メインメニューを開く

クリプトプシー

カナダのデスメタル・バンド

クリプトプシー (Cryptopsy) は、カナダ出身のテクニカルデスメタルバンド[1]

クリプトプシー
Cryptopsy
Hellfest2017Cryptosy 08.jpg
フランス・クリソン公演 (2017年6月)
基本情報
別名 Necrosis (1988-1992)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州 モントリオール
ジャンル テクニカルデスメタル
ブルータル・デスメタル
デスコア (2008年)
活動期間 1988年 - 現在
レーベル センチュリー・メディア・レコード
ロング・アゲイン・レコード
リゲイン・レコード

Displeased Records
公式サイト cryptopsy.ca
メンバー マット・マギャキー (Vo)
クリスチャン・ドナルドソン (G)
オリヴィエ・ピナール (B)
フロ・モーニエ (Ds)
旧メンバー ロード・ワーム (Vo)
スティーヴ・ティバルト (G)
ほか別記参照

メンバー全員が高度な演奏技術を有するデスメタル・バンドとして知られ、特にドラマーのフロ・モーニエは「メタル界最速」とも言われる超絶技巧で有名[2]

現在までに7枚のフルアルバムと1枚のライブアルバムを発表しており、総売り上げは30万枚を超す[3]。過去に『LOUD PARK』を含めた数度の来日公演がある。

目次

来歴編集

活動初期編集

  • 1988年、当時はNecrosisという名前で結成される。初期のメンバーはMike Atkin(Dr)、Steve Thibault(Gu)、Dan Greening(Vo,後のLordである)、John Todds(Ba)であった。
  • 1992年、ドラマーのAtkinが音楽性の違い(彼はスラッシュ/スピードメタルを好んでいた)によりバンドを脱退、Toddsの紹介によってFlo Mounier (Dr)が加入する。またベーシストのToddsも音楽より家庭を優先したいという意志から脱退。更にギタリストとしてDave Galea (Gu)が加入。
  • 1993年、脱退したToddsに代わってKevin Weagle (Ba)がベーシストとして加入し、バンドはデモである『Ungentle Exhumation』をリリース。これが地方のレコード会社Gore Recordsの目に留まり、デモの再版がされた。

活動中期編集

  • 1994年までにWeagleが脱退しMartin Fergusson (Ba)が加入、Galeaに代わりJon Levasseur (Gu)が加入する。このときのラインナップで1stアルバム『Blasphemy Made Flesh』をリリース。
  • このアルバムのライブツアーが成功した後、Thibault(Gu)が脱退(しかし脱退後2、3ヶ月の間はバンドのマネージャーを務めていた)し、Fergussonに代わってEric Longlois (Ba)が加入する。
  • 1996年スウェーデンのレーベルロング・アゲイン・レコードから2ndアルバム『None So Vile』をリリース。その後新たにギタリストとしてMiguel Roy (Gu)をバンドに迎える。
  • None So Vileのライブツアー後、ボーカルのLord Wormが英語教師の仕事に専念するためにバンドを脱退。また当時彼は、Cryptosyの音楽性に対する嫌気を顕にしたこともあるという。
  • 1997年、Lord Wormが新たなボーカルとしてMike DiSalvo (Vo)を薦め、彼がバンドに加入。前者と異なり、グラインドコアを彷彿とさせる要素は控えめで、よりハードコアな歌唱を特徴とした。このメンバーでメタルフェスに参加したバンドは、センチュリー・メディア・レコードの目に留まることとなる。
  • 1998年、センチュリー・メディア・レコードから3rdアルバム『Whisper Supremacy』をリリース。このアルバムのライブツアーは全米に渡って行われ、バンドの存在はより多くの人に知られることとなる。

