メインメニューを開く

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランドの大冒険!』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ シネマランドのだいぼうけん)は、インティ・クリエイツが開発し、バンプレスト(後のバンダイナムコエンターテイメント)より2004年4月16日に発売されたゲームボーイアドバンス用ゲームソフト。

クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ シネマランドの大冒険!
ジャンル 横スクロールアクションゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 インティ・クリエイツ
発売元 バンプレスト(後のバンダイナムコエンターテイメント
シリーズ クレヨンしんちゃん
メディア カセット
発売日 日本の旗2004年4月16日
スペインの旗2005年12月25日
対象年齢 CERO:全年齢対象
テンプレートを表示

臼井儀人原作の『クレヨンしんちゃん』のキャラクターたちが動く横スクロールアクションゲーム(一部ボイスあり)。

概要編集

近所に新しくオープンしたカスカベ・シネマランドに遊びに来た野原一家は、選んだ映画の世界を冒険できるアトラクション「バーチャル・シネママシン」で遊ぶことになった。

ゲーム発売当時までに公開された映画11作品(2003年の『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』までと、同時期公開の『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』をモチーフにしたミニゲーム)のダイジェストと、ストーリーに則したステージ(ステージによってはボス戦もあり)をクリアしていく。

アクション仮面などのコスプレアクションと、野原一家の助けを呼ぶファミリーアクションを駆使してステージを進む。ステージ途中かすかべ防衛隊からヒントをもらえる。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランド カチンコガチンコ大活劇!編集

クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ シネマランド
カチンコガチンコ大活劇!
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 バンプレスト(後のバンダイナムコエンターテイメント)
シリーズ クレヨンしんちゃん
メディア DSカード
発売日  2008年3月20日
 2008年12月5日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランド カチンコガチンコ大活劇!』は、バンプレストより2008年3月20日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。バンプレスト最後のゲームタイトルであった。

GBA版の移植だが、新たにGBA版ではミニゲームのみだった映画12作目(『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』)から15作目(2007年の『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』)までのステージ+第16作目『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』をモチーフとしたミニゲームを追加したほか、追加ステージにはタッチペンを使ったミニゲームが採用されている。

また、一部の劇場版キャラクター達に声が付いており、基本的に声優はライブラリ出演であるため、ゲーム発売時には故人となっていた声優が担当したキャラクター達も喋る。


登場キャラクター編集

野原家編集

GBA版とDS版両方ともボイスあり。

その他のキャラボイス(GBA版のみ)編集

主に敵キャラのボイスを担当。

その他のキャラクター編集

一部のキャラのボイスはDS版のみ。

劇場版キャラクター編集

ボイスはDS版のみ。基本的にはライブラリ出演であるが、新収録のものには☆をつけた。

アクション仮面VSハイグレ魔王編集

ブリブリ王国の秘宝編集

雲黒斎の野望編集

ヘンダーランドの大冒険編集

暗黒タマタマ大追跡編集

電撃!ブタのヒヅメ大作戦編集

爆発!温泉わくわく大決戦編集

嵐を呼ぶジャングル編集

嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲編集

嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦編集

嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード編集

DS版限定劇場版キャラクター編集

嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ編集

伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃編集

伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!編集

嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!編集

その他の劇場版キャラクター編集

声はなし。

  • Tバック男爵
  • ス・ノーマン・パー
  • サタケ
  • ケツだけ星人

ゲームオリジナルキャラクター編集

声はDS版のみ。

  • 支配人(声 - 飯塚昭三
    • GBA版のラスボス。アトラクション「バーチャル・シネママシーン」の支配人。
  • シネ魔人(声 - 野沢那智)
    • DS版のラスボス。なんでも願いを叶える力「シネマジックエネルギー」が実体化した存在。
  • ナレーション(声 - 増岡弘)

外部リンク編集