メインメニューを開く

クロード・ゴレッタClaude Goretta1929年6月23日 - 2019年2月20日)は、スイス映画監督脚本家テレビプロデューサーである。兄はレポーターのジャン=ピエール・ゴレッタ

Claude Goretta
クロード・ゴレッタ
クロード・ゴレッタ
生年月日 (1929-06-23) 1929年6月23日
没年月日 (2019-02-20) 2019年2月20日(89歳没)
出生地 スイスの旗 スイス ジュネーヴ
死没地 スイスの旗 スイス ジュネーヴ
職業 映画監督脚本家テレビプロデューサー
ジャンル 映画テレビ番組
活動期間 1957年 - 2019年
著名な家族 ジャン=ピエール・ゴレッタ
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1929年6月23日、スイスのレマン湖畔ジュネーヴに生まれた。ジュネーヴ大学に進み、法学を修めた。1950年代の初めに、同学で知り合ったのちの映画監督アラン・タネールとともにシネクラブを設立した。その後、渡英し、ロンドン英国映画協会の講座で学ぶ。タネールもともに渡英し、同協会でフィルム・アーカイヴ関係の仕事をみつけた。

1957年、タネールと共同監督で撮った短篇映画『ピカデリーの夜 Nice Time』がロカルノ国際映画祭で金豹賞を受賞[1]。同作は、ロンドンのピカデリーサーカスのナイトライフを描いたもの。

1958年、スイスに戻り、テレヴィジオン・スイス・ロマンドTSR)で働き、とくにプロデューサーとしてドキュメンタリー番組『Continents sans visa』を製作した。

1968年、タネール、ミシェル・ステージャン=ルイ・ロワジャン=ジャック・ラグランジュ1971年脱退、イヴ・イェルサン加入)とともに映画製作会社「グループ5 Le Groupe 5」を設立した[2]1970年グループ5とTSRの共同製作により、長篇第一作『Le Fou』を発表。同作はもっともスイス的な映画であるとして、スイス批評家連盟賞を受けた。

単純なコメディと人をデリケートに描くゴレッタのタッチは、すぐに国際的に認められるようになる。次の長篇映画『招待 L'Invitation』で、1973年第26回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。ついで、1977年、『レースを編む女』で第30回カンヌ国際映画祭でエキュメリック賞を受賞。当時ほとんど無名だったイザベル・ユペールは、このときを境にスターダムへとのぼった。1983年、『マリオ・リッチの死 La Mort de Mario Ricci』は、第36回カンヌ国際映画祭で、主演のジャン・マリア・ヴォロンテ男優賞に輝いた。連続テレビ映画の『シムノン・アワー L'Heure Simenon』の一作、『Der Bericht des Polizisten』は、1987年モンテカルロ映画祭で賞を受けた。

1990年代前半には、フランス、ベルギー、スイスの放送局が合同で製作した、ブリュノ・クレメールを主演としたテレビ映画『新・メグレ警視 Maigret』シリーズは、ヨーロッパで人気を博した。ゴレッタの映画は、ルイス・ブニュエルジャン・ルノワールとに関係があると、映画記号論者はくりかえし指摘している。

日本では、『レースを編む女』がかろうじて公開されているだけで、このヌーヴェルヴァーグと同世代のスイス映画の巨匠を、いまだに知ることができていない。タネールらとの「グループ5」時代に国際的な名声を獲得、プロデューサーのイヴ・ガッセーイヴ・ペイロの目にとまり、早速『Pas si méchant que ça』(1974年)を監督する機会を得るなど、もっともグループ5の機能を効率よく利用でき、大きい作品で勝負できた監督である。 なお、77歳の時に発表した「サルトル 受難の時代」を最後に現役から遠ざかっていた。

2019年2月20日、ジュネーブの自宅で死去。89歳没[3]

フィルモグラフィー編集

編集

  1. ^ 仏語版WikipediaClaude Gorettaの「カンヌ」は明白な誤りなので修正した。カンヌ公式Claude Gorettaを参照。
  2. ^ 仏語版WikipediaClaude Gorettaでは設立メンバーが誤りなので修正した。
  3. ^ “Décès du cinéaste suisse Claude Goretta” (フランス語). Le Paricien. (2019年2月21日). http://www.leparisien.fr/culture-loisirs/deces-du-cineaste-suisse-claude-goretta-21-02-2019-8017026.php 2019年2月22日閲覧。 

外部リンク編集