メインメニューを開く

クロヴィス3世 (フランク語:Clovis 生年不詳 - 676年)は、アウストラシア王675年 - 676年)。おそらくテウデリク3世クロヴィス2世の子であるが、アウストラシアの貴族はクロタール3世の嫡出児であると主張している。

クロヴィス3世
Clovis III
アウストラシア
Portrait Roi de france Clovis III (sic).jpg
在位 675年 - 676年

死去 676年
王朝 メロヴィング朝
父親 テウデリク3世クロヴィス2世クロタール3世もしくは不明
母親 不明
テンプレートを表示

在位編集

675年にキルデリク2世が暗殺されると、宮宰ウルフォアルドが推したダゴベルト(後のダゴベルト2世)を押しのけて他の貴族によりクロヴィス3世が推戴された。この時、元ネウストリア宮宰で幽閉されていたエブロインが脱出し、クロヴィス3世のもとに参じた。おそらくこれは、ネウストリアとブルグンディアを押さえていたテウデリク3世ピピン2世の対抗馬としてクロヴィス3世を利用することを意図したものだったが、これは実現しなかった。

クロヴィス3世は喝采のうちに即位したが、大貴族たちに操られ、自分の意志で何もできぬまま翌676年に死去し、ダゴベルト2世が跡を継いだ。クロヴィス3世の出自は分かっておらず、メロヴィング家の人間でなかった可能性すらある。そのため、クロヴィス3世は正式なフランク人の王に数えられないことも多い。

参考文献編集