メインメニューを開く

モンデリーズ・ジャパン

クロレッツから転送)

モンデリーズ・ジャパン株式会社は、食品製造等を営む日本企業で、アメリカの食品メーカー・モンデリーズ・インターナショナル(旧クラフトフーズ)の日本法人。

モンデリーズ・ジャパン株式会社
Mondelēz Japan Limited
本社が入居する品川シーサイドイーストタワー
本社が入居する品川シーサイドイーストタワー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川4丁目12-8
品川シーサイドイーストタワー13階
設立 1978年1月10日
(キャドバリー・ジャパン株式会社)
業種 食料品
法人番号 7010701014638
事業内容 菓子類製造及び販売
代表者 代表取締役社長 ガネッシュ・カシャップ
資本金 4億5,000万円(2018年12月31日現在)
純利益 11億9200万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 187億8500万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 255人(2013年6月1日現在)
決算期 12月31日
主要株主 モンデリーズ・インターナショナル
主要子会社 名糖アダムス株式会社
関係する人物 リアン・カッツ(元社長)
外部リンク http://jp.mondelezinternational.com/home
テンプレートを表示

概要編集

モンデリーズ・ジャパンは、1978年にイギリスの食品メーカー・キャドバリーの日本法人、キャドバリー・ジャパンとして創業した。2002年には製薬大手のファイザーが保有していた旧ワーナー・ランバート(2002年時点ではファイザー・コンシューマー・インク有限会社)の菓子部門である「アダムス (ADAMS)」ブランドを買収し、2007年には「テイカロ」ブランドで知られる三星食品に対し友好的株式公開買付けを実施し完全子会社とし、三星食品はキャドバリーグループの傘下に入った。2008年3月から12月にかけて製造以外の全業務をキャドバリー・ジャパンに順次統合、三星食品は製造子会社となった。

2010年にクラフトフーズがキャドバリーを買収したことにより2011年1月に日本クラフトフーズに社名を変更したが、この時点ではクラフトフーズブランドの商品ライセンスについては以前から存在していたクラフトフーズの日本法人・クラフトフーヅジャパンが引き続き取り扱っていたため、2つの日本法人が併存する形になっていた。しかし同年12月1日にクラフトフーヅジャパンのグローサリー・ライセンシング事業が日本クラフトフーズに移管されたことにより、実質的に日本法人が一本化された[2]

「クロレッツ」25周年・「リカルデント」10周年・「ホールズ」30周年(ともに日本発売開始から)と主力ブランドが一斉に節目を迎えた2010年、ガムの新規大型ブランド「ストライド」を投入した。大型ブランドの日本市場への新規投入は実に7年振り。5月から「フォーエバー フルーツ」「エンドレス ミント」の2種類を発売、当初の年間販売目標を大きく超えるヒットとなった。しかし急激な売れ行きに生産が追いつかず、「エンドレス ミント」は一時期コンビニ限定販売となり、「フォーエバー フルーツ」に至っては6月以降全面的に販売休止となった。その後製造元である名糖アダムスの新工場稼働などで供給が安定したことから、「エンドレス ミント」は11月よりコンビニ以外でも販売を再開、「フォーエバー フルーツ」も翌2011年2月28日より販売を再開した。

2012年1月、日本クラフトフーズが輸入・販売していたチョコレートブランド「キャドバリー」「プーラン (Poulain)」(フランス・キャドバリー社が1988年に買収)の販売を明治グループマルチフッド・インターナショナル[3]、「トレファン (Trefin)」(ベルギー) の販売を輸入菓子専門店の巴商事にそれぞれ移管[3]。菓子事業はガム・キャンデーに特化した。

親会社のクラフトフーズが2012年10月に「モンデリーズ・インターナショナル」に商号変更した後も、モンデリーズからスピンオフした「クラフトフーズ・グループ」が権利を持つクラフトブランドのチーズも扱っていることから、引き続き「日本クラフトフーズ」の商号を使用していたが、2013年7月に現社名に商号変更[4]。同年11月1日に三星食品から社名変更していたモンデリーズ三星を合併した[5]

2015年10月には「メントス」の日本での販売をクラシエフーズ株式会社に移管した。

2016年9月1日より、モンデリーズインターナショナルと提携していたヤマザキナビスコとの契約関係を解消(同時にヤマザキナビスコは社名を「ヤマザキビスケット」に商号変更)し、同社とライセンス契約を結んで製造していた商品のリッツ、プレミアム、オレオの3銘柄について、ヤマザキナビスコから販売権を委譲して当社から販売される[6][7]。なお、日本でのチップスアホイ!は引き継がれずそのまま終売となった。

2017年12月29日付で、「キシリクリスタル」の製造・販売権を春日井製菓株式会社に譲渡した。三星食品時代からの製造工場は新設された子会社の春日井製菓相生が運営する相生工場となった。

