クロノス』( 原題:La invención de CronosCronos )は、1992年に製作されたメキシコホラー映画ギレルモ・デル・トロ監督。

クロノス
La invención de Cronos
"Cronos" logo.png
監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 ギレルモ・デル・トロ
製作 ベルサ・ナヴァロ
アーサー・H・ゴーソン
アーサー・ゴーソン
出演者 ロン・パールマン
音楽 ハヴィエル・アルヴァレス
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
配給 オンリー・ハーツ
公開 メキシコの旗 1993年12月3日
日本の旗 1998年2月13日
上映時間 92分
製作国 メキシコの旗 メキシコ
言語 スペイン語
英語
テンプレートを表示

ビデオ題は、『クロノス/寄生吸血蟲』。

ストーリー編集

1536年、錬金術師のウベルト・フルカネリ宗教裁判所から逃れるためにメキシコへ渡り、総督ご用達の時計師になった。彼はそこで永遠の生命の鍵となるものを作り、それを「クロノス」と名付けた。

時は流れ、400年後の1937年、丸天井が崩れ心臓に一撃を負った男がいた。肌は死人のように白かった。彼は「スオ・テンポーリ(時は永遠なり」という言葉を残して息絶えた。警察が捜査したが、何も公表されなかった。「クロノス」について触れられているものも何一つなかった。。。

古物商を営む初老の男ヘススは、ある日、売り物の天使像の中から奇妙な金属機械を見つける。彼がそれをいじると、それは時計のように動き出し、中から飛び出した針が彼の手を貫いた。やがてヘススはその針に刺されることに快感を覚え、また血への渇きを抱くようになった。また恋人のメルセデスは彼が若返っていることに気付く。 同じ頃、彼の店にアンヘルという男が訪れ、天使像を買っていく。だが、機械がその中にないことを知ると、アンヘルと彼を操るその伯父のクラウディオはその機械ークロノスーを渡すようヘススに要求した。 ヘススが申し出を断ると、クラウディオはクロノスを奪うようアンヘルに命じる。クラウディオを疎ましく思うアンヘルはヘススを始末することで命令を果たそうとするが、殺されたヘススは火葬場から姿を消す。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

関連項目編集

外部リンク編集