メインメニューを開く

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』(クレヨンしんちゃん ヘンダーランドのだいぼうけん)は、1996年4月13日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ4作目。上映時間は96分。興行収入は約12億円。

クレヨンしんちゃん
ヘンダーランドの大冒険
Crayon Shin-chan
Great Adventure in Henderland
監督 本郷みつる
脚本 原恵一
本郷みつる
原作 臼井儀人
製作 プロデューサー
茂木仁史
太田賢司
堀内孝
出演者 矢島晶子
ならはしみき
藤原啓治
渕崎ゆり子
大塚芳忠
田中秀幸
雛形あきこ
音楽 荒川敏行
宮崎慎二
主題歌 雛形あきこ「SIX COLORS BOY」
撮影 高橋秀子
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ASATSU
テレビ朝日
配給 東宝
公開 1996年4月13日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12億円
配給収入 6億5000万円[1]
前作 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望
次作 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡
テンプレートを表示

キャッチコピーは『オラ、この勝負には絶対勝つぞ!!』。

目次

概要編集

タイトルは原作者の臼井儀人が付けた。この作品から臼井は映画制作から関係を薄くしていて、原作漫画も描かなくなった。2009年に臼井が死去したため、この作品が臼井が制作側として直接的に関わった最後の作品となった。また、監督の本郷みつるは本作公開の半年後に降板し、次作より原恵一に交代した[2]

本作で流れたBGMは後にテレビアニメでも何度か使われたことがある。さらに本作に登場するキャラクター「ス・ノーマン・パー」は『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』や、テレビアニメに何度も登場したりと本作のテレビアニメへの影響は大きい。テレビアニメの「風間くんの秘密ノートだゾ」では、風間くんの部屋の棚の上にベンダーくんのぬいぐるみが飾られている。

ぶりぶりざえもん、ばら組園児・河村やすお(通称:チータ)、カンタムロボが劇場版初登場している。

今作品の公開後、野原ひまわりが誕生したため、野原家3人での劇場版はこれが最後である。

あらすじ編集

闇に覆われたどこかの国。ゴーマン王子がお姫様を救うため二人のオカマ魔女・マカオとジョマに立ち向かったが、マカオとジョマの魔法によって、呪いをかけられてしまう。

しんのすけは、ふたば幼稚園の遠足で群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」(設定では群馬県桐生市に所在)[3]に遊びに来ていた。そこでひまわり組のみんなとはぐれたしんのすけは、サーカスのテントの中でトッペマ・マペットという不思議なねじ巻き人形と出会う。彼女からヘンダーランドは、実は異世界の魔法使いであるオカマ魔女・マカオとジョマが潜む城であることが語られる。トッペマはしんのすけにどんな願い事でも叶えられる魔法のトランプを手渡し、マカオとジョマの地球征服計画を阻止するよう協力してほしいと頼む。そこにマカオとジョマの部下、クレイ・G・マッドが現れ、捕まりそうになるが何とか撃退する。二人はテントから抜け出そうとするが、別の部下であるチョキリーヌ・ベスタが現れ、トッペマは魔法を受け、金色のぜんまいを残して姿を消す。

家に戻ったしんのすけは、今日の事を振り返っていたが、そこにトッペマが現れる。トッペマは呪いによって夜の間しか姿を現すことが出来なくなったことを告げる。改めてトッペマから必死の頼みを受けるしんのすけだが、怖がってその頼みを聞けず、トッペマとは決別してしまう。

数日後、ス・ノーマン・パーと名乗る雪だるまの様な男が春日部市を訪れた。程なくしてス・ノーマンは教育実習の先生としてふたば幼稚園に現れ、子供たちの人気者となる。しんのすけも当初は信用していたが、偶然トイレでス・ノーマンと対峙した際、彼が魔法のトランプの存在を知っていることを知り、危機感を覚える。ス・ノーマンは野原家にまで強引に押し入り、しんのすけはス・ノーマンは悪者だと訴えるも、ス・ノーマンに言葉巧みに騙されているみさえとひろしはしんのすけの言葉を信じてくれない。

みさえとひろしを睡眠薬で眠らせた上で、深夜にとうとう本性を現したス・ノーマンはしんのすけから魔法のトランプを奪おうと襲い掛かる。その時、しんのすけがトッペマから教わっていた呪文「スゲーナスゴイデス」を唱えると、しんのすけにとっての他でもない三大ヒーロー、アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんがトランプの中から助けに現れた。しんのすけは3人と力を合わせ、何とかス・ノーマンを追い払う。しかしス・ノーマンは退散する際、野原家のポストに突然出て行ったお詫びの手紙と共にヘンダーランドの招待券を残していった。

