クルド民主統一党

シリアのクルド人政党

クルド民主統一党(クルドみんしゅとういつとう、クルド語: Partiya Yekîtiya Demokrat, PYD; アラビア語: حزب الاتحاد الديمقراطي)は、シリアで活動するクルド人政党シリア・クルド民主統一党民主統一党とも表記される。

クルド民主統一党
PYD logo.svg
略称 PYD
設立 2003年
種類 政治団体
目的 自治権の確立
本部 シリアの旗 シリアコバニ
貢献地域 Flag of Syrian Kurdistan.svgロジャヴァでの自治
公用語 アラビア語
クルド語
会長 サレフ・ムスリム・モハメド
アスィア・アブドゥッラー
関連組織 クルディスタン労働者党(母体)
人民防衛隊
女性防衛隊(下部組織、軍事部門)
テンプレートを表示

概要編集

シリア・クルド民主統一党(以下「PYD」)はトルコのクルド分離主義組織クルディスタン労働者党(PKK)の分派として2003年に結成された。主にクルド人住民が多いシリア北部(西クルディスタン)で活動している。現在の指導者はサレフ・ムスリム・モハメドとアスィア・アブドゥッラー。軍事部門として「クルド人民防衛隊」(YPG)を擁している[1][2]

冷戦下の1970年代に登場したPKKが当初マルクス・レーニン主義を掲げていたため、その分派であるPYDは過激なイスラム組織と対立していた。

2012年以降、クルド人が多数派を占めるシリア北部を事実上支配している[3]

歴史編集

結党まで編集

第一次世界大戦オスマン帝国が敗れたことにより、フランスイギリスがこの地に恣意的な国境線を引いたため(サイクス・ピコ協定)、クルド人居住地域はトルコイラクイランシリアアルメニアなどに分断された。また、いずれの国でも民族的に少数派でありクルディスタン王国英語版1922年 - 1924年)など少数の例外を除き独自の国を持つことがなかった。

シリア北部には国民の1割にあたる200万前後のクルド人が多数暮らす。しかし、クルド人は民族主義的な独立志向が強く、アラブ人ハーフィズ・アル=アサドバッシャール・アル=アサドの率いるバアス党政権から警戒され、弾圧されてきた。

1973年、トルコでクルド人民会議が結成される。同組織はクルド労働者党クルディスタン自由民主会議クルディスタン労働者党 (PKK)と名称を変更する。2003年、シリア国内におけるPKKの分派としてクルド民主統一党が結成される。

暫定統治編集

2011年、チュニジアから発生したアラブの春がシリアに波及し、2012年にはクルド人居住地からアサド政権軍が撤退する。するとPYDは住民の大半がクルド人で占められるシリア北部の3地方(西クルディスタン)に裁判所刑務所警察署などを設置して実質的な統治を始めた[3]。2014年1月、PYDとその連合政党はクルド人居住地域の3地方(エフリンコバニジャジーラ)に暫定政権をうちたて、行政機関を整え、新憲法も導入している[4]シリアの反体制派の間では「アサド政権と敵対しない見返りに自治権を与えられた」との見方もある。一方PYDは、暫定統治は「自衛のため」で長年クルド人を抑圧してきたアサド「政権と裏取引などするはずがない」、と主張している[5][6]

シリア内戦において、PYDはアサド政権・ISIL自由シリア軍のいずれとも距離を置いている(ISILと明確な敵対関係にある一方で、アサド政権や自由シリア軍とは状況や地域によって対立も協調もしており、第三勢力の様相を呈している)[1]コバニ包囲戦(2014年 - 2015年)では、三方向からコバニ(アイン・アル=アラブ)に攻勢を仕掛けたISILに対して、アメリカ空軍・ペシュメルガなどの支援を受けながら勝利を収めた。 アレッポの戦い(2012年‐2016年)では、政府軍と協調し、政府軍によるアレッポ東部の反体制派包囲を支援、一部地域で反体制派との戦闘を担当し勝利を収めた。 ラッカ解放戦(2017年)では、自由シリア軍系の反体制派との合同組織シリア民主軍として作戦に当たり、アメリカ軍の支援を受け、ISILに対し勝利を収めた。

