クヴァルクヴァレ2世

サムツヘ公国のアタベグ

クヴァルクヴァレ2世ジャケリグルジア語: ყვარყვარე II ჯაყელიグルジア語ラテン翻字: Qvarqvare II Jaqeli1416年1498年)は、サムツヘ公国グルジア語版アタベグ(在位期間:1451年–1498年)。ジャケリ家グルジア語版の一員であり、父親はイヴァネ2世グルジア語版

クヴァルクヴァレ2世
ყვარყვარე II

在位期間
1451–1498
先代 アグブガ2世
次代 カイホスロ1世グルジア語版

出生 1416年
死亡 1498年
王室 ジャケリ家グルジア語版
父親 イヴァネ2世グルジア語版
子女
信仰 ジョージア正教会
テンプレートを表示

生涯編集

1447年、クヴァルクヴァレは兄のアグブガ2世に対して反乱を起こした[1]。サムツヘ公国は内戦状態となり、ジョージア王国はアグブガ2世を支援した[2]トビリシに避難したアグブガ2世が1451年に没すると[3]、ジョージア王ギオルギ8世はクヴァルクヴァレをサムツヘのアタベグとして認めた[2][4]

クヴァルクヴァレは父イヴァネ2世グルジア語版と同じ考えを持ち、サムツヘを独立した国家とすることを目指してジョージア王家と戦った[1]。クヴァルクヴァレはヴァルジアグルジア語版と王領を奪い、ギリシャ正教会府主教の助けを借りてエルサレムアンティオキアから聖職者を招聘し、サムツヘ正教会を独立正教会として宣言した[1]

1465年、クヴァルクヴァレはパラヴァニ湖近くの戦いでジョージア王ギオルギ8世に勝利した。クヴァルクヴァレはギオルギ8世を捕らえ、アハルツィヘに幽閉した。この後、サムツヘ公国はジョージア王国から独立した。クヴァルクヴァレはその後もジョージアの内戦に関与し続け、この結果ジョージア連合王国は崩壊に至った。

クヴァルクヴァレによる独立国としてのサムツヘ公国の統治は、公国を取り囲む強大なイスラム国家との戦争の繰り返しでもあった。1466年、1476年–1477年、1485年に白羊朝がサムツヘ公国へ大規模な攻撃を行い、1479年以降はオスマン帝国がサムツヘ公国の領地を侵食し始めた。一方でクヴァルクヴァレも各所で勝利を収めており、アルメニア語の文献によると1479年にクヴァルクヴァレ2世がエルズルム周辺の土地を荒らし、都市を従属的な立場に追いやったことが記されている[5]

クヴァルクヴァレは1498年に没し、ヴァルジアグルジア語版のアナヌリ教会に妻とともに埋葬されている。

注釈編集

  1. ^ a b c Rayfield 2012, p. 159
  2. ^ a b Salia 1980, p. 262
  3. ^ Beyazit 2012, p. 13
  4. ^ Brosset 1849, p. 207
  5. ^ Sharashidze 1961, pp. 81–82

参考文献編集

  • Brosset, Marie-Félicité (1849). Académie impériale des Sciences de Russie. ed. Histoire de la Géorgie depuis l'Antiquité jusqu'au XIXe siècle. I. Saint-Pétersbourg 
  • Rayfield, Donald (2012). Reaktion Books. ed (英語). Edge of Empires, a History of Georgia. Londres. ISBN 978-1-78023-070-2. https://books.google.com/books?id=PxQpmg_JIpwC&printsec=frontcover 
  • Salia, Kalistrat (1980). Nino Salia. ed (フランス語). Histoire de la nation géorgienne. Paris 
  • Beyazit, Denis (2012). At the Crossroads Of Empires: 14th–15th Century Eastern Anatolia. Paris: Institut Français d’Études Anatoliennes Georges 
  • Sharashidze, K. (1961). Sak‘art‘velos Istoriis Masalebi (XV-XVI ss.). Tbilisi: Mec‘nierebata Akademiis Gamomc‘emloba 
  • ლომსაძე შ., カルトリ・ソビエト百科事典, 第10巻, 638頁, トビリシ, 1986年.

外部リンク編集