翌日、野原家はその招待券を持ってヘンダーランドへと遊びに行くことに。しんのすけは尚もひろしとみさえにス・ノーマンに騙されていると訴えるが、それは夢の話だと相手にされない。ヘンダーランドに着きひろしとみさえがはしゃいでいる間も、自分の言うことを信じてもらえないしんのすけは全く楽しめなかった。帰宅時になってようやくしんのすけは安心し、ひろしとみさえはトイレに行ってから帰路につく。だが帰宅後、しんのすけは人形となっていたひろしとみさえに襲われ、絶体絶命の状況に陥る。そこにトッペマが現れ、二人を撃退。ひろしとみさえはトイレに行った間にマカオたちに捕まったことに気づく。

一度は恐怖からトッペマの頼みを断ってしまったしんのすけであったが、ひろしとみさえを助け、マカオとジョマを倒すことを決意する。そして、対決の地、ヘンダーランドへ向かう。

登場人物編集

トッペマ・マペット
からくり人形の女の子。白い肌と青緑の長髪、胸に大きなボタンの付いた緑のスカートとリボンに見える金色のぜんまいが特徴。快活でさっぱりとした性格。トランプの真の力を引き出すことは出来ないが、魔法を使うことは出来る。
ヘンダーランドのサーカス劇場で偶然しんのすけと出会い、トランプを渡して助けを求めるようになる。チョキリーヌから魔法トランプを奪い返した直後、チョキリーヌの呪いを受け、その呪いのせいで夜にしか存在できなくなってしまう(昼の間は何も見えないし、何も感じる事ができない状態)。再び野原家にやってきてしんのすけに懇願するも、怯えるしんのすけと言い合いになってしまい、一時は姿を見せなくなる。しかし魔法チップで操られた人形のひろしとみさえに襲われそうになったしんのすけを助け、ひろしとみさえが敵に囚われてしまった事で、救出の為にしんのすけと共に乗り込む事になる。
物語後半、チョキリーヌとの決死の攻防戦の末に致命傷を負い、しんのすけに後を託し消滅してしまった。
その正体はメモリ・ミモリ姫。人形の中に姫の心が宿っており、マカオとジョマ打倒後に元のメモリ・ミモリ姫の体に戻る。
「クレヨンウォーズ」ではヒエール・ジョコマンが持っている人形として登場している。
DVDの設定資料によると、緑色の髪らしきものは帽子であり、トッペマの本当の髪型はショートヘアである。
メモリ・ミモリ姫
ヘンダーランドの王女。肌は透き通るような白さで髪の毛や眉、チューリップような髪型に着ているドレス等々、全体的に可憐で繊細な花をイメージさせる風貌を持つ。マカオとジョマに囚われ、心と体が別れているため動けなくなってしまっていた。普段はからくり人形として、ガラスケースに入ったような状態で、未完成のサーカス劇場の舞台裏に置かれていた。分離されたその心は、人形のトッペマに移っていた。しんのすけ曰く「キレイなお姉さん」。
物語の終盤で、マカオとジョマ打倒後に復活。その魔力は相当なもので、ス・ノーマン・パーをあっさりと退け、危機的状況にあった野原一家及び、呪いをかけられていたゴーマン王子を軽々と救っている。
同一人物といえるトッペマと比べると、非常に落ち着いた物腰でお姫様らしい性格。決着後はしんのすけに自身の正体を明かして感謝のキスを贈り、ゴーマン王子と共にヘンダーランドごと故郷へと帰っていった。
ゴーマン王子
ヘンダーランドの王子。冒頭に登場し、メモリ・ミモリ姫を救うべく戦うが、マカオとジョマの呪いをかけられて封じ込まれてしまう。
その後はス・ノーマン・パーの姿に変えられてしまい、元の自分を忘れてしまっていた。終盤にメモリ・ミモリ姫に呪いを解かれて元の姿へ戻り、姫と共にヘンダーランドごと故郷へと帰っていった。