現在編集

  • 2000年、Royに代わって新たにギタリストとしてAlex Auburn (Gu)を迎え、4thアルバム『...And Then You'll Beg』をリリース。このアルバムのライブツアーの後に、ボーカルのDiSalvoがモントリオールに住む彼女とその息子と共に生活をするためにバンドを脱退。
  • 2001年ヨーロッパ日本のライブツアーにおいて、バンドのファンであったMartin LaCroix (Vo)という男性がボーカルとして活動。彼の声は、Lord WormとDiSalvoの歌唱スタイルをそれぞれ持ち合わせたようだと評された。
  • 同年、地元モントリオールで行われたライブを行う。このライブは録音され、2003年にライブアルバム『None So Live』としてリリースされる。これがLaCroix唯一の参加作品であるが、そもそも彼はフランス語を話し流暢な英語は出来なかったので、今後活動の中で歌詞を書くには不適当であった。
  • 2003年、以前バンドを脱退したLord Worm (Vo)が再加入する。2004年にはモントリオールをはじめとしカナダでライブツアーを行った。尚、この間ギタリストのLevasseurがライブに参加できなかった為、旧メンバーのRoyが代役を務めた。その後はバンドMartyr、GorgutsのギタリストであるDan Mongrain (Gu)がRoyを引き継いだ。
  • 2005年1月31日、Levasseurが過激な音楽に対して興味が無くなったためバンドの脱退を表明。脱退よるメンバーとの軋轢は無かったという。しかし2月から3月にかけて行われたライブツアー「Back to the Worms」ではギタリストとして活動した。
  • 同年10月8日、5thアルバム『Once Was Not』をリリース。イントロの「Liminum」では、脱退したLevasseurがギターを弾いている。このアルバムのライブツアーには、バンドMythosisのギタリストChristian Donaldson (Gu)が参加、サフォケイションらと共に北アメリカをツアー。
  • 同年、ドラマーMounierのプレイが収録されたDVD『Extreme Metal Drumming 101』がリリースされる。
  • 2007年4月23日、バンドはボーカルのLord Wormを脱退させ新しいメンバーを迎えることを発表。彼は脱退の理由について「健康を考えてのこと」と説明し、バンドをクビになったことを否定している。12月4日には新メンバーとして、ボーカルのMatt Mcgachy (Vo)とキーボードのMaggie Durand (Key)が加入することが明らかになった。
  • 2008年、6thアルバム『The Unspoken King』をリリース。このアルバムは元々『The Book of Suffering』という題名で2Disc仕様であったという。新メンバーの加入によってクリーンボイスが取り入れられるなど音楽面において変化が生じ、これを聴いたファンから賛否両論の反応が起こった。
  • 2009年、ギタリストのAuburnがバンドの脱退を表明。この2,3ヵ月後に新メンバーとしてYouri Raymond (Gu)を迎えることを発表する。
  • 2011年、かつてリードギターを担当していたJon Levasseurのバンドへの復帰が発表された。またベーシストのEric Langlois脱退も同時に発表され、Youri Raymondはベーシストにパートチェンジした。
  • 同年、Youri Raymondも脱退し、翌2012年に、Olivier Pinard (Ba)が加入した。
  • 2012年、7thアルバム『Cryptopsy』をリリース。同年、4度目の来日で『LOUD PARK』に出演。2015年にも来日を果たす予定だったがキャンセル。[4]

メンバー編集

現ラインナップ編集

  • マット・マギャキー Matt Mcgachy - ボーカル (2007- )
  • クリスチャン・ドナルドソン Christian Donaldson - ギター (2007- )
  • オリヴィエ・ピナール Olivier Pinard - ベース (2012- )
  • フロ・モーニエ Flo Mounier - ドラムス (1992- )
    本名Florient Mounier。1974年フランス生まれ。後にカナダに移住した。そのドラミングにおけるテクニックの高さから、自身のプレイが収録されたDVD「Extreme Metal Drumming 101」が発売されている。バンドのリーダー的存在。

旧メンバー編集

  • ロード・ワーム (ダン・グリーニング) Lord Worm (Dan Greening) - ボーカル (1988-1997, 2003-2007)
    歌詞がまったく聞き取れないほどのデスボイスが特徴。
  • スティーヴ・ティバルト Steve Thibault - ギター (1988-1996)
  • ジョン・トッド John Todds - ベース (1988-1992) Necrosis時代のみ
  • マイク・アトキン Mike Atkin - ドラムス (1988-1992) Necrosis時代のみ
  • デイヴ・ガリア Dave Galea - ギター (1992-1993 ,2000)
  • ケヴィン・ウィーグル Kevin Weagle - ベース (1992-1993)
  • ジョン・レヴァサー Jon Levasseur - ギター (1993-2005, 2011-2012)
  • マーティン・ファーガソン Martin Fergusson - ベース (1994-1995)
  • ミグエル・ロイ Miguel Roy - ギター (1996-1999)
  • エリック・ラングロワ Eric Longlois - ベース (1996-2011)
  • マイク・ディソルボ Mike DiSalvo - ボーカル (1997-2001)
  • アレックス・オウバーン Alex Auburn - ギター (1999-2009)
  • マーティン・ラクロワ Martin Lacroix - ボーカル (2001-2003)
  • ダニエル・モングレイン Daniel Mongrain - ギター (2004)
  • マギー・デュランド Maggie Durand - キーボード (2007-2008) スタジオのみでの活動。
  • ユーリ・レイモンド Youri Raymond - ギター/ベース (2009-2011, 2012-2013)

ディスコグラフィ編集

オリジナル・アルバム
Orgiastic Disembowelmentはキャプテン・スーパーマーケット、Crown of Hornsはエクソシスト3の音声がサンプリングされている。
...And Then Itではマトリックスの音声がサンプリングされている。
ライヴ・アルバム
コンピレーション
デモ

脚注編集

外部リンク編集