クール&ザ・ギャング

アメリカ合衆国のバンド

クール&ザ・ギャングKool & the Gang)は、アメリカ合衆国出身の黒人音楽バンド

クール&ザ・ギャング
Kool & the Gang - Leverkusener Jazztage 2017-7377.jpg
ドイツ・レーバークーゼン公演(2017年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ジャージーシティ
ジャンル
活動期間 1964年 -
レーベル
公式サイト Kool & The Gang
メンバー
  • ロバート・"クール"・ベル
  • ジョージ・ブラウン
  • マイケル・レイ
  • カーティス・ウィリアムズ
  • ショーン・マッキラー
  • ケヴィン・ベル
  • ティモシー・ホートン
  • ラヴェル・エヴァンズ
  • ジャーメイン・ブライソン
  • ウォルト・アンダーソン
  • ラヴィ・ベスト
  • シェリー・ポール
旧メンバー
  • ロナルド・ベル
  • デニス・トーマス
  • クレイデス・チャールズ・スミス
  • ロバート・ミケンズ
  • リッキー・ウェスト
  • ラリー・ギテンズ
  • ドナルド・ボイス
  • アール・トゥーン
  • ケヴィン・ラシター
  • オーサ・ナッシュ
  • ロドニー・エリス
  • ウディー・スパロウ
  • クリフォード・アダムズ
  • ジェイムズ・"J.T."・テイラー
  • スキップ・マーティン
  • オディーン・メイズ
  • ルイス・テイラー

50年以上のキャリアを誇る、同国を代表するソウルグループの一つ。ロバートとロナルドのベル(ベイヤン)兄弟を中心に、近年は大所帯で活動している。

歴史編集

1964年ニュージャージー州にて、ベース奏者ロバート・"クール"・ベル、サクソフォーン奏者ロナルド・ベルのベイヤン兄弟を中心に結成。1969年に現行の「クール&ザ・ギャング」に改名しシングルデビュー。

結成当初はリード・ヴォーカルはおらず、ジャズ・ファンクを中心とした曲を演奏していた。デビュー後しばらくはヒットに恵まれなかったが、1973年「ファンキー・スタッフ:Funky Stuff」[2]Billboard誌が29位、以下Billboard誌のチャート最高位)が初のTop50入りを果たしブレイク。1974年、「ジャングル・ブギー:Jungle Boogie」[3]を発表、22週に渡りチャート圏内に入り最高4位まで上がる」[4]初のTOP10ヒットとなった。続く「Hollywood Swinging」(ハリウッド・スウィンギング、Hot100 6位)も大ヒット。彼らはこれらのヒットを契機に、一躍人気ファンクバンドとなった。

1977年には大ヒット映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラックに曲「オープン・セサミ」を提供した。1979年にジェームス・"JT"・テイラーが加入し、クロスオーバーのデオダート[5]制作の1980年「レイディーズ・ナイト:Ladies Night」(Hot100 最高8位、Black 3週連続1位)、「トゥー・ホット:Too Hot」(Hot100 最高5位、Black3位)など全米ポップ・チャートでもヒットを連発した。

1980年暮れに彼ら最大のヒットとなるシングル「セレブレーション:Celebration」(Hot100 2週連続1位、81年年間総合6位)を発表。81年のソウル・チャートで,6週連続1位を獲得する。この曲は、アメリカのイベントやパーティーなどでよく使用されてきた。その後1981年から1982年にかけ「テイク・マイ・ハート:Take My Heart (You Can Have It If You Want It)」(Hot100 17位、Black 1位)、「ゲット・ダウン・オン・イット:Get Down On It」(Hot100 10位、Black 4位)、「ステッピン・アウト」、「Big Fun」(Hot100 21位、Black 6位)とヒットを出した。 1983年には、「Joanna」(Hot100 2位、Black 1位、Adult Contemporary 2位)を発表。以降、1984年に「Tonight」(Hot100 13位、Black 7位)。1985年に「フレッシュ:Fresh」(Hot100 9位、Black 1位、Dance 1位、Adult Contemporary 5位)、「Misled」(Hot100 10位、Black 3位、Dance 9位)、「Cherish」(Hot100 2位、Black 1位、Adult Contemporary 1位)とヒットが続いた。

