クルト・マズアKurt Masur, [kʊɐt maˈzʊɐ], 1927年7月18日 - 2015年12月19日[2])は、旧東ドイツ出身の指揮者

クルト・マズア
Kurt Masur
Kurt masur.jpg
基本情報
出生名 Kurt Masur
生誕 (1927-07-18) 1927年7月18日
ドイツの旗 ドイツ国ニーダーシュレージエン県英語版ブリーク
(現:ポーランドの旗 ポーランドオポーレ県ブシェクドイツ語版ポーランド語版英語版
死没 (2015-12-19) 2015年12月19日(88歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネティカット州グリニッジ[1]
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1960年 - 2015年
レーベル フィリップステラーク

経歴編集

幼少期〜学生時代編集

1927年7月18日、ドイツ東部シュレージエン地方のブリーク(現在のポーランドオポーレ県ブジェク)に生まれる。

1942年から1944年までヴロツラフ(当時はブレスラウ)の国民音楽学校でピアノとチェロを学び、さらに1946年から1948年までライプツィヒ音楽院に在籍して指揮、ピアノ、作曲を学んだ[3]。なお、この時代に指揮者のハインツ・ボンガルツから大きな影響を受けたとされる[3]

キャリア初期編集

ライプツィヒ音楽院を卒業した1948年からハレ州立歌劇場の練習指揮者を務め、やがて正指揮者となった[3][4]1951年にはエルフルト市立歌劇場の第一指揮者に転身し、1953年にはライプツィヒ歌劇場の第一指揮者となった[4]

1955年から1958年にかけては、恩師であるハインツ・ボンガルツのもとでドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の副指揮者を務め、さらにメクレンブルク国立劇場の音楽総監督に就任した[4]

1960年には、ヴァルター・フェルゼンシュタインの要請を受けてベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽総監督となり、1964年にはボンガルツの後を継いでドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に再就任した[4]。なお、1967年には首席常任指揮者となり、1972年まで務めた[4]

ライプツィヒ時代編集

1970年にライプツィヒ市の楽長ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団指揮者(1970年-1996年)に就任した。

同時期、西ヨーロッパ・アメリカ・旧ソ連の主要オーケストラへ客演指揮も活発に行い、日本でもNHK-FM放送で頻繁に放送された。1979年には、読売日本交響楽団の名誉指揮者に就任、何度も共演を繰り返してきた[5]。また、東ドイツの指揮者としては異例のレコーディング数を誇るとされている[4]

ドイツ統一への貢献編集

ベルリンの壁崩壊につながったとされる1989年10月9日ライプツィヒ月曜デモにおいて、民主化を要求するデモ参加者が7万人に達し、秘密警察と軍隊の銃口が市民に向けられた際は、4ヶ月前に起きた天安門事件の二の舞になることを恐れたマズアは、東ドイツ当局に対して市民への武力行使を避け、平和的解決を要望するメッセージを発表した。この行動は当時国際的にも注目を集めた。また、ドイツ統一後の1994年5月にリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー大統領が退任した際には、一時ドイツキリスト教民主同盟から大統領候補に擬せられたこともあった[6]

2009年10月9日、「無血に終わったことは奇跡」と評されたライプツィヒの「月曜デモ」から20年目にあたるこの日、ライプツィヒのゲヴァントハウスで、その20周年を祝う記念式典がおこなわれた。記念式典には、メルケル首相、ケーラー大統領、ティリッヒ・ザクセン州首相、ユンク・ライプツィヒ市長らが出席し、各要人のスピーチ、そしてマズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏のもと、ドイツ国歌斉唱に続き、20周年の記念コンサートがおこなわれた。

ニューヨーク時代〜晩年編集

1991年から2002年まで、ズービン・メータの後を受ける形でニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督を務めた。2000年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者に就任(2000-2007)、2002年4月からはフランス国立管弦楽団の音楽監督(2002-2008)も務めた。ニューヨーク・フィルでは退任時に楽団史上初の名誉音楽監督の称号も贈られている。

