メインメニューを開く

クレイグ・ガレスピー

Australian film director

クレイグ・ガレスピー(Craig Gillespie、1967年9月1日 - )は、オーストラリア映画監督である。日本語では「クレイグ・ギレスピー」と表記されることもある[1]

クレイグ・ガレスピー
Craig Gillespie
Craig Gillespie
生年月日 (1967-09-01) 1967年9月1日(52歳)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

生い立ち編集

シドニーで生まれ育ち、19歳でニューヨークに引っ越し。[2]

イラスト・グラフィックデザイン・広告をマンハッタン視覚芸術学校で学ぶ。[3][4]

20代前半の時友達が映画監督になり、「君もやりなよ」と言ったので映画に興味を持った。[5]

職歴編集

15年間コマーシャル・ディレクターをやり、撮影監督アダム・キメルとロドリゴ・プリエトと一緒に仕事をした。[5][6]

広告代理店を渡り歩き、いっときは5年間で6社で働いた[7]。いろんな賞をもらった[3]

脚本を受け取った時は、CMでもやっていた暗いユーモアが観客に受けるだろうと思ったが、「観客が喜ぶのはもっと広いコメディーであることは明らかで、僕が作っていたものじゃなかった。ちょうどニューライン・シネマは経営難だったんで、降りさせてもらったよ」と話している。[5][6]

『Mr.ウッドコック -史上最悪の体育教師-』の最初の撮影が終わると『ラースと、その彼女』の下準備にかかった。脚本は4年前にもらっていたが「ラブドールと恋をする」というアイデアが「馬鹿げてる」と思い手をつけてなかった。[2][8]

フィルモグラフィー編集

長編映画編集

テレビドラマ編集

  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ United States of Tara (2010年 - 2011年)

脚注編集

  1. ^ ディズニー映画「ザ・ブリザード」奇跡の実話を再現する“3つのリアル”とは”. 映画.com (2016年1月4日). 2016年11月21日閲覧。
  2. ^ a b Douglas, Edward (2007年10月9日). “Craig Gillespie's Big Comeback”. ComingSoon.net. 2008年8月23日閲覧。
  3. ^ a b Lars & the Real Girl Production Notes” (PDF) (プレスリリース), Verve Pictures, http://www.vervepics.com/docs/larsnotes.pdf 2008年8月23日閲覧。 
  4. ^ Hessey, Ruth (2008年4月2日). “Director – Craig Gillespie”. Time Out Sydney. 2008年8月23日閲覧。
  5. ^ a b c Dawson, Nick (2007年10月12日). “CRAIG GILLESPIE, LARS AND THE REAL GIRL”. Filmmaker Magazine. 2008年8月23日閲覧。
  6. ^ a b Goldstein, Patrick (2007年10月2日). “Hit or miss? Yes”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2007/oct/02/entertainment/et-gold2 2008年8月23日閲覧。 
  7. ^ Bodey, Michael (2008年4月2日). “Dysfunction and the love doll”. The Australian. http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,,23468669-16947,00.html?from=public_rss 2008年8月23日閲覧。 
  8. ^ McClintock, Pamela (2010年3月16日). “Gillespie signs on for 'Fright Night' 'Lars and the Real Girl' guy boards DreamWorks remake”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118016546.html?categoryid=1238&cs=1&query=fright+night 

外部リンク編集