1986,87年には「Victory」(Hot100 10位、Black 2位)、「Stone Love」(Hot100 10位、Black 4位)がトップ10入りしたが、1988年にJTテイラーが脱退。その後、元ダズ・バンドのスキップ・マーティンがリードとして加入した。しかしグループは、80年代末以降ヒット曲に恵まれなくなってしまう。ソロとなったJTテイラーは、レジーナ・ベルとのデュエットなどを発表するが大きなヒットにはならず、1996年にグループに戻った。グループは、TOP10入り12曲の記録を残した。

音楽性編集

初期はリード・ヴォーカルはおらず、ファンクを中心としたインスト曲が多かった。さらにサウンドを強化し、73~74年ごろにファンク・バンドとして黄金期をむかえる。70年代末にJTテイラーがリード・ヴォーカルとして加入して以降、AOR、ソフトなダンス曲、ポップ寄りな曲が中心になり、歌謡ディスコ的なバンドになった。

彼等の楽曲はファンク、ダンス系とバラード系ほかがある。

  1. ファンク:"ファンキー・スタッフ:Funk Stuff"、"ジャングル・ブギー:Jungle Boogie"等のファンク期の楽曲、
  2. AOR/ディスコ:JTテイラー加入以後、"Too Hot"、"Ladies Night"等、AOR/ディスコ/クロスオーバーの影響を受けた楽曲。
  3. バラード:"Joanna"、"Cherish"等 - ポップ系、クワイエット・ストーム系の"Johanna"、"Cherish"は、いずれもビルボード2位。
  4. フュージョン:日本人受けする"サマー・マッドネス"がこれに当たる。

"Jones vs Jones" - この曲は離婚を題材とした曲である。当時アメリカでは「結婚しない女」「クレイマー、クレイマー」といった「女性の自立」「離婚」を題材にした映画が流行っており、"Jones vs Jones"はその流れの中で発表された。

オリジナルメンバー編集

在籍中

  • ロバート・"クール"・ベル(Robert "Kool" Bell、ムハンマド・ベイヤン)- ベース (1964– )
  • ジョージ・ブラウン(George Brown)- ドラムス (1964– )

死去

  • ロナルド・ベル(Ronald Bell,、ハーリス・ベイヤン)- テナーサックス (1964–2020) ♰RIP.2020[6]
  • デニス・トーマス(Dennis Thomas)- アルトサックス (1964–2021) ♰RIP.2021[7]
  • クレイデス・チャールズ・スミス(Claydes Charles Smith)- ギター (1964–2006) ♰RIP.2006
  • ロバート・ミケンズ(Robert "Spike" Mickens)- トランペット (1964–1986) ♰RIP.2010
  • リッキー・ウェスト(Ricky West)- キーボード (1964–1976) ♰RIP.1985

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • KOOL AND THE GANG (1970)
  • Live At The Sex Machine (1971, US 200 #122)
  • The Best Of Kool & The Gang (1971, US 200 #157)
  • Live At PJ's (1971, US 200 #171)
  • Music Is The Message (1972)
  • Good Times (1972, US 200 #142)
  • Wild And Peaceful (1973, US 200 #33)
  • Kool Jazz (1974, US 200 #187)
  • Light Of Worlds (1974, US 200 #63)
  • Kool & The Gang Greatest Hits (1975, US 200 #81)
  • SPRINT OF THE BOOGIE (1975, US 200 #48)
  • Love And Understanding (1976, US 200 #68)
  • Open Sesami (1976, US 200 #110)
  • Behind The Eyes (1976)
  • The Force (1978, US 200 #142)
  • Everybody's Dancin' (1978)
  • LADIES' NIGHT (1979, US 200 #13)
  • CELEBRATE! (1980, US 200 #10)
  • Something Special (1981, US 200 #12)
  • As One (1982, US 200 #29)
  • イン・ザ・ハート / IN THE HEART (1983, US 200 #29)
  • EMERGENCY (1984, US 200 #13)
  • FOREVER (1986, US 200 #25)
  • Everything's Kool & The Gang: Greatest Hits & More (1988, US 200 #109)
  • SWEAT (1989)
  • UNITE (1993)
  • The Best Of Kool & The Gang 1979-1987 (1994)
  • STATE OF AFFAIRS (1996)
  • Gangland (2001)
  • The Hits Reloaded (2004)
  • Still Kool (2007)

