クルミ

クルミ科クルミ属の落葉高木の総称

クルミ胡桃山胡桃、呉桃、英語: WalnutBlack walnut学名Juglans)は、クルミ科クルミ属落葉高木の総称である。また、その核果種子)を加工した食用のナッツを指す。木材としては、英語を片仮名読みしてウォールナットと呼ばれる。

クルミ属
Juglans ailantifolia.jpg
オニグルミ Juglans mandshurica var. sachalinensis
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: ブナ目 Fagales
: クルミ科 Juglandaceae
: クルミ属 Juglans
学名
Juglans
L.
和名
クルミ
英名
Black walnut
Walnut
  • 本文参照
クルミ

原産地はヨーロッパ南西部からアジア西部とされ、北半球温帯地域に広く分布する。樹高は8メートルから20メートルに及ぶ。日本列島に自生している胡桃の大半はオニグルミと言い、核はゴツゴツとして非常に硬く、種子(仁)が取り出し難い。なお、クルミとして食用に利用される種は、クルミ属の植物の一部に過ぎない。

編集

  • 収穫量はアメリカ合衆国カリフォルニア州中華人民共和国が多い。日本では長野県東御市がクルミの収穫量日本一である。
  • 5月から6月にかけて開花し、その後に直径3 cm程度の仮果と呼ばれる実を付ける。仮果の中に核果が有り、その内側の種子(仁)を食用とする。脂質が実全体の70パーセントを占めている。また、ビタミンEを始め様々なビタミンミネラルが豊富に含まれている。
  • 食用としての利用は古く、日本では縄文時代から種実の出土事例があり、オニグルミを中心に食料として利用されていたと考えられている。文献資料においては『延喜式』に貢納物の1つとして記されている他にも、『年料別貢雑物』では甲斐国越前国加賀国においてクルミの貢納が規定されており、平城京の跡から出土した木簡にもクルミの貢進が記されている。
  • 実から採れる油は食用にされる他、乾性油であるため木工製品の仕上げ用や油絵具の成分として使われる。
  • アメリカ合衆国では子孫繁栄の意味を込め、結婚式の際にクルミの実を撒く習慣が有る。
  • 非常に硬く簡単には割れないため、専用のくるみ割り器(クラッカー)も有る。なお、クルミ割り人形は、これを人形の頭にして顎にクルミを挟ませ、噛み割るように見せる道具である。
  • オニグルミはハンマーを使わないと割れないが、シナノグルミ(菓子クルミ)やヒメグルミは核果同士を縦筋に合わせて手の腹で押したり握り潰せば、容易に割れる。
  • クルミの摂取は認知機能を向上させる可能性が示唆されている[1]

果樹栽培との関係編集

クルミはニセアカシアイタチハギなどと共に植物の病害であるリンゴ炭疽病(人畜に感染する炭疽病と全く無関係)の伝染源になり易く[2][3]、リンゴなど果樹栽培の際には伐採するなど、周辺の植生に注意が必要である。

木材およびその利用編集

木材としては、日本国内でも「ウォールナット」と言う英語を元にした名称で扱われる。アメリカ合衆国北部やカナダで育ったクルミ材であり、チークマホガニーと共に世界三大銘木の1つに数えられる。1660年から1720年にかけ、ヨーロッパ市場ではイギリスデザインやウォールナット種の製品が大変な人気を博し、ヨーロッパ家具の歴史では「ウォールナットの時代」と呼ばれるほど持て囃された。

木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りを有し、狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持つ。落ち着いた色合いと重厚な木目から、高級家具材や工芸材に用いられてきた。アメリカ合衆国大統領の指揮台やアメリカ合衆国最高裁判所のベンチに使用される。また、耐衝撃性の強さを活かして、ライフル銃床にも使用される場合がある。また、チップは燻製を作るの際のスモークチップとしても用いられる。

以上のように、クルミは木材として優秀なために、持続的な伐採が行われた結果、良質なクルミ材を製材できる大木が枯渇気味であり、現代ではクルミ材は高級木材として扱われる。

含まれる種編集

食用とされる種
  • カシグルミ(菓子胡桃)Juglans regia L. var. orientis (Dode) Kitam. synonym
  • オニグルミ(鬼胡桃)Juglans mandshurica var. sachalinensis, (Syn. Juglans ailantifolia)
  • ヒメグルミ(姫胡桃)Juglans mandshurica var. cordiformis, (Syn. Juglans ailantifolia var. cordiformis)
  • シナノグルミ(菓子胡桃、テウチグルミ) Juglans regia, (Syn. Juglans regia var. orientis)
その他
クルミ科のヒッコリー英語hickory中国語:美国山核桃、学名:Carya spp.)の材は、ドラムスティックの材料に多く使われる。また、スキー板など運動器具の材料にもされる。また、食品の燻煙材の1つとしても用いられる。