オカマ魔女とその部下編集

マカオ、ジョマ
しんのすけの世界を支配するためにやってきたバレリーナの姿をした2人組のオカマ魔女で、本作の黒幕。金髪の横髪と後ろ髪が残った禿頭がマカオ、髪をお団子に結っている方がジョマ。ヘンダーランドを根城としている。2人ともバレエを得意とする。魔法も使えるが、ヘンダー城は魔法の中心のためにそれらは使えない。ゴーマン王子の国の世界を支配したあと日本にやってきて、しんのすけ達の世界を乗っ取りに来たらしい。本人たち曰く、「クールな男の子が好き」。
物語後半で城に乗り込んできた野原一家とダンスで勝負するも、僅差で野原一家の阿波踊りに敗北。その際「審査員の調子が悪かったみたいね」「誰も一回勝負なんて言ってないわよ」などと卑怯な言い訳をする。その次にババ抜きで勝負し、結果は彼らが勝利するが、その直後、しんのすけが魔法のトランプのジョーカーのカードから現れた精霊により、マカオ達の弱点と彼らを倒す方法を知られてしまう。城自体が魔法の中心であったため自身の魔法が使えず、しんのすけを止めようと野原一家と追いかけっこを繰り広げるも後一歩のところでしんのすけを止められず、2人揃って消滅した。追いかけっこの際には、ひろしがジョーカーのカードに見せかけて投げた名刺をマカオが間違えて取りに行く等、間抜けな一面も見せた。この時のマカオは偽物だと知ると怒って名刺を破った。
最後の追いかけっこが印象深いものの、ゴーマン王子を降しス・ノーマンにしたり、人形からクレイ・G・マッドやチョキリーヌ・ベスタといった部下を作り出したりと、魔力自体も本来は非常に強力なものを持っていたと思われる。
GBAのシネマランドの大冒険にも登場しており、こちらの解説だとマカオとジョマは実際は倒したわけではなく封印されたとの事である。
「クレヨンウォーズ」にも登場している。
クレイ・G・マッド
マカオとジョマの部下。普段はシルクハットタキシードの中年男といった風貌で、ヘンダーランドサーカスの団長を務めている。正体は青い毛並みの狼男じゃんけんのグーがモチーフ、隻眼でグーの描かれた義眼をはめている。嗅覚に優れるが、水が苦手で泳げない。当初はしんのすけを君付けで呼んでいたが、後に「しんちゃん」と呼ぶ(この時彼から「馴れ馴れしい」と言われた)。しんのすけの事を「食ってやる」と言っていたが、実際に出来るのかは不明。
準備中のサーカス会場に無断で入ったしんのすけと偶然出会う。単なる操り人形に過ぎない状態であったトッペマの人形劇を見せ、しんのすけを丸め込み追い出すつもりであったが、目を離している間にしんのすけによりトッペマのぜんまいを巻かれてしまい、トッペマを救出されてしまった。正体である狼男の姿を現し追いかけるが、トッペマに魔法のトランプでにされてしまう。この時魔法を使ったのは人間ではないトッペマだったため、効き自体は弱かった。後にマカオとジョマに元の姿に戻してもらう。
物語後半、ひろしとみさえを助けるため、夜も押し迫るヘンダーランドに(チョキリーヌの呪いで姿を現せないトッペマとの合流を待たずして)潜入したしんのすけの前に第一の刺客として立ちはだかる。トランプの力でチンチン電車に変身し、その場をやり過ごそうとしたしんのすけを用意しておいた汽車で追跡するも、最期にはしんのすけ達の策とトッペマの登場によって、水の中に落ちて溺れてしまう。溺れた際に狼のぬいぐるみの姿となってしまい、そのまま撃破された。その正体はおそらくぬいぐるみであり、オカマ魔女の魔法で動いていたと思われる。
クレイ・G・マッド撃破の際には、魔法で「H」の文字のランニングシャツに変えられていたひろしを着用していた。倒したことで、ひろしも無事に元の姿に戻る。
「クレヨンウォーズ」にも後姿のみであるが、狼男の姿で登場している。
チョキリーヌ・ベスタ
マカオとジョマの部下。じゃんけんのチョキの形をした髪飾りを付け水着のようなレオタードに身を包んだピチピチな魔女のおねえさん。白髪に褐色肌のセクシーな巨乳美女だが性格は非常に悪い。トッペマからは「手下の中で一番性格が悪い」と評されている。じゃんけんのチョキがモチーフ。
物語序盤では優しくてセクシーなおねえさんを演じ近づいてきたしんのすけに色仕掛けで誘惑した。彼女の色気にしんのすけもたまらず汽車のように興奮していた。しんのすけを悩殺した際に「かたたたき券」(かたたたたき券と書かれている)を貰う。
トッペマを圧倒し夜しか活動できなくなる呪いをかけるなど魔法での戦闘面でもかなりの強敵であることがうかがえる。
後にヘンダーランドで捕らえたみさえを魔法で「M」の文字の入ったブラジャーに変えて自身でそれを着用していた。
物語後半では、ひろしを助け出した直後のしんのすけたちの前に現れる。その際はもらった肩たたき券を使い、しんのすけの肩たたきに喘いだりと余裕を見せていた[4]。その直後に現れたトッペマと再戦闘の末にしんのすけの唱えたスゲーナスゴイデスの魔法(トランプ三枚分)とトッペマの捨て身の一撃により繰り出された魔法の光の渦に飲み込まれ、一瞬にしてチョキリーヌは人形となりそのまま塵のように粉砕されていき跡形も無く消滅していった。
クレイ・G・マッドの例のようにチョキリーヌの正体も人形で、彼女もオカマ魔女の魔法で作られた存在かと思われる。
チョキリーヌが元の人形へと戻り消滅した際に彼女の身に付けていたブラジャーだけは残り、かけられていた魔法も解けみさえも無事に元の姿に戻った。
ス・ノーマン・パー
マカオとジョマの部下で、雪だるまの男。江戸っ子のような口調と性格で相手の心に取り入るのが得意[5]
無謀な作戦を実行しようとするしんのすけ達に忠告したり、作戦タイムを許可するなどフェアな精神も持つ。体内から書類ビールなど様々なものを取り出すことができる。足の裏から小型のキャタピラを出現させてダッシュする事も出来る。体は-100℃の超低温に保たれているため、少しくらいの熱などものともしないが、押しくらまんじゅうが弱点。また、しんのすけがトランプの呪文を間違えた時は思わず口を滑らせて正しい呪文を教えてしまう等、間抜けな部分も見せる。じゃんけんのパーがモチーフ。
その正体は物語冒頭でマカオ達に呪いを掛けられ、ゴーマン王子が呪いによって変えられた姿である。このため、トッペマはス・ノーマンの事を知らない。物語の終盤で野原家に襲い掛かるが、メモリ・ミモリ姫に呪いを解かれ、元の姿に戻った。
「クレヨンウォーズ」にも通行人、「野原刑事の事件簿」ではラジコン、「クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉」では巨大怪獣として登場している。