シングル編集

1969

  • Kool & The Gang (US HOT100 #59/R&B #19)
  • The Gangs Back Again (US HOT100 #85/R&B #--)

1970

  • Let The Music Take You Mind (US HOT100 #78/R&B #19)
  • Funky Man (US HOT100 #87/R&B #16)

1971

  • I Want To Take You Higher (US HOT100 #105/R&B #35)
  • Who's Gonna Take The Weight Pt. 1 (US HOT100 #113/R&B #28)

1972

  • Love The Life You Live Pt. 1 (US HOT100 #107/R&B #31)

1973

  • ファンキー・スタッフ:Funky Stuff (US HOT100 #29/R&B #5)

1974

  • ジャングル・ブギー:Jungle Boogie (US HOT100 #4/R&B #2)
  • ハリウッド・スウィンギング:Hollywood Swinging (US HOT100 #6/R&B #1)
  • Higher Plane (US HOT100 #37/R&B #1)

1975

  • Rhyme Tyme People (US HOT100 #63/R&B #3)
  • Sprit Of The Boogie / Summer Madness (US HOT100 #35/R&B #1)
  • Caribbean Festival (US HOT100 #55/R&B #6)

1976

  • Love And Understanding (Come Together) (US HOT100 #77/R&B #8)
  • Universal Sound (US HOT100 #101/R&B #71)

1977

  • Open Sesame (US HOT100 #55/R&B #--)
  • Super Band (US HOT100 #101/R&B #--)

1978

  • Slick Superchick (US HOT100 #102/R&B #19)

1979

  • Ladies Night (US HOT100 #8/R&B #1)

1980

  • Too Hot (US HOT100 #5/R&B #3)
  • Hangin' Out (US HOT100 #103/R&B #--)
  • Celebration (US HOT100 #1/R&B #1)

1981

  • Jones vs.Jones (US HOT100 #39/R&B #33)
  • Take It To The Top (US HOT100 #--/R&B #11)
  • Take My Heart (You Can Have It If You Want It) (US HOT100 #17/R&B #1)
  • Get Down On It (US HOT100 #10/R&B #4)

1982

  • Steppin' Out (US HOT100 #89/R&B #12)
  • Big Fun (US HOT100 #21/R&B #6)
  • Hi De Hi,Hi De Ho (US HOT100 #--/R&B #--)

1983

  • Let's Go Dancin'(Ooh La,La,La) (US HOT100 #30/R&B #7)
  • Street Kids (US HOT100 #--/R&B #78)
  • Straight Ahead (US HOT100 #103/R&B #--)
  • Joanna (US HOT100 #2/R&B #1)

1984

  • Tonight (US HOT100 #13/R&B #1)
  • Misled (US HOT100 #10/R&B #3)

1985

  • Fresh (US HOT100 #9/R&B #1)
  • Cherish (US HOT100 #2/R&B #1)
  • Emergency (US HOT100 #18/R&B #7)

1986

  • Victory (US HOT100 #10/R&B #2)

1987

  • Stone Love (US HOT100 #10/R&B #4)
  • Holiday (US HOT100 #66/R&B #9)
  • Special Way (US HOT100 #77/R&B #--)

1988

  • Rags To Riches (US HOT100 #--/R&B #38)

1989

  • レインドロップス:Raindrops (US HOT100 #--/R&B #27)
  • Never Give Up (US HOT100 #--/R&B #75)

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Bush, John. Kool & the Gang | Biography & History - オールミュージック. 2021年6月30日閲覧。
  2. ^ http://www.allmusic.com/song/funky-stuff-mt0001981532
  3. ^ http://www.billboard.com/music/kool-the-gang
  4. ^ http://www.billboard.com/music/kool-the-gang
  5. ^ ブラジル出身。「ツァラトゥストラはかく語りき」はクロスオーバーの曲としては珍しくヒット曲となった
  6. ^ クール&ザ・ギャングのオリジナルメンバー、ロナルド・ベルが68歳で急逝。その半生を辿る”. Udiscovermusic.jp (2020年9月10日). 2021年8月9日閲覧。
  7. ^ クール&ザ・ギャングの創設メンバー デニス・トーマスが死去”. amass (2021年8月8日). 2021年8月9日閲覧。

外部リンク編集