クール・ストラッティン

ソニー・クラークのアルバム

クール・ストラッティン』(Cool Struttin')は、ジャズ・ピアニスト、ソニー・クラーク1958年のアルバム。『ニューヨーク・タイムス』紙は「いつまでも残るハードバップのクラシック (enduring hard-bop classic) と評したこのアルバムでは[4]、アルト・サクソフォーン奏者のジャッキー・マクリーントランペット奏者のアート・ファーマー、そしてマイルス・デイヴィス・クインテット英語版からの二人、ドラマーフィリー・ジョー・ジョーンズベーシストポール・チェンバースがフィーチャーされている。The Stereo Times によると、このアルバムは「ハードコアなジャズ愛好家たちの間ではカルト的といって良いほどの位置づけ (a nearly cult status among hardcore jazz followers)」を得ているとしており[5]オールミュージックも、「その魂への訴えかけだけで (for its soul appeal alone)」そのように扱われるのに十分だと述べている[6]

クール・ストラッティン
ソニー・クラークスタジオ・アルバム
リリース
録音 1958年1月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州
ハッケンサック
ヴァン・ゲルダー・スタジオ
ジャンル ジャズハードバップ
時間
レーベル ブルーノート
プロデュース アルフレッド・ライオン
ソニー・クラーク アルバム 年表
Sonny Clark Quintets
(1958年)
Cool Struttin'
(1958年)
The Art of The Trio
(1958年)
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic5/5stars[2]
The Rolling Stone Jazz Record Guide3/5stars[3]

オリジナル盤は、1958年ブルーノート・レコードからLPとして出され、その後はCDで何度となくリイシューされており、その際にはボーナス・トラックが2曲追加されている。1991年、ブルーノートは、クリスマスをテーマにしたCD英語版Yule Struttin'』を出したが、そのカバーは、このアルバムのジャケットのデザインを踏まえたものとなっていた。

トラックリスト編集

全作詞・作曲: 特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「クール・ストラッティン / Cool Struttin'」特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品
2.「ブルー・マイナー / Blue Minor」特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品
3.「シッピン・アット・ベルズ / Sippin' at Bells」(マイルス・デイヴィス)特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品
4.ディープ・ナイト / Deep Night(チャールズ・ヘンダーソン英語版ルディ・ヴァリー)特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品特記のないものは、ソニー・クラークの作曲作品
CDリイシューにおけるボーナス・トラック
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ロイヤル・フラッシュ / Royal Flush」  
2.「ラヴァー / Lover」(ロレンツ・ハート英語版リチャード・ロジャース)  

パーソネル編集

制作編集

アルバム・カバー編集

アルバム・カバーのデザインは、リード・マイルスによるもので、フランシス・ウルフが、アルフレッド・ライオンの妻ルース (Ruth) を撮影したオリジナル写真が用いられている[8]

脚注編集

  1. ^ Schwann Stereo Record Guide, 1966
  2. ^ Allmusic review
  3. ^ Swenson, J., ed (1985). The Rolling Stone Jazz Record Guide. USA: Random House/Rolling Stone. pp. 41. ISBN 0-394-72643-X 
  4. ^ Palmer, Robert. (March 18, 1987) The Pop Life; recalling Sonny Clark. The New York Times. Accessed October 28, 2007.
  5. ^ Merod, Jim. (September 10, 2002). Music in the Key of Clark: Remembering Sonny Clark. The Stereo Times. Accessed October 28, 2007.
  6. ^ Cool Struttin' review - オールミュージック
  7. ^ Cool Struttin' (US Bonus Tracks) - オールミュージック
  8. ^ Havers, Richard (2014). Blue Note: Uncompromising Expression. USA: Chronicle Books. pp. 150–152. ISBN 978-1-4521-4144-2