クレムリンの壁墓所

クレムリンの壁墓所(くれむりんのかべぼしょ、ロシア語: Некрополь у Кремлёвской стены英語: Kremlin Wall Necropolis)はロシアモスクワにある「赤の広場」のクレムリンの壁に沿って作られた墓所である。

クレムリンの壁の前に、スースロフスターリンカリーニンジェルジンスキーブレジネフの墓が見える。アンドロポフの墓は、カリーニンとジェルジンスキーの間にあるが、見えない。レーニン廟はすぐ右にある。

モスクワの「クレムリンの壁」墓所への埋葬は、1917年11月に10月革命の240人の親ボルシェビキの犠牲者が「赤の広場」に集団埋葬された時に始まった。1921年に行われた最後の集団埋葬の後、赤の広場での葬儀は通常の場合は国家の儀式として行われ、著名な政治家軍事指導者宇宙飛行士科学者に対する最後の名誉な行事として扱われた。墓所は主に、レーニン廟(1924年に木材で建てられ、その後花崗岩で建て直された)の両側に存在している。

1925年から1927年にかけて、地中への埋葬は中止されて、葬儀はクレムリンの壁自体に焼却灰の埋葬として行われた。しかし地中への埋葬は、1946年にミハイル・カリーニンの葬儀で再開された。赤の広場で高官を葬る習慣は1985年3月のコンスタンティン・チェルネンコの葬儀まで続いた。

埋葬者編集

レーニン廟の裏にある革命元勲墓には現在12人が埋葬されている。

埋葬者氏名 役職 死亡年月日 埋葬年月日
ヤーコフ・スヴェルドロフ   全ロシア中央執行委員会ロシア語版委員長 1919年3月16日 1919年3月18日
ミハイル・フルンゼ   ソビエト共和国革命軍事会議議長 1925年10月31日 1925年11月3日
フェリックス・ジェルジンスキー   国家保安総局長官・国家経済最高会議ロシア語版議長 1926年7月20日 1926年7月22日
ミハイル・カリーニン   最高会議幹部会議長 1946年6月3日 1946年6月6日
アンドレイ・ジダーノフ   ソ連共産党政治局異員 1948年8月31日 1948年9月5日
ヨシフ・スターリン ソ連共産党書記長閣僚評議会議長 1953年3月5日 1961年11月1日
レーニン・スターリン廟から改葬)
クリメント・ヴォロシーロフ   ソ連邦元帥・最高会議幹部会議長 1969年12月2日 1969年12月6日
セミョーン・ブジョーンヌイ   ソ連邦元帥 1973年10月26日 1973年10月30日
ミハイル・スースロフ   CC CPCUイデオロギー担当書記 1982年1月25日 1982年1月29日
レオニード・ブレジネフ   CPSU書記長・最高会議幹部会議長 1982年11月10日 1982年11月15日
ユーリ・アンドロポフ   CPCU書記長・最高会議幹部会議長 1984年2月9日 1984年2月14日
コンスタンティン・チェルネンコ   CPCU書記長・最高会議幹部会議長 1985年3月10日 1985年3月13日

