クリフ・リチャード

サー・クリフ・リチャード(Sir Cliff RichardOBE1940年10月14日 - )は、イギリス歌手。本名はハリー・ロジャー・ウエッブ (Harry Rodger Webb)。

クリフ・リチャード
Cliff Richard
Cliff Richard 1960.jpg
クリフ・リチャード(1960年)
基本情報
出生名 ハリー・ロジャー・ウエッブ(Harry Rodger Webb)
生誕 (1940-10-14) 1940年10月14日(80歳)
出身地 イギリス領インド・ラクナウ
イングランドの旗 イングランド・チェスハント
ジャンル ロックンロール
ポップス
ゴスペル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1958年 - 現在
レーベル EMIデッカコロムビアエピックロケットパピヨン
共同作業者 シャドウズ
公式サイト CliffRichard.org/

歌手として編集

バックバンドのシャドウズと共に、ビートルズ時代が到来する前の1950年代末から1960年代初めにかけてイギリスのポップミュージック・シーンを席巻した。クリスチャンに改宗後、その音楽はポップスからロック寄りになる。アメリカにおいてはイギリスほどの成功を収めることはなかったが、イギリスでは映画やテレビにおいても成功し、いくつかの国でも同様の成功を収めた。

1970年代初頭はやや落ち着いた活動に終始していたが1979年に「コングラッチュレーションズ」以来、11年振りに『恋はこれっきり』が全英No.1に輝きBBCニュースで速報として伝えられるなど話題となり再び第一線に返り咲いた。これより数年間は本国のみならずアメリカや日本でもヒット曲を量産した黄金期であった。

来歴編集

ハリー・ロジャー・ウエッブは1940年10月14日インドラクナウで生まれる。1歳の時にラクナウからコルカタに移るが、一家は1947年のインド独立の後、イギリスに帰国する。

16歳の時、エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」が停車中の車内から聞こえてきたことに触発され自らスキッフル・バンドを結成。17歳になりロンドンのソーホー地区にあるカフェ・バー「Two I'S」に出演し話題を集めるようになり、当時のコロムビア・レコードの音楽ディレクターでもあるイギリス音楽界の大御所ノリー・パラモァー(自らオーケストラのリーダーでもある)にデモテープを送り認められる。イギリスが生んだ自前のロックン・ローラーが誕生したのである。デビューするにあたり何か良い芸名がないかと考えた末、クリフ・リチャードと決まりバック・バンドがThe Drifters。これがブリティッシュ・ロックの夜明けである。後にこのThe Driftersはシャドウズと改名しクリフとシャドウズとして君臨することとなる。

1958年8月に発売されたデビュー曲「Move It」はブリティッシュ・チャート2位を記録。ここからクリフ・リチャード栄光の60年が始まる。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Cliff Sings (1959年)
  • Me and My Shadows (1960年)
  • Listen to Cliff! (1961年)
  • 21 Today (1961年)
  • 32 Minutes and 17 Seconds with Cliff Richard (1962年)
  • When in Spain (1963年)
  • Cliff Richard (1965年)
  • When in Rome (1965年)
  • Love is Forever (1965年)
  • Kinda Latin (1966年)
  • Don't Stop Me Now! (1967年)
  • Good News (1967年)
  • Established 1958 (1968年)
  • Sincerely Cliff (1969年)
  • About That Man (1970年)
  • Tracks 'n Grooves (1970年)
  • The 31st of February Street (1974年)
  • I'm Nearly Famous (1976年)
  • Every Face Tells a Story (1977年)
  • Small Corners (1978年)
  • Rock 'n' Roll Juvenile (1979年)
  • I'm No Hero (1980年)
  • Wired for Sound (1981年)
  • Now You See Me, Now You Don't (1982年)
  • Silver (1983年)
  • The Rock Connection (1984年)
  • Always Guaranteed (1987年)
  • Stronger (1989年)
  • Together with Cliff Richard (1991年)
  • The Album (1993年)
  • Songs from Heathcliff (1995年)
  • Real as I Wanna Be (1998年)
  • Wanted (2001年)
  • Cliff at Christmas (2003年)
  • Something's Goin' On (2004年)
  • Two's Company (2006年)
  • Love... The Album (2007年)
  • Reunited – Cliff Richard and The Shadows (2009年)
  • Bold as Brass (2010年)
  • Soulicious (2011年)
  • The Fabulous Rock 'n' Roll Songbook (2013年)
  • Just... Fabulous Rock 'n' Roll (2016年)
  • Rise Up (2018年)
  • Music... The Air That I Breathe (2020年)

フィルモグラフィ編集

映画編集

  • Serious Charge (1959年)
  • Expresso Bongo (1960年)
  • The Young Ones (1961年) ※別名『It's Wonderful to be Young』
  • Summer Holiday (1963年)
  • Wonderful Life (1964年) ※別名『Swingers' Paradise』[1]
  • Finders Keepers (1966年)
  • サンダーバード 劇場版』 - Thunderbirds Are Go (1966年) ※マリオネットの歌手として声の出演
  • Two a Penny (1968年)
  • His Land (1970年)
  • The Case (1972年) ※オリビア・ニュートン=ジョン主演
  • Take Me High (1973年)
  • Run for Your Wife (2012年) ※大道芸人役でカメオ出演

テレビ・シリーズ編集

  • The Cliff Richard Show (1960年–1963年) (ATV Television)
  • Cliff (1964年–1967年) (ATV Television)
  • Cliff and the Shadows (1965年) (ATV Television)
  • It's Cliff Richard (1970年–1974年) ※フィーチャリング・ハンク・マーヴィンユーナ・スタッブス、オリビア・ニュートン=ジョン (BBC Television)
  • It's Cliff and Friends (1975年–1976年) (BBC Television)

テレビ出演編集

演劇(ミュージカル)出演作品編集

日本公演編集

3月10日 東京国際フォーラムホールA
2月18日 パシフィコ横浜国立大ホール

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Overview for Swingers' Paradise (1965)”. Turner Classic Movies. 2014年9月28日閲覧。
  2. ^ Bonnie Lythgoe's SNOW WHITE & SEVEN DWARFS Extends”. 2020年10月13日閲覧。

外部リンク編集