5030/5032は、後にカップリングされ『Memorial Album』(BN-1526, [12"LP], 1956)として発表された。

with アート・ブレイキー

with アンリ・ルノーピエール・ミシュロ、etc.

with ジジ・グライス

  • 『ジジ・グライス/クリフォード・ブラウン・セクステット』 - Gigi Gryce/Clifford Brown Sexetet (BN-5048, [10"LP], 1954) with アンリ・ルノー、ピエール・ミシュロ
  • 『ジジ・グライス・アンド・ヒズ・ビッグバンド・フィーチャリング・クリフォード・ブラウン Vol.1』 - Gigi Gryce and His Big band featuring Clifford Brown Vol.1 (BN-5049, [10"LP], 1954)
  • 『ジジ・グライス・アンド・ヒズ・ビッグバンド・フィーチャリング・クリフォード・ブラウン Vol.2』 - Gigi Gryce and His Big band featuring Clifford Brown Vol.2 (BN-5050, [10"LP], 1954)
    • BN-5047/5048/5049/5050は、1953年にライオネル・ハンプトン楽団の一員としてヨーロッパ・ツアーに参加した際、パリで地元のミュージシャンとセッションした録音を5つの[10"LP]に振り分けたものである(BN-5051は欠番)。録音のオリジナルは仏のVogueレーベル。

EmArcy編集

with マックス・ローチ

with ダイナ・ワシントン

  • 『ダイナ・ジャムズ』- Dinah Jams (MG-36000, [12"LP], 1955)

with クラーク・テリーメイナード・ファーガソン、etc.

  • 『ジャム・セッション』- Jam Session (MG-36002, [12"LP], 1954)

with サラ・ヴォーン

with ストリングス(ニール・ヘフティ)

with ヘレン・メリル

  • 『ヘレン・メリル』- Helen Merrill (MG-36006, [12"LP], 1955)

with ハーブ・ゲラーケニー・ドリュー、etc.

  • 『ベスト・コースト・ジャズ』- Best Coast Jazz (MG-36039, [12"LP], 1955)
    • 同日の別セッションが、ブラウンの死後『Clifford Brown All Stars 』(EmArcy, MG-36102, [12"LP], 1956)として発表された。

PRESTIGE編集

with タッド・ダメロン

with アート・ファーマー

  • 『クリフォード・ブラウン・アンド・アート・ファーマー・ウィズ・ザ・スウェディッシュ・オール・スターズ』- Clifford Brown and Art Farmer with The Swedish All Stars (PRLP-167, [10"LP], 1954)
    • PRLP-159/167は、ブラウン死後『Memorial』 (PRLP-7055, [12"LP], 1956)としてカップリングされ発表。

with ソニー・ロリンズ

  • 『ソニー・ロリンズ・プラス・フォー』- Sonny Rollins Plus 4 (PRLP-7038, [12"LP], 1956)

Pacific Jazz編集

with ズート・シムズ

Gene Norman Presents(GNP)編集

with マックス・ローチ

追悼盤/発掘盤編集

  • 『メモリアル・アルバム』- Memorial Album(BLUE NOTE, BN-1526, [12"LP], 1956)
  • 『メモリアル』- Memorial (Prestige, PRLP-7055, [12"LP], 1956)
  • 『クリフォード・ブラウン・オール・スターズ』- Clifford Brown All Stars (EmArcy, MG-36102, [12"LP], 1956)
  • 『クリフォード・ブラウン・カルテット・イン・パリス』- Clifford Brown Quartet in Paris (Prestige, PRLP-7761, [12"LP], 1969)
  • 『クリフォード・ブラウン・ビッグバンド・イン・パリス』- Clifford Brown Big Band in Paris (Prestige, PRLP-7840, [12"LP], 1969)
  • 『クリフォード・ブラウン・セクステット・イン・ パリス』- Clifford Brown Sextet in Paris (Prestige, PRLP-7794, [12"LP], 1970)
  • 『クリフォード・ブラウン・イン・パリス』- Clifford Brown in Paris (Prestige, PRLP-24020, [2-(12"LP)set], 1971)
  • 『ダフード』- Daahoud (Mainstream, Mainstream-386, [12"LP], 1972)
  • 『ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド』- The Beginning and the End (Colombia, Colombia-32284, [12"LP], 1973)
  • 『モア・スタディ・イン・ブラウン』- More Study in Brown (EmArcy, EmArcy-195J-1, [12"LP], 1983)
  • 『ジャムズ 2』- Jams 2 (EmArcy, EmArcy-195J-2, [12"LP], 1983)

EmArcy-195J-1/2は、ジャズ評論家の児山紀芳によって発掘された。

  • 『オルタネート・テークス』- Alternate Takes (BLUE NOTE, BN-4428, [12"LP], 1984)

ボックス・セット編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、42-43頁。ISBN 491555709X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、74,81,111。ISBN 4915557014
  • 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄『ジャズCDの名盤』文春新書、2000年、200-201頁。ISBN 4166601164
  • 『永久保存版ジャズ・ジャイアンツ大事典 Swing Journal 1997年6月臨時増刊』スイングジャーナル社、1997年、83頁。

脚注編集

  1. ^ 「バード・アンド・ディズ」はビバップの誕生を告げるアルバム
  2. ^ ビバップの創始者ともいわれる
  3. ^ http://www.jazzdisco.org/clifford-brown/discography/