クレムリン城壁に埋葬されている納骨者一覧編集

右側(ニコリスカヤ塔からセナツカヤ塔まで)
埋葬者 生没年 出生地 主な活動
ウィリアム・ヘイウッド 1869-1928 アメリカ合衆国 鉱山労働組合を組織
ランドレル・エネ 1875-1928 オーストリア=ハンガリー ハンガリーソビエト内相
アーサー・マクマナス 1889-1927 イギリス イギリス共産党創設者
ルーテンバーグ・チャールズ 1882-1927 アメリカ合衆国 アメリカ共産党書記長
ミロン・ウラジミロフ 1879-1925 ロシア帝国 財務次官
ドミトリー・ウスチノフ 1908-1984 ロシア帝国 ソ連邦元帥
レオニード・コスタンドフ 1915-1984 ロシア帝国 ソビエト連邦副首相
アーヴィド・ペリシェ 1899-1983 ロシア帝国 党統制委員会議長
イワン・バグラミャン 1897-1982 ロシア帝国 ソ連邦元帥
アレクセイ・コスイギン 1904-1980 ロシア帝国 ソビエト連邦首相
フョードル・クラコフ 1918-1978 ロシアSFSR ソ連農業担当書記
ムスチスラフ・ケルディシュ 1911-1978 ロシア帝国 ソ連科学アカデミー会長
A・ヴァシレフスキー 1895-1977 ロシア帝国 ソ連邦元帥
ゲオルギー・ジューコフ 1896-1974 ロシア帝国 ソ連邦元帥
セルゲイ・カーメネフ 1881-1936 ロシア帝国 赤軍総司令官
アレクサンドル・カルピンスキ 1847-1936 ロシア帝国 ソ連科学アカデミー会長
フリッツ・ヘッカート 1884-1936 ザクセン王国 ドイツ共産党政治局員
イヴァン・トフストゥハ 1889-1935 ロシア帝国 ヨシフ・スターリン秘書
ピョートル・スミドビッチ 1874-1935 ロシア帝国 全ロシア執行委員
ヴァレリアン・ドガレフスキー 1885-1934 ロシア帝国 外交官
ヴャチェスラフ・メンジンスキ 1874-1934 ロシア帝国 国家政治保安部長官
シテンガルト・アレクサンドル 1887-1934 ロシア帝国 MTC政治局長
イリヤ・ウスィスキン 1910-1934 ロシア帝国 気球の実験中に事故死
アンドレイ・ヴァセンコ 1899-1934 ロシア帝国 気球の実験中に事故死
パウェル・フェドセンコ 1898-1934 ロシア帝国 気球の実験中に事故死
アナトリー・ルナチャルスキー 1875-1933 ロシア帝国 ソ連初代教育人民委員
片山潜 1860-1933 日本 コミンテルン常任執行委
ゴルツマン・エイブラム 1894-1933 ロシア帝国 初代民間航空艦隊局長
ピョートル・バラノフ 1892-1933 ロシア帝国 赤軍空軍局長
セルゲイ・グセフ 1874-1933 ロシア帝国 コミンテルン常任執行委
アレクセイ・スヴィデルスキー 1878-1933 ロシア帝国 ソ連中央執行委員
ミハイル・オリミンスキー 1863-1933 ロシア帝国 文芸評論家
アレクサンドル・ストパーニ 1871-1932 ロシア帝国 RSFSR労務担当検察官
クプリヤン・キルキジン 1886-1932 ロシア帝国 ウズベク共産党第一書記
ミハイル・ポクロフスキー 1868-1932 ロシア帝国 ソ連科学アカデミー学者
ピョートル・ストゥチカ 1865-1932 ロシア帝国 ソ連最高裁判所長
ユーリ・ラリン 1882-1932 ロシア帝国 経済学者
B・トリアンダフィーロフ 1894-1931 ロシア帝国 赤軍参謀本部長
ミハイロフ=イワノフ 1894-1931 ロシア帝国 最高経済評議会幹部
イヴァン・レプセ 1889-1929 ロシア帝国 CPCU中央委員会委員
スクヴォルツォフ=ステパノフ 1870-1928 ロシア帝国 資本論の翻訳
アレクサンドル・ツュルーパ 1870-1928 ロシア帝国 ソ連副首相
レオニード・クラーシン 1870-1926 ロシア帝国 対外貿易人民委員
クララ・ツェトキン 1857-1933 ザクセン王国 ドイツ共産党創設
左側(セナツカヤ塔からスパスカヤ塔まで)
埋没者 生没年 出身地 主な活動
グリゴリー・オルジョニキーゼ 1886-1937 ロシア帝国 CPCU中央委員会委員
セルゲイ・キーロフ 1886-1934 ロシア帝国 レニングラード州党委員会第一書記
ヴァレリヤン・クイビシェフ 1888-1935 ロシア帝国 ソ連第一副首相
マクシム・ゴーリキー 1868-1936 ロシア帝国 社会活動家
マリヤ・ウリヤノヴァ 1878-1937 ロシア帝国 ウラジーミル・レーニンの実妹
ヴァレリー・チカロフ 1904-1938 ロシア帝国 無着陸飛行の世界記録更新
ナデジダ・クルプスカヤ 1869-1939 ロシア帝国 ウラジーミル・レーニンの妻
アナトリー・セロフ 1910-1939 ロシア帝国 飛行士
ポリーナ・オシペンコ 1907-1939 ロシア帝国 飛行士
マリーナ・ラスコーヴァ 1912-1943 ロシア帝国 赤色空軍中佐
グリゴリー・クラフチェンコ 1912-1943 ロシア帝国 赤色空軍中将
コンスタンティン・パンフィロフ 1901-1943 ロシア帝国 RSFSR人民委員会委員長