沿革編集

旧ワーナー・ランバート編集

  • 1960年 - 桜薬品工業株式会社 創業。
  • 1968年 - 日本ワーナー・ランバート株式会社に社名変更。
  • 1980年 - ワーナー・ランバート株式会社に社名変更。
  • 2000年 - ワーナー・ランバート・インク株式会社に社名変更。
  • 2002年 - ファイザー・コンシューマー・インク有限会社に社名変更。
  • 2002年 - アダムス事業をキャドバリー・ジャパンに譲渡、会社はファイザーに吸収合併され消滅。

旧ヤマザキナビスコ編集

  • 1970年 - ヤマザキナビスコ株式会社 創業。
  • 2016年 - リッツ、プレミアム、オレオの販売を引き継いで、モンデリーズ・ジャパンに譲受。

旧キャドバリー編集

  • 1978年 - キャドバリー・ジャパン株式会社 創業。
  • 2002年 - ファイザー・コンシューマー・インクからアダムス事業を譲受。

旧日本クラフトフーズ編集

  • 2011年1月 - 日本クラフトフーズ株式会社に社名変更。
  • 2011年12月 - クラフトフーヅジャパンからグローサリー・ライセンシング事業を移管。
  • 2012年1月 - チョコレート3ブランド(キャドバリー・トレファン・プーラン)の輸入・販売を他社に移管。

モンデリーズ・ジャパン編集

  • 2013年7月 - モンデリーズ・ジャパン株式会社に社名変更。
  • 2013年11月 - モンデリーズ三星を合併。
  • 2015年10月 - 「メントス」の輸入・販売をクラシエフーズへ移管。
  • 2016年3月 - 「バブリシャス」ブランドの商品販売終了。
  • 2016年9月 - ヤマザキナビスコ(現・ヤマザキビスケット)との契約終了に伴い、同社からオレオリッツ、プレミアムの販売を引き継ぐ[8][9]
  • 2017年10月 - 春日井製菓にキシリクリスタルブランドの製造・販売権を譲渡することで合意[10]。同年12月に春日井製菓にキシリクリスタルブランドの製造・販売権を譲渡[11]

取り扱い製品・ブランド編集

  • キャドバリー系
  • アダムス系(現在)
    • クロレッツ - ガム
    • リカルデント - ガム
    • ホワイティーン - チューインキャンディー
    • ホールズ
  • アダムス系(過去[ワーナー・ランバート時代])
    • トフィール - チューインキャンディー
    • トライデント - シュガーレスガム
    • 2in1 - チューインガム
    • アルペンワイズ - ハーブキャンディー
    • トレンディ - チューインキャンディー(1987年頃、静岡県のみで発売)
    • チュピ - キャンディー
    • カルボーン - カルシウム成分配合のスナック菓子
  • ナビスコ系

過去の取り扱い製品編集

広告等編集

提供番組編集

現在

過去

CM出演者編集

現在

過去

出典編集

  1. ^ a b モンデリーズ・ジャパン株式会社 第40期決算公告
  2. ^ 日本クラフトフーズ、クラフトフーヅジャパン事業を統合 グローサリーなど集約日本食糧新聞、2011年11月9日)[リンク切れ]
  3. ^ a b サイト移転のお知らせ 旧キャドバリー・ジャパンHP跡地
  4. ^ 「モンデリーズ・ジャパン株式会社」本日より始動”. モンデリーズ・ジャパン (2013年7月1日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  5. ^ 「モンデリーズ・ジャパン株式会社」と「モンデリーズ三星株式会社」が合併”. モンデリーズ・ジャパン (2013年10月1日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  6. ^ ライセンス契約終了に伴う商号変更等のお知らせ (PDF)”. ヤマザキナビスコ (2016年2月12日). 2016年2月12日閲覧。
  7. ^ 「オレオ」、「リッツ」、「プレミアム」、ついに2016年9月12日(月)より発売開始 「三國シェフがあなたに贈る至福のディップタイムプレゼントキャンペーン」も実施 - モンデリーズジャパン、2016年9月6日
  8. ^ “「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了”. ITmedia. (2016年2月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/12/news111.html 2016年2月12日閲覧。 
  9. ^ “山崎パン、ヤマザキナビスコの商号変更 米社との契約終了で”. 日本経済新聞. (2016年2月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HED_S6A210C1000000/ 
  10. ^ 春日井製菓、キシリクリスタルの製造・販売権取得合意”. LOGISTICS TODAY (2017年10月13日). 2017年11月3日閲覧。
  11. ^ 「キシリクリスタル」事業譲渡のお知らせモンデリーズ・ジャパン
  12. ^ 日本クラフト・パルメザンチーズ「パルメ ハッケン!キッチン!」サイト

関連項目編集

外部リンク編集