メインメニューを開く

クローマー伯爵: Earl of Cromer)は、イギリス伯爵位。連合王国貴族

イギリスの半植民地エジプトの統治にあたっていたイヴリン・ベアリング1901年に叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

1882年9月、エジプトオラービー革命鎮圧のために侵攻してきたイギリス軍によって占領され、以降イギリスの半植民地状態におかれた。1883年9月には銀行家一族ベアリング家出身のイヴリン・ベアリング(1841-1917)エジプト総領事英語版に就任し、実質的なエジプト統治者となった。彼は1907年の退任までエジプト行政改革に辣腕をふるい、エジプトを強力に支配した[1]

この在任中にイヴリンに対してしばしば叙爵があった。1892年6月20日には「カウンティ・オブ・ノーフォークにおけるクローマーのクローマー男爵(Baron Cromer, of Cromer in the County of Norfolk)」、1899年1月25日には「カウンティ・オブ・ノーフォークにおけるクローマー子爵(Viscount Cromer, in the County of Norfolk)」、そして1901年8月8日には「カウンティ・オブ・ノーフォークにおけるクローマー伯爵(Earl of Cromer, in the County of Norfolk)」と「カウンティ・オブ・ノーサンバーランドにおけるヘクサムのエリントン子爵(Viscount Errington, of Hexham in the County of Northumberland)」を与えられた(すべて連合王国貴族爵位)[2]

初代クローマー伯の死後、爵位は長男ローランド・トマス・ベアリング英語版(1877-1953)によって継承された[3]。また初代クローマー伯の三男チャールズ・イヴリン英語版(1903-1973)南ローデシア総督英語版(在職1942-1944)やケニア総督英語版(在職1952-1959)を務めるなど植民地行政官として活躍したため、1960年に兄とは別に連合王国貴族「カウンティ・オブ・ノーサンバーランドにおけるホウィックのグレンデールのホウィック男爵(Baron Howick of Glendale, of Howick, in the County of Northumberland)」に叙されている[4]

2代クローマー伯の長男である3代クローマー伯ジョージ・ローランド・スタンリー・ベアリング英語版(1918-1991)は、イングランド銀行総裁英語版(在職1961年-1966年)や駐米大使(在職1971年-1974年)を務めた[5]

2015年現在の当主はその長男である第4代クローマー伯イヴリン・ローランド・エズモンド・ベアリング(1946-)である。

一覧編集

クローマー男爵(1892年)編集

クローマー子爵(1899年)編集

クローマー伯(1901年)編集

法定推定相続人はエリントン子爵(儀礼称号)アレクサンダー・ローランド・ハームズワース・ベアリング1994年-)。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 山口(2005) p.215-228
  2. ^ Lundy, Darryl. “Major Rt. Hon. Evelyn Baring, 1st Earl of Cromer” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Major Rt. Hon. Evelyn Baring, 1st Earl of Cromer” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Charles Evelyn Baring, 1st Baron Howick of Glendale” (英語). thepeerage.com. 2015年2月28日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Lt.-Col. George Rowland Stanley Baring, 3rd Earl of Cromer” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。

参考文献編集

  • 山口直彦『エジプト近現代史』〈世界歴史叢書〉、2005年(平成17年)。ISBN 978-4750322384