メインメニューを開く
パルマ・デ・マヨルカ大聖堂にあるクレメンス8世の墓

クレメンス8世1369年? - 1446年12月28日)は、第206代教皇であるマルティヌス5世対立教皇である(在位:1423年6月10日 - 1429年7月26日)。

本名はGil Sánchez Muñoz i Carbóといい、テルエルで生まれた。1423年に対立教皇だったベネディクトゥス13世が死去すると、3人の枢機卿によってスペインペニスコラで対立教皇として選出され、教会大分裂時代の初代対立教皇であるクレメンス7世にちなんで、クレメンス8世を称した。

1429年にはアルフォンソ5世より退位するように勧告されて、7月26日に退位した。

1429年8月、マルティヌス5世よりパルマ・デ・マヨルカ司教に任命され、以後は歴代のローマ教皇に従った。1446年12月28日に死去。

参考文献編集