メインメニューを開く

クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン

クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンThe Crazy World Of Arthur Brown)は、イギリスロック・ミュージシャン、アーサー・ブラウン1968年に発表したアルバム及び、この作品の録音とツアーのために結成されたロックバンドの名称。

クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン
The Crazy World of Arthur Brown
The Crazy World of Arthur Brown (15559408036).jpg
ライブの様子(2014年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル サイケデリック・ロック
活動期間 1967年 - 1970年
2000年 -
レーベル ヴォイスプリント、トラック、Zoho Music
共同作業者 アトミック・ルースター
メンバー アーサー・ブラウン
ジム・モルティモア
サミュエル・ウォーカー
ルーシー・レジェルトヴァ
ニナ・グロムニアック
マルコム・ディック
Z-スター
旧メンバー ニコラス・グリーンウッド
ヴィンセント・クレイン
ドレイチェン・シーカー
カール・パーマー
ジェフ・カトラー
ディック・ヘニンガム
ピート・ソリー

音楽的な系譜ではサイケデリック・ロックシアトリカル・ロックの過渡期に位置し、火の点いた蝋燭を中に入れたマスクを被って歌うアーサー・ブラウンのパフォーマンスは、アリス・クーパーなどに影響を与えている。アルバムはピート・タウンゼントザ・フー)がキット・ランバートと共同でプロデュースした。USAツアーの際、飛行機恐怖症で参加を拒んだドラマーのドレイチェン・シーカー、神経衰弱になったキーボードのヴィンセント・クレインの穴を臨時メンバーでこなした、帰国後に雇われたのは、後にEL&Pで知られるドラマーカール・パーマーキーボードのピート・ソリーである。後にクレインが復帰するが、再度のUSAツアー中にパーマー、クレインは脱退、アトミック・ルースターを結成した。

グループ及びアルバムが今日まで知られているのは、シングル「ファイアー英語版」のヒットによる。この曲は全英シングルチャートの首位を獲得したほか、アメリカビルボードHOT100でも2位に輝き、1968年を代表するヒット曲の一つである。これがバンドにとってもアーサー・ブラウンにとっても、唯一チャート・インしたシングルとなった。

来歴編集

1966年:アーサー・ブラウン、ヴィンセント・クレイン、ドレイチェン・シーカーにより結成。

1967年:ニコラス・グリーンウッド加入。

1968年:ブラウン、クレイン、シーカー、グリーンウッドで1stアルバム『クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン』録音。USAツアー中にクレイン、シーカーが脱退、ディック・ヘニンガム、ジェフ・カトラーを急遽臨時メンバーに加えてツアー続行。 ブラウン、グリーンウッドは帰国後メンバーを探し、ピート・ソリー、カール・パーマーを加える。 10月にクレインが復帰するが、USAツアー中にクレイン、パーマーが脱退、二人はアトミック・ルースターを結成する。

1969年:4月にブラウン、ジョン・マーシャル、マックロウ、デニス・テイラー、シーカーでブラウン/クレインの共作曲「Space Plucks」を録音。(この曲は後にキングダム・カムで再演している)。 ブラウン、シーカー、アンディ・リッケル、ジョージ・カーン、ジョン・ミッチェル、テイラーで2ndアルバム『不思議の国のアーサー王』録音 (発表は1988年)。その後ブラウンは別バンド、キングダム・カムを結成、テイラーは1stアルバム発表時の照明担当、3rdアルバムのプロデュースとなっている。

バンドは2000年にブラウンを中心に再結成。2002年、2003年に同名義で『Tantric Lover』『Vampire Suite』を録音している。     

メンバーと担当楽器編集

現在のラインナップ編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) – リード・ボーカル (1967年–1970年、2000年– )
  • Z-スター (Z-Star) – リード&バック・ボーカル、ギター、キーボード、パーカッション (2000年– )
  • ルーシー・レジェルトヴァ (Lucie Rejchrtova) – キーボード (2000年– )
  • ジム・モルティモア (Jim Mortimore) – ベース、バック・ボーカル、ギター (2000年– )
  • サミュエル・ウォーカー (Samuel Walker) – ドラム、バック・ボーカル (2000年– )
  • マルコム・ディック (Malcolm Dick) – デジタル・アーティスト、映像担当 (2000年– )
  • ニナ・グロムニアック (Nina Gromniak) – ギター (2011年– )

第1期 1966年 - 1967年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ヴィンセント・クレイン (Vincent Crane) - オルガン、ピアノ、ベース・ペダル
  • ドレイチェン・シーカー (Drachen Theaker) - ドラム

+

  • ピート・ギフォード (Pete Gifford) - サックス(1967年、数回ギグに参加)
  • ロン・ウッド (Ron Wood) - ベース(1967年、BBC 「トップ・ギアー」の録音に参加)


ブラウン、クレイン、シーカーの3人でデビュー・シングル「Devil's Grip/Give Him A Flower」録音。
(但しA面のドラムはジョン・ハイズマンが叩いている)