エメリャン・ロスラフスキー 1878-1943 ロシア帝国 ソ連科学アカデミー学者
ニコラエワ・クラウディア 1893-1944 ロシア帝国 ソ連最高会議幹部会幹部
ボリス・シャポシニコフ 1882-1945 ロシア帝国 ソ連邦元帥
アレクサンドル・シチェルバコフ 1901-1945 ロシア帝国 モスクワ市党委員会第一書記
ウラジーミル・ポチョムキン 1874-1946 ロシア帝国 外交官
ヴァシーリイ・ヴァフルシェフ 1902-1947 ロシア帝国 石炭工業相
ロザリア・ゼムリャーチカ 1876-1947 ロシア帝国 ソ連副首相
フョードル・トルブーヒン 1894-1949 ロシア帝国 ソ連邦元帥
ミハイル・ウラジーミルスキー 1874-1951 ロシア帝国 全ロシア中央執行員会委員長
アレクサンドル・エフレモフ 1904-1951 ロシア帝国 工作機械工業相
レフ・メフリス 1889-1953 ロシア帝国 軍のお目付
マトヴェイ・シュキリャートフ 1883-1954 ロシア帝国 党統制委員会議長
アナトリー・クジミーン 1903-1954 ロシア帝国 冶金工業相
アンドレイ・ヴィシンスキー 1883-1954 ロシア帝国 最高検事・外相
レオニード・ゴヴォロフ 1897-1955 ロシア帝国 ソ連邦元帥
パウェル・ユーディン 1902-56 ロシア帝国 建設資材工業相
イヴァン・リハチョフ 1896-1956 ロシア帝国 ジル工場長
イヴァン・ノセンコ 1902-1956 ロシア帝国 ソ連造船工業相
ザヴェニャーギン アヴラーミイ 1901-1956 ロシア帝国 ソ連内務次官・中型機械製作相
ヴャチェスラフ・マールィシェフ 1902-1957 ロシア帝国 ソ連輸送機械製作相
セルゲイ・ジューク 1892-1957 ロシア帝国 水力工学者
グリゴリー・ペトロフスキー 1878-1958 ロシア帝国 ソビエト連邦中央執行委員会議長
イヴァン・テヴォシアン 1902-1958 ロシア帝国 八代目駐日ソ連大使
グレーブ・クルジジャノフスキー 1872-1959 ロシア帝国 CPCU中央委員会委員
イーゴリ・クルチャトフ 1903-1960 ロシア帝国 核開発責任者
ミトロファン・ニェジェーリン 1902-1960 ロシア帝国 ソ連戦略ロケット軍総司令官
ミハイル・フルニチェフ 1901-1961 ロシア帝国 ソ連航空工業相
ボリス・ヴァーンニコフ 1897-1962 ロシア帝国 上級大将
アンドレイ・フルリョフ 1892-1962 ロシア帝国 ソ連国防次官
アレクセイ・アントーノフ 1896-1962 ロシア帝国 上級大将
ニコライ・ドィガイ 1908-1963 ロシア帝国 ソ連建設相
ウラジーミル・クチェレンコ 1909-1963 ロシア帝国 ソ連国家建設委員会議長
オットー・クーシネン 1881-1964 ロシア帝国 ソビエト連邦最高会議幹部会副議長
セルゲイ・ビリュゾフ 1904-1964 ロシア帝国 ソ連邦元帥
フロル・コズロフ 1908-1965 ロシア帝国 CPCU中央委員会委員
セルゲイ・クラショフ 1901-1965 ロシア帝国 ソ連保健相
セルゲイ・コロリョフ 1907-1966 ロシア帝国 宇宙開発責任者
アレクサンドル・ルダコフ 1910-1966 ロシア帝国 CPCU中央委員会委員
ニコライ・イグナトフ 1901-1966 ロシア帝国 RSFSR最高会議議長
エレナ・スタソヴァ 1873-1966 ロシア帝国 CPR中央委員会事務局員
ロディオン・マリノフスキー 1898-1967 ロシア帝国 ソ連邦元帥
ウラジーミル・コマロフ 1927-1967 ソビエト連邦 ソ連空軍大佐
ニコライ・ヴォロノフ 1899-1968 ロシア帝国 兵科総元帥
ユーリイ・ガガーリン 1934-1968 ソビエト連邦 ソ連空軍大佐
ウラジミール・セリオギン 1922-1968 ロシアSFSR ソ連空軍大佐
ワシーリー・ソコロフスキー 1897-1968 ロシア帝国 ソ連邦元帥
コンスタンチン・ロコソフスキー 1896-1968 ロシア帝国 ソ連邦元帥
キリル・メレツコフ 1897-1968 ロシア帝国 ソ連邦元帥
セミョーン・チモシェンコ 1895-1970 ロシア帝国 ソ連邦元帥
アンドレイ・エリョーメンコ 1892-1970 ロシア帝国 ソ連邦元帥
ニコライ・シュヴェルニク 1888-1970 ロシア帝国 ソビエト連邦最高会議幹部会議長
ゲオルギー・ドブロボルスキー 1928-1971 ソビエト連邦 宇宙飛行士
ヴラジスラフ・ヴォルコフ 1935-1971 ソビエト連邦 宇宙飛行士
ヴィクトル・パツァーエフ 1933-1971 ソビエト連邦 宇宙飛行士
マトヴェイ・ザハロフ 1898-1972 ロシア帝国 ソ連邦元帥
ニコライ・クルイロフ 1903-1972 ロシア帝国 ソ連邦元帥
イヴァン・コーネフ 1897-1973 ロシア帝国 ソ連邦元帥
アンドレイ・グレチコ 1903-1976 ロシア帝国 ソ連邦元帥
イヴァン・ヤクボフスキー 1912-1976 ロシア帝国 ソ連邦元帥