その他の登場人物編集

アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもん
しんのすけがトランプの魔法で召還した、別名「ヒーロー三人衆」。ただし全員しんのすけと同じサイズであり、攻撃力はあまりない。特にカンタムは等身大サイズだが、巨大サイズ同様にカンタムパンチを使える。アクション仮面とカンタムは普通にヒーローなのに対し、ぶりぶりざえもんは「強い者の味方」として、平然と寝返りも行うが、クレイ・G・マッドとの対決ではぶりぶりざえもんの立てた作戦とトッペマの登場が勝利に繋がった。
ヘンダーくん
ヘンダーランドのマスコットキャラクターで、ピンク色の猫(或いはうさぎ)をモチーフにした男の子。
その他にも赤色の猫をモチーフにした女の子のヘンナちゃんをはじめとする仲間が登場しており、ヘンダーくんと共に野原一家とオカマ魔女のダンス対決で審査員を担当した。
サル機関士
ヘンダーランド施設内の「ヘンダー鉄道」の機関士担当の猿型ロボット。性格がかなり悪く、煙草を吸うほど観客の前でも態度が悪い。運転席に乗ろうとしたしんのすけを睨み付けていたが、まつざか先生に一目惚れし彼女だけ特別に運転席に乗せる。そのために、まつざか先生はその同僚の猿たちに冷やかされる羽目になってしまう。
スゲトラちゃん
スゲーナスゴイデスのジョーカーに宿る精霊であり、「スゲーナスゴイデスのトランプの精」を略してスゲトラちゃん。彼が宿っているジョーカーこそが魔法の源にして、マカオとジョマの命そのものでもある。
物語後半、しんのすけがジョーカーを持って呪文を唱えたことから出現する。「お客さんの大事な時間を使わないため」と話し、時間を止めてからしんのすけに質問したところ、「マカオとジョマを倒したい」と返答が来たので、その方法としてジョーカーをヘンダー城の上にあるステンドグラスにかざすという事を教えた。彼曰く「マカオとジョマを倒したいというのは“通”」との事。
雛形あきこ
実在する女優(公開当時はグラビアアイドル)。しんのすけは「おヒナ」と呼んでいる。トランプの使い方をトッペマから教えてもらう際や、みさえやひろしが魔法のトランプの効果を信じられない際、しんのすけがトランプで呼んだ相手。しんのすけの願望が反映しているため、いつもビキニで登場して自己紹介をする。本人が声を担当している他、当映画のエンディングテーマを唄っている。