第2期 1967年末 - 1968年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ヴィンセント・クレイン (Vincent Crane) - オルガン、ピアノ(ストリング・ベース・アレンジ)
  • ドレイチェン・シーカー (Drachen Theaker) - ドラム
  • ニコラス・グリーンウッド (Nicholas Greenwood) - ベース


1stアルバム『クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン』録音。
(但し「I Put A Spell On You」「Child Of My Kingdom」のドラムはエインズレー・ダンパー、ジョン・マーシャルらが叩いていると言われている)

第3期 1968年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ニコラス・グリーンウッド (Nicholas Greenwood) - ベース
  • ディック・ヘニンガム (Dick Henningham) - オルガン
  • ジェフ・カトラー (Jeff Cutler) - ドラム


USAツアー中にクレイン、シーカーが脱退してしまったため、ヘニンガム、カトラーを急遽臨時メンバーに加えてツアー続行。

第4期 1968年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ニコラス・グリーンウッド (Nicholas Greenwood) - ベース
  • ピート・ソリー (Pete Solley) - オルガン
  • カール・パーマー (Carl Palmer) - ドラム


シングルB面「What's Happening」録音、これがパーマーがこのバンドで録音した唯一の曲である。

第5期 1968年10月 -編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ニコラス・グリーンウッド (Nicholas Greenwood) - ベース
  • ヴィンセント・クレイン (Vincent Crane) - オルガン、ピアノ
  • カール・パーマー (Carl Palmer) - ドラム


10月にクレインが復帰するが、USAツアー中にクレイン、パーマーが脱退。(アトミック・ルースターを結成)

第6期 1969年4月編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ジョン・マーシャル (John Marshall) - ドラム
  • マッカロウ (McCullough) - オルガン
  • デニス・テイラー (Dennis Taylor) - ベース
  • ドレイチェン・シーカー (Drachen Theaker) - シンセトフォン


「Space Plucks」録音、この曲は2ndに収録。

第7期 (Puddletown Express) 1969年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ドレイチェン・シーカー (Drachen Theaker) - ドラム
  • アンディ・リッケル (Andy Rickell) - ギター
  • ジョージ・カーン (George Khan) - エレクトリック・サックス
  • ジョン・ミッチェル (John Mitchell) - オルガン
  • デニス・テイラー (Dennis Taylor) - ベース


2ndアルバム『不思議の国のアーサー王』録音。

第8期 2002年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル、アコースティックギター
  • リック・パテン (Rik Patten) - アコースティックギター、オルガン、バンジョー、マンドリン
  • スタン・アドラー (Stan Adler) - チェロ、ダブル・ベース、ベース
  • マルコム・モルティモア (Malcom Mortimore) - ドラム、パーカッション


3rdアルバム『Tantric Lover』録音。

第9期 2003年編集

  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル
  • ジョシュ・フィリップス (Josh Phillips) - オルガン、ピアノ、シンセサイザー
  • マーク・ブレゼジッキー (Mark Brzezicki) - ドラム、パーカッション

+

  • リチャード・スタッドホルム (Richard Studholme) - ベース
  • ロジャー・マニング (Roger Manning) - ギター
  • デイヴ・ウィリアムソン (Dave Wiliamson) - ベース
  • ジェイムズ・ヘイト (James Heyto) - ギター
  • スティーヴ・ルー (Steve Roux) - ギター
  • ニック・ペントロウ (Nick Pentelow) - サックス
  • ピート・トムズ (Pete Thoms) - トロンボーン
  • シド・ゴールド (Sid Gauld) - トランペット
  • ロブ・ハート (Rob Hart) - バック・ボーカル
  • ソフィー・ハート (Sophie Hart) - バック・ボーカル
  • スティーヴ・グラスコック (Steve Glasscock) - バック・ボーカル
  • カール・バージェス (Carl Burgess) - バック・ボーカル


4thアルバム『Vampire Suite』録音。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン』 - The Crazy World Of Arthur Brown (1968年 第2期) ※旧邦題『ファイアー』
  • 『不思議の国のアーサー王』 - Strangelands (1988年 第6期 - 第7期) ※1969年録音
  • Tantric Lover (2002年 第8期)
  • Vampire Suite (2003年 第9期)
  • Voice of Love (2007年)
  • Zim Zam Zim (2013年)

ライブ・アルバム編集

  • Live At High Voltage (2012年)
  • Live In Bristol 2002 (2015年)
  • Radio Sessions: 1968 1972 1975 (2016年)
  • Live 1967-1968 (2016年)

コンピレーション編集

  • The Lost Ears (1976年キングダム・カム時代のコンピレーションだが、第6期、第7期の曲も収録)

シングル編集

  • "Devil's Grip / Give Him A Flower" (1967年 第1期 A面のドラム:ジョン・ハイズマン)
  • 「ファイアー/レスト・キュア」 - "Fire / Rest Cure" (1968年 第2期)
  • 「悪夢/不思議な出来事」 - "Nightmare / What's Happening" (1968年 第2期(A面)、第4期(B面))
  • "Vampire Love / A Hard Rain's Gonna Fall" (1997年)

関連項目編集