現在はISILと戦闘を繰り広げつつ、統治下にある町々を防衛している[1]

政策編集

人民防衛隊編集

 
YPGの旗

人民防衛隊(じんみんぼうえいたい、クルド語: Yekîneyên Parastina Gel、YPG; アラビア語: وحدات حماية الشعب)はシリア・クルド民主統一党の下部組織。治安維持を担う軍事部門[1]

女性の構成員の割合が比較的高いことが特徴で、シリア内戦下の2013年5月の報道によるとYPGの約3割が女性によって占められている[8]。これはPKKの軍事組織に多くの女性(約三分の一)が含まれていたことが影響している[3]。また、コバニ包囲戦においては地元のアラブ人やトルコのクルド人がYPGに参加した[9]

外交関係編集

日本公安調査庁はPYDを国際テロ組織に分類している[1]トルコ政府は国内の反体制派PKKの影響下にあるPYDを警戒しており、大統領エルドアンは「ISILと同じ」とまで発言した。そのためコバニ包囲戦でPYDを支援することに消極的だった[10]ヒューマン・ライツ・ウォッチはPYD支配地域で野党捕虜への人権侵害が起きていると指摘している[4]

母体であるトルコのPKKとは現在も関係が深い[11]。イラクのクルディスタン地域はシリアのクルド勢力でもPYDよりクルド国民評議会と友好関係にある[5]。一方、コバニ包囲戦ではペシュメルガを援軍として派遣した[10]

同じくコバニ包囲戦ではアメリカの支援を受けた[12]。シリア内戦ではアッシリア人アッシリア東方教会)の協力を受けている[13]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 「民主統一党」(PYD)”. 公安調査庁. 2015年2月28日閲覧。
  2. ^ オランド仏大統領、シリアのクルド組織・民主統一党(PYD)と面会 / Hurriyet紙SYNODOSが選ぶ「日本語で読む世界のメディア」(東京外国語大学)”. SYNODOS. 2015年2月28日閲覧。
  3. ^ a b c d 【解説】イスラム国に包囲されるシリアのクルド人(1)”. アジアプレス・ネットワーク. 2015年2月28日閲覧。
  4. ^ a b シリア:クルド人の実効支配地域で起きている人権侵害”. 2015年2月28日閲覧。
  5. ^ a b 毎日新聞2013年12月12日 シリア:クルド人の実効支配拡大、内戦構図が複雑化。
  6. ^ a b c d <玉本英子のシリア報告>7 自治行政を目指す民主統一党(PYD)”. アジアプレス. 2015年2月28日閲覧。
  7. ^ シリアのクルド人地域、男女平等法を可決 イスラム国に対抗”. AFP. 2015年2月28日閲覧。
  8. ^ <玉本英子のシリア報告>20 クルド女性の兵士たち”. アジアプレス・ネットワーク. 2015年2月28日閲覧。
  9. ^ 【解説】イスラム国に包囲されるシリアのクルド人(2)”. アジアプレス・ネットワーク. 2015年2月28日閲覧。
  10. ^ a b トルコ、イラクのクルド人部隊の領土通過を一転是認”. The Wall Street Journal. 2015年2月28日閲覧。
  11. ^ <玉本英子のシリア報告>7 自治行政を目指す民主統一党(PYD)”. アジアプレス. 2015年2月28日閲覧。
  12. ^ コバニ奪還で揺らぐ「イスラム国」の支配”. NEWSWEEK. 2015年2月28日閲覧。
  13. ^ 「イスラム国」シリアで90人拉致 キリスト教徒の子ら”. 朝日新聞. 2015年2月28日閲覧。