クレムリン城壁墓地は、左右合わせて計115人が納骨されている。納骨者のうち101人がロシア帝国出身だが、残る14人はRSFSR含むソ連出身、7人が外国出身である。役職別で一番多く納骨されているのはソ連邦元帥で、14人納骨されている。

主な歴史編集

1919年にヤーコフ・スヴェルドロフが埋葬され、その後フルンゼジェルジンスキーカリーニンジダーノフの5名が同所に埋葬。その後クレムリンの墓所を整備するにあたってセルゲイ・メルクーロフロシア語版の手による胸像と墓碑が設置された。

死後に防腐処置を施されレーニン廟に遺体が安置されたヨシフ・スターリンは、ニキータ・フルシチョフによるスターリン批判の煽りを受け遺体が火葬された後、この地に埋葬されている。

その後、クレムリンの壁墓所に葬られる名誉に付された政治家・革命家・軍人の中でも、とりわけ重要人物とみなされた者がこの地に遺体が埋葬されることが暗黙の了解となり、国家元首である最高会議幹部会議長を務めたヴォロシーロフ、初のソ連邦元帥であるブジョーンヌイ、党第二書記として強大な影響力を保持し「クレムリンのキングメーカー」との異名を取ったスースロフ、そして最高指導者たるソ連共産党書記長を務めたブレジネフアンドロポフチェルネンコが埋葬された。

その一方重職を経験しても失脚した人物は決してクレムリンで埋葬されず、何れも首相経験者だったモロトフゲオルギー・マレンコフニキータ・フルシチョフ、最高幹部会議長を務めた後に引退に追い込まれたミコヤンポドゴルヌイ、ソ連最初で最後の大統領のミハイル・ゴルバチョフノヴォデヴィチ女子修道院の墓地に埋葬されている。1989年7月にアンドレイ・グロムイコが死去した際には、グロムイコが最高会議幹部会議長経験者ということもありクレムリンへの埋葬をソ連政府が提案したものの、家族がこれを断りノヴォデヴィチ墓地に埋葬されている。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集