グアヤキルスペイン語: Santiago de Guayaquil)は、エクアドルの最大の都市にして最大の港湾都市。グアヤキル湾に注ぐグアヤス川の河口から約60km上流の沖積地(一部河口州)に位置する。人口は269万8077人(2019年)で周縁地区を合わせると300万人を超える人口を擁する。

サンティアゴ・デ・グアヤキル
Santiago de Guayaquil
エクアドルの旗
Guayaquil montage.png
サンティアゴ・デ・グアヤキルの市旗 サンティアゴ・デ・グアヤキルの市章
市旗 市章
位置
グアヤス州(県)のグアヤキルの位置の位置図
グアヤス州(県)のグアヤキルの位置
位置
グアヤキルの位置(エクアドル内)
グアヤキル
グアヤキル
グアヤキル (エクアドル)
グアヤキルの位置(南アメリカ内)
グアヤキル
グアヤキル
グアヤキル (南アメリカ)
座標 : 南緯2度11分 西経79度53分 / 南緯2.183度 西経79.883度 / -2.183; -79.883
歴史
建設 1534年8月15日
行政
Flag of Ecuador.svgエクアドル共和国
 県/州 グアヤス県
 市 サンティアゴ・デ・グアヤキル
地理
面積  
  市域 344.5 km2
    陸上   316.42 km2
    水面   28.08 km2
標高 4 m
人口
人口 (2019現在)
  市域 2,698,077人
その他
等時帯 ECT (UTC-5)
ISO 3166-2 EC
公式ウェブサイト : http://www.guayaquil.gob.ec/

概要編集

 
空から見たグアヤキル

市はエクアドルでの商業と製造業の中心地である。市は大きくスル、セントロ、ノルテの3地域に分かれ、それぞれ工業・一般居住地区、商業地区、高所得者居住地区とされてきたが、最近ではセントロを除く他地区はこの分類が曖昧になりつつある。

スルのグアヤス川沿いには水産加工場や製粉工場、造船・船舶修理工場などが集中している。グアヤキル港はこのスル地区最南部にあり、主な取り扱い貨物はバナナカカオなどの農産物である。2007年に一部がコンテナ専用埠頭に改装され、現在ではエクアドル最大のコンテナ取扱量となっている。

グアヤキル大学スペイン語版サンティアーゴ・デ・グアヤキル・カトリック大学スペイン語版グアヤキル経営技術大学スペイン語版ビセンテ・ロカフエルテ・ライ総合大学およびエクアドル工科大学がある。

歴史編集

 
1741年のグアヤキル

町の創設前にも、この地に原住民は居住していた。1538年7月25日、スペインのコンキスタドールフランシスコ・デ・オレリャーナにより、「Muy Noble y Muy Leal Ciudad de Santiago de Guayaquil」の名前で町が創設された。1600年の人口は、およそ2,000人であり、1700年までに、1万人を超えていたとされる。

1687年、町は George d'Hout 率いるイギリス海賊と、Picard と Groniet が率いるフランス海賊に襲撃され、略奪にあった。260人以上いた海賊側は35人が死亡し、46人が負傷、町の防御に当たった者75人が死亡し、100人以上が負傷した。海賊は、現地住民の女性を奴隷にした。

1709年、船長のウッズ・ロジャーズウィリアム・ダンピア、及びその手下たち110人からなるイギリスの私掠船に街は襲撃され、身代金を要求された。しかし、黄熱病の流行によってロジャーズらは身代金を諦め、グアヤキルを去った。

1820年10月9日、「Granaderos de Reserva」の軍人やグアヤキルに野営していた大隊の軍人に支援された市民グループが、スペイン王国の衛兵による抵抗に勝利して、ほとんど流血なしに、スペインの統治機関職員を捕らえた。グアヤキルはスペインからの独立を宣言し、Libre de Guayaquil 州となり、ホセ・ホアキン・デ・オルメドが街の首長 (Jefe Civil) に指名された。このことは、エクアドル独立戦争での決定的な勝利を意味した。

