クロピヴニツキー

クロピヴニツキーウクライナ語: Кропивницький [kropɪu̯ˈnɪtsʲkɪj] ( 音声ファイル))はウクライナキロヴォフラード州の州庁所在地である。2021年の人口は222,695人[1]。2016年7月14日を以てキロヴォフラードКіровоград)から改称された。

クロピヴニツキー
Кропивни́цький
クロピヴニツキー市役所
クロピヴニツキー市役所
クロピヴニツキーの市旗 クロピヴニツキーの市章
市旗 市章
位置
クロピヴニツキーの位置の位置図
クロピヴニツキーの位置
座標 : 北緯48度30分 東経32度16分 / 北緯48.500度 東経32.267度 / 48.500; 32.267
歴史
建設 1754年
行政
 ウクライナ
 行政区画 キロヴォフラード州の旗 キロヴォフラード州
 ラヨン クロピヴニツキー地区
 市 クロピヴニツキー
市長 Andriy Raiykovych
地理
面積  
  市域 103 km2
標高 124 m
人口
人口 (2021年現在)
  市域 222,695人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 25000-25490
市外局番 +380 522
公式ウェブサイト : https://kr-rada.gov.ua/

歴史編集

ウクライナがモスクワ大公国ロシア帝国によって併合されると、聖エリザヴェータに因んで命名された「聖エリザヴェータ要塞」(форт Святой Елизаветы)が建設された。1784年にエリザヴェトグラード(Елизаветград)と命名された。

ロシア革命後の1924年に同地の出身であるグリゴリー・ジノヴィエフに因んでジノーヴィエフスク(Зиновьевск)と改称されたが、1934年、ジノヴィエフの失脚に伴い、ジノヴィエフによって暗殺されたとされていたセルゲイ・キーロフに因んだキーロヴォ(Кирово)に改称された。その後、1939年にソ連とウクライナ・ソヴィエト社会主義共和国の最高議会の同意に基づきキロヴォグラード(Кировоград)と改められた。1991年にウクライナが独立すると、ロシア語を公用語から排除した同国の方針に従い正式な表記はウクライナ語に改められ、キロヴォフラードとなった。

キロヴォフラードからの改称編集

キロヴォフラードと改称された後も、旧称のエリザヴェトグラード(ウクライナ語では「エリザヴェトフラード」となる)などへの名称変更を訴える声が多く出ていた。

その後、2014年クリミア危機による反ロシアの機運と共に、ウクライナの脱共産主義化英語版を訴える声が一層高まった。2015年5月15日に共産主義・ナチズムプロパガンダ禁止法が制定され、ソ連時代に由来する地名を6か月以内に改称するよう規定されたことからキロヴォフラードに代わる新名称を巡る議論が高まった。上記のエリザヴェトグラードは国民から76.6%の支持を得たものの、ロシア由来のためヴェルホーヴナ・ラーダは認めないとみられた[2]。同年12月23日にヴェルホーヴナ・ラーダは近くを流れるインフレツィ川に基づく「インフルスク」の名称を提唱[3]。その後、2016年3月31日、ヴェルホーヴナ・ラーダの国家建設・地域政策・地方自治委員会は、キロヴォフラードの近くで生まれた劇作家・俳優のマルコ・クロピヴニツキーウクライナ語版にちなんで「クロピヴニツキー」と改称するよう提唱[4]。この提案は同年7月14日に正式に承認された[5][6]

産業編集

クロピヴニツキー出身者編集

姉妹都市編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Number of Present Population of Ukraine”. State Statistics Service of Ukraine. 2022年7月3日閲覧。
  2. ^ Ukrainian Parliament introduced a bill to ban all Russian geographic names starting from the XIV century
  3. ^ Комитет Рады предлагает переименовать Кировоград в Ингульск, - Вятрович”. Censor. 2015年5月21日閲覧。
  4. ^ (ウクライナ語) Profile Committee of the Council decided on a new name for Kirovohrad, Ukrayinska Pravda (31 March 2016)
  5. ^ (ウクライナ語) Verkhovna Rada renamed Kirovograd, Ukrayinska Pravda (14 July 2016)
  6. ^ Офіційний портал Верховної Ради України”. 2016年7月20日閲覧。

外部リンク編集