クロモン(Chromone)は、ベンゾピランの誘導体で、ピラン環にケト基が置換している。クマリン異性体である。

クロモン
識別情報
CAS登録番号 491-38-3 チェック
PubChem 10286
ChemSpider 9866 ×
ChEBI
ChEMBL CHEMBL13311 ×
特性
化学式 C9H6O2
モル質量 146.14 g mol−1
酸解離定数 pKa -2.0 (共役酸)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロモンの誘導体は、総称してクロモン類として知られる。全てではないがほとんどのクロモン類化合物は、フェニルプロパノイドでもある。

編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Eucryphin, a new chromone rhamnoside from the bark of Eucryphia cordifolia. R. Tschesche, S. Delhvi, S. Sepulveda and E. Breitmaier, Phytochemistry, Volume 18, Issue 5, 1979, pages 867-869, doi:10.1016/0031-9422(79)80032-1
  2. ^ HOWELL, J.B. & ALTOUNYAN, R.E. (1967). A double-blind trial of disodium cromoglycate in the treatment of allergic bronchial asthma. Lancet, 2, 539–542. Abstract

外部リンク編集