登場する地名・道具編集

群馬ヘンダーランド
群馬県で新しくオープンしたテーマパーク。3つのエリアに分かれており、吊り橋や鉄道等で行き来する。
表向きは遊園地だが、実は異世界からやってきたオカマ魔女達がしんのすけ達の世界を乗っ取る為に建てた基地である。
オカマ魔女消滅後、元に戻ったメモリ・ミモリ姫やゴーマン王子と共に異世界に転送された。
ヘンダー鉄道
ヘンダーランドに入って最初に訪れる場所。猿型ロボットが運転している。町中や海中トンネルを通って移動する。
おとぎの森
動物や喋る木の住む森のエリア。飛行船に乗る駅がある。
ヘンダータウン
ヘンダーキャラクターの住む町のエリア。中世ヨーロッパをモチーフにしており、港には海賊船がある。
プレイランド
ジェットコースター等のアトラクションがあるエリア。
地底超特急
プレイランドに着いたふたば幼稚園一行が最初に乗ろうとしたアトラクション。ここへ向かう前にしんのすけは迷子になった為、詳細は不明。
ヘンダー城
ヘンダータウンとプレイランドの間に建っている城。オカマ魔女たちのアジト。城内ではトランプ以外の魔法が制限されている為、オカマ魔女達は魔法が使用できない。オカマ魔女消滅後、城は崩壊した(しんのすけ達は城の緊急脱出装置で脱出した)。
スゲーナ・スゴイデスのトランプ
魔法のトランプ。トランプを持って念じながら「スゲーナ・スゴイデス」と唱えるとあらゆる魔法が使える。誰でも使えるが、トランプの魔法を信じるハートのある人間でないと真の力が発揮されない。また、私利私欲のために使うと魔法が早く解けてしまう[6]。魔法は一枚につき一回であり、使用すると消滅する。
元々はオカマ魔女が所持していたが、トッペマがジョーカー以外を奪い、人間であるしんのすけに渡される。
その後、しんのすけ達が16枚使用し、残りの36枚はオカマ魔女とのババ抜きに使用される。
トランプのジョーカー
魔法の源であり、オカマ魔女の命そのもの。そのためこのカードだけは使うことが出来ない。
他のトランプとは違い、オカマ魔女はこのジョーカーだけは大切に持っていた。しかし、野原家とのババ抜きでこのジョーカーを入れてしまった事が仇となり、しんのすけの手に渡ってしまう。カードの秘密を知ったしんのすけによって城の天辺のステンドグラスにはめられ、ジョーカーは消滅した。

キャスト編集

スタッフ編集

原画編集

主題歌編集

  • オープニング - 「パカッポでGO!
  • 挿入歌 - 「変だ変だよ、ヘンダーランド」
  • エンディング - 「SIX COLORS BOY」
    • 作詞 - 麻倉真琴/作曲、編曲 - 浅倉大介/歌 - 雛形あきこ(ビクターエンタテインメント
      前作まで存在した上映終了時のエンドカードは廃止され、本編終了時に「おしまい」の文字を表示、エンディングの最後は制作会社と同時に著作権もクレジットして終了する。

VHS・DVD編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)554頁
  2. ^ 本郷は12年後の第16作『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』で再び監督を務めている。
  3. ^ 劇中に登場するヘンダーランドのテレビコマーシャルでは「東北自動車道館林インターチェンジから30分。または東武桐生線ヘンダーランド駅下車」と紹介されている。ヘンダーランド駅は架空の駅であり実在しない。
  4. ^ この光景を見ていたひろしはかなり羨ましがっていた。
  5. ^ しんのすけは当初、ス・ノーマンと意気投合していたが、途中で悪人だと気付いた。また、ひとしとてるのぶにいじめられていた所をス・ノーマンに助けられ、しんのすけのことを聞かれたマサオも「あまり良い人じゃないような気がする」と違和感を感じていた。
  6. ^ 例として、魔法の存在を信じさせるために水着姿の雛形あきこを召喚しても、しんのすけの私利私欲の願いと見做され、早く解けてしまう。目的地を目指したり、敵と勝負するために乗り物や阿波踊りの衣装に変身した場合は長く持続する。

外部リンク編集