「くるみ餅」の地域性編集

仙台などで「くるみ餅」と言えば、クルミので和えたを指す。などで「くるみ餅」と言えばダイズの餡、または、枝豆の餡で包んだ餅や白玉を指し、植物のクルミではなく、餡で包む(くるむ)事が語源である[4]

文学編集

  • 北欧神話には、女神イズンがクルミの実へ変えられる話が有る。
  • 今昔物語』には、サナダ虫の嫌いな物として、クルミが挙げられている。
  • クルミの実を「胡桃」と書いて、これを俳句において秋の季語として用いる場合がある[5][注釈 1]。さらに、未熟なクルミの実を「青胡桃あおぐるみ」と書いて、こちらは夏の季語として用いる場合がある[6][注釈 2]
クルミの栄養価の代表値
クルミ(walnuts, english)
100 gあたりの栄養価
エネルギー 2,738 kJ (654 kcal)
13.71 g
糖類 2.61 g
食物繊維 6.7 g
65.21 g
飽和脂肪酸 6.126 g
一価不飽和 8.933 g
多価不飽和 47.174 g
15.23 g
トリプトファン 0.17 g
トレオニン 0.596 g
イソロイシン 0.625 g
ロイシン 1.17 g
リシン 0.424 g
メチオニン 0.236 g
シスチン 0.208 g
フェニルアラニン 0.711 g
チロシン 0.406 g
バリン 0.753 g
アルギニン 2.278 g
ヒスチジン 0.391 g
アラニン 0.696 g
アスパラギン酸 1.829 g
グルタミン酸 2.816 g
グリシン 0.816 g
プロリン 0.706 g
セリン 0.934 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
12 µg
9 µg
チアミン (B1)
(30%)
0.341 mg
リボフラビン (B2)
(13%)
0.15 mg
ナイアシン (B3)
(8%)
1.125 mg
パントテン酸 (B5)
(11%)
0.57 mg
ビタミンB6
(41%)
0.537 mg
葉酸 (B9)
(25%)
98 µg
ビタミンB12
(0%)
0 µg
コリン
(8%)
39.2 mg
ビタミンC
(2%)
1.3 mg
ビタミンD
(0%)
0 IU
ビタミンE
(5%)
0.7 mg
ビタミンK
(3%)
2.7 µg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
2 mg
カリウム
(9%)
441 mg
カルシウム
(10%)
98 mg
マグネシウム
(45%)
158 mg
リン
(49%)
346 mg
鉄分
(22%)
2.91 mg
亜鉛
(33%)
3.09 mg
マンガン
(163%)
3.414 mg
セレン
(7%)
4.9 µg
他の成分
水分 4.07 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
クルミ(walnuts) 100 g中の主な脂肪酸の種類[7]
項目 分量(g)
脂肪 65.21
飽和脂肪酸 6.126
1価不飽和脂肪酸 8.933
18:1(オレイン酸 8.799
多価不飽和脂肪酸 47.174
18:2(リノール酸 38.093
18:3(α-リノレン酸 9.08

画像編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお『旺文社 国語辞典(第8版)』によれば秋の「樹木」の項目にクルミは無く、あくまで「果実・木の実」の項目に「胡桃」が挙げられている。
  2. ^ なお『旺文社 国語辞典(第8版)』によれば夏の「樹木」の項目にクルミは無く、あくまで「果実・木の実」の項目に「青胡桃」が挙げられている。

出典編集

  1. ^ クルミが記憶力を向上させる
  2. ^ 岩波靖彦、近藤賢一、飯島章彦「リンゴ炭疽病の効率的な防除効果試験法」『関東東山病害虫研究会報』2003年 2003巻 50号 p.65-69, doi:10.11337/ktpps1999.2003.65
  3. ^ 飯島章彦「リンゴ炭そ病のシナノグルミからの伝染」『関東東山病害虫研究会年報』1994年 1994巻 41号 p.123-125, doi:10.11337/ktpps1954.1994.123
  4. ^ 四代目旭堂南陵『事典にない大阪弁 絶滅危惧種の大阪ことば』(浪花社、2014年)172頁に詳細なレシピがある。
  5. ^ 松村 明・山口 明穂・和田 利政(編)『旺文社 国語辞典(第8版)』 p.1432 旺文社 1992年10月25日発行 ISBN 4-01-077702-8
  6. ^ 松村 明・山口 明穂・和田 利政(編)『旺文社 国語辞典(第8版)』 p.1431 旺文社 1992年10月25日発行 ISBN 4-01-077702-8
  7. ^ USDA栄養データベースUnited States Department of Agriculture

関連項目編集