クロコダイル・ダンディー in L.A.

クロコダイル・ダンディー in L.A.』(Crocodile Dundee in Los Angeles)は、サイモン・ウィンサー監督、ポール・ホーガン製作・主演による2001年の映画である。『クロコダイル・ダンディー』シリーズの第3作であり、『クロコダイル・ダンディー2』(1988年)以来13年ぶりとなる続編である。

クロコダイル・ダンディー in L.A.
Crocodile Dundee in Los Angeles
監督 サイモン・ウィンサー
脚本 マシュー・ベリー
エリック・エイブラムス
原作 キャラクター創造
ポール・ホーガン
製作 ポール・ホーガン
ランス・フール
製作総指揮 キャシー・モーガン
ジム・リーヴ
スティーヴ・ロビンス
出演者 ポール・ホーガン
リンダ・コズラウスキー
ジェレ・バーンズ
ジョナサン・バンクス
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
撮影 デヴィッド・バー
編集 テイラー・ハートフォード
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
世界の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 オーストラリアの旗 2001年4月12日
アメリカ合衆国の旗 2001年4月18日
日本の旗 2001年6月30日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
興行収入 $39,438,674[1]
前作 クロコダイル・ダンディー2
テンプレートを表示

あらすじ編集

クロコダイル・ダンディーことミック・ダンディーは、妻のスーと息子のマイキーと共に故郷のオーストラリアで暮らしていたが、ワニ狩が禁止となり、今ではツアー・ガイドに転職していた。あるとき、スーが転勤することとなり、ダンディー一家はロサンゼルスへと移ることとなる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
マイケル・J・"クロコダイル"・ダンディー ポール・ホーガン 小島敏彦 樋浦勉
スー・チャールトン リンダ・コズラウスキー 堀越真己 弘中くみ子
アーナン・ロスマン ジェレ・バーンズ
ミロス・ドラブニック ジョナサン・バンクス
ジャッコ アレック・ウィルソン 辻親八 谷昌樹
ナゲット ジェリー・スキルトン
ドンク スティーヴ・ラックマン
マイキー・ダンディー サージ・コックバーン 増田ゆき 小桜エツコ
ジーン・フェラーロ アイダ・タートゥーロ
ディエゴ ポール・ロドリゲス
ミス・マシス ケイトリン・ホプキンス
本人役 マイク・タイソン 小池浩司
本人役 ジョージ・ハミルトン
  • 日本語吹替1 - ソフトに収録。
  • 日本語吹替2 - 詳細不明。廉価版DVDのパッケージに誤って記載されている。

評価編集

Rotten Tomatoesでは79個のレビューで11%の支持率であり、平均点は10点満点で3.6点となった[2]第22回ゴールデンラズベリー賞では最低リメイク・続編賞にノミネートされた[3]

参考文献編集

  1. ^ Crocodile Dundee in Los Angeles”. Box Office Mojo. 2011年9月19日閲覧。
  2. ^ Crocodile Dundee in Los Angele (2001)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年9月19日閲覧。
  3. ^ 2001 RAZZIE® Nominees & "Winners”. ゴールデンラズベリー賞財団. 2011年9月19日閲覧。

外部リンク編集