また、1990年代からライプツィヒにゆかりのあるフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディの作品の研究と普及に努め、荒廃していた住居を再建したほか、1991年にフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ基金を設立し、メンデルスゾーンの再評価を進めた[6]

2015年12月19日、パーキンソン病による合併症で死去[1][7]。88歳没[8]

他の音楽家との交流編集

マズアはアメリカ・ツアーを行った際、サンフランシスコ交響楽団のディレクターであったピーター・パストレイチに、音楽監督として指揮者のヘルベルト・ブロムシュテットを推薦した[9]。これは東ドイツ国内のライバルであったブロムシュテットを遠ざけるための策略であると噂されたが、ブロムシュテット自身がこれを否定している[10]。なお、マズアがゲヴァントハウス管弦楽団を辞任した後の1996年、ブロムシュテットはオーケストラ側からカペルマイスターへの就任を打診され、これを引き受けた[11]

家族編集

私生活では3度の結婚歴があり、1972年には居眠り運転により2番目の妻イルムガルトを含む数人を死亡させた[12]。その後、声楽家の桜井偕子と結婚し息子ケン・マズア(Ken-David Masur)をもうけた。現在、ケン・マズアはサンアントニオ交響楽団常任指揮者を務めている。また先妻との娘カロリン・マズア(Carolin Masur)はオペラ歌手として活躍している。

顕彰歴編集

東ドイツ時代は、芸術アカデミーの会員であった[4]

1995年にドイツ政府から大功労十字章、2002年に大功労十字星章、そして2007年には大功労十字星大綬章と3度の功労勲章を授与された。また、フランス政府からは1997年レジオンドヌール勲章(コマンドール章)を授与されている。また、2008年ドイツ・ボンにてヴィルヘルム・フルトヴェングラー賞を授与された。

参考文献編集

  • 音楽之友社編『名演奏家事典(下)』音楽之友社、1982年、ISBN 4-276-00133-1
  • ヘルベルト・ブロムシュテット『ヘルベルト・ブロムシュテット自伝 音楽こそわが天命』力武京子訳、樋口隆一日本語版監修、アルテスパブリッシング、2018年、ISBN 978-4-86559-192-7

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ a b Margalit Fox (2015年12月19日). “Kurt Masur Dies at 88; Conductor Transformed New York Philharmonic”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2015/12/20/arts/music/kurt-masur-new-york-philharmonic-conductor-dies.html 2018年7月18日閲覧。 
  2. ^ クルト・マズア氏死去 旧東独の世界的指揮者”. 日本経済新聞 (2015年12月20日). 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c 音楽之友社編『名演奏家事典(下)』音楽之友社、1982年、974頁。
  4. ^ a b c d e f g 音楽之友社編『名演奏家事典(下)』音楽之友社、1982年、975頁。
  5. ^ 【お悔やみ】名誉指揮者のクルト・マズア氏が死去 - 読売日本交響楽団 2015年12月20日
  6. ^ a b 【評伝】クルト・マズア氏--行動する指揮者の後世への功績 - 鈴村裕輔 研究ブログ 2015年12月21日
  7. ^ ドイツを代表する指揮者、クルト・マズアさん死去 朝日新聞 2015年12月19日閲覧
  8. ^ 【お悔やみ】名誉指揮者のクルト・マズア氏が死去”. 読売日本交響楽団 (2015年12月20日). 2019年12月16日閲覧。
  9. ^ ブロムシュテット (2018)、51頁。
  10. ^ ブロムシュテット (2018)、52頁。
  11. ^ ブロムシュテット (2018)、58頁。
  12. ^ Der Maestro und das Taktgefühl - デア・シュピーゲル 09.09.1991

外部リンク編集

先代:
ヴァーツラフ・ノイマン
ベルリン・コーミッシェ・オーパー
首席指揮者
1960年 - 1964年
次代:
ロルフ・ロイター
先代:
ホルスト・フェルスター
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1967年 - 1972年
次代:
ギュンター・ヘルビヒ