クレイジー・イン・アラバマ

クレイジー・イン・アラバマ』(原題:Crazy in Alabama)は、1999年制作のアメリカ合衆国ブラックコメディ映画アントニオ・バンデラスの初監督映画。主演は当時バンデラスの妻だったメラニー・グリフィス。日本では劇場未公開。

クレイジー・イン・アラバマ
Crazy in Alabama
監督 アントニオ・バンデラス
脚本 マーク・チルドレス
原作 マーク・チルドレス
製作 デブラ・ヒル
マイアー・テパー
リンダ・ゴールドスタイン・ノウルトン
ダイアン・シラン・アイザックス
製作総指揮 ジェームズ・R・ダイアー
出演者 メラニー・グリフィス
ルーカス・ブラック
音楽 マーク・スノウ
撮影 ジュリオ・マカット
編集 メイシー・ホイ
ロバート・C・ジョーンズ
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年10月22日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,005,840[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

1965年の夏、アラバマ州のとある町に住む7人の子供の母親で女優志望のルシールは冷酷で暴力をふるう夫を殺害、その首を切断して冷凍容器に入れ、ハリウッドへと旅立った。

一方、ルシールの甥で13歳の少年ピージョーは両親を亡くしたため、兄ワイリーと共に祖母ミーモウの家で暮らしていたが、ルシールから彼女の子供たちを押し付けられたミーモウは、息子のダヴとその妻アーリーンにワイリーとピージョーを引き取らせる。

ある日、ピージョーがワイリーと一緒にプールで遊んでいると、日頃から親しくしている黒人の少年テイラーが監視員とトラブルになる。この町には根強い黒人差別が残っており、プールは白人専用で黒人は立ち入りが禁止されていた。テイラーは仲間を集めて抗議を始めるが、保安官が駆け付けて暴力的に排除、その騒ぎの中でテイラーは命を落としてしまう。

事の一部始終を見ていたピージョーの心の中に、次第に黒人差別に対する疑問が芽生えてくる。ピージョーはテイラーの葬儀に参加するが、これもまた保安官によって暴力的に弾圧される。さらに、ピージョーは黒人と抱き合っている写真が雑誌に掲載され、有名人になったことで保安官にマークされ、家にも居場所がなくなる。

その頃、ルシールはテレビドラマ『奥様は魔女』のプロデューサーに見出され、主人公サマンサのライバル役として出演することが決まった。念願の女優への階段を登り始めようとしていたルシールであったが、殺害した夫の首が発見されてしまったことで逮捕され、アラバマに護送されて裁判にかけられることになる。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集