 
シモン・ボリバルホセ・デ・サン=マルティンの会談を表現したモニュメント

1822年7月26日、ホセ・デ・サン=マルティンシモン・ボリバルは、スペイン領南アメリカの独立を計画するために、グアヤキルで有名な会議を開いた。

1829年、街はペルー軍に侵攻され7か月間占領された。1860年、街はグアヤキルの戦いスペイン語版英語版の舞台となった。1896年、大火により街の大半の部分が破壊された。

気候編集

グアヤキルの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 37.2
(99)
35.4
(95.7)
37.3
(99.1)
35.8
(96.4)
35.2
(95.4)
35.0
(95)
34.1
(93.4)
34.7
(94.5)
34.4
(93.9)
35.1
(95.2)
35.4
(95.7)
36.7
(98.1)
37.3
(99.1)
平均最高気温 °C°F 31.2
(88.2)
31.2
(88.2)
32.2
(90)
32.0
(89.6)
31.2
(88.2)
29.8
(85.6)
29.1
(84.4)
29.7
(85.5)
30.5
(86.9)
30.2
(86.4)
31.1
(88)
31.8
(89.2)
30.8
(87.4)
日平均気温 °C°F 27.1
(80.8)
27.3
(81.1)
28.0
(82.4)
27.8
(82)
26.9
(80.4)
25.7
(78.3)
25.0
(77)
25.2
(77.4)
25.5
(77.9)
25.6
(78.1)
26.2
(79.2)
27.1
(80.8)
26.5
(79.7)
平均最低気温 °C°F 23.0
(73.4)
23.4
(74.1)
23.7
(74.7)
23.5
(74.3)
22.6
(72.7)
21.5
(70.7)
20.8
(69.4)
20.7
(69.3)
20.5
(68.9)
20.9
(69.6)
21.3
(70.3)
22.4
(72.3)
22.0
(71.6)
最低気温記録 °C°F 20.0
(68)
15.8
(60.4)
19.9
(67.8)
19.4
(66.9)
18.5
(65.3)
17.6
(63.7)
17.0
(62.6)
17.2
(63)
17.2
(63)
17.8
(64)
17.0
(62.6)
18.0
(64.4)
15.8
(60.4)
降水量 mm (inch) 200.7
(7.902)
332.0
(13.071)
315.7
(12.429)
207.7
(8.177)
62.6
(2.465)
34.0
(1.339)
15.6
(0.614)
1.2
(0.047)
1.5
(0.059)
5.6
(0.22)
29.1
(1.146)
68.0
(2.677)
1,263.2
(49.732)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 12 14 15 10 4 1 0 0 0 1 0 2 59
出典1:World Meteorological Organization[1]
出典2:NOAA[2]

交通編集

治安編集

夜間に凶悪犯罪が多発する地域も多く、エクアドルで最も治安の悪い都市としても知られる[3]。グアヤキルを含むグアヤス県では、2012年1月からの半年間で殺人が296件、強盗が6593件も発生した[3]。グアヤキルではノグチ通りや民芸品市場近くのロハ通りでも観光客狙いの強盗が多数発生しているほか、一般市民でも銃を所持している場合もあり犯罪が凶悪化している[4]。2013年12月、グアヤキルで新婚旅行中の日本人夫婦が襲撃され、夫が死亡し妻も重傷を負った。

2020年、2019新型コロナウイルスの感染が拡大すると市内でも死者が増加した。するとウイルス感染を恐れる市民により路上に遺体を放置する事例が続出、市当局が回収に追われることとなった。また、ソーシャルメディア上に映像が公開され世界中に拡散して話題となったことから、副大統領が混乱に対して謝罪した[5]

スポーツ編集

プロサッカークラブのバルセロナSCCSエメレクの本拠地であり、両チームの戦いはクラシコ・デル・アスティジェーロと呼ばれる。 原則、エクアドル国内での“クラシコ (Clasico)”の呼称はこの二チームの戦いを指す。 他のサッカークラブとしてはグアヤキル・シティFC英語版がある。

観光編集

姉妹都市編集

日本との関係編集

1918年黄熱病に苦しんでいたエクアドルにロックフェラー医学研究センター(現・ロックフェラー大学)の要請で派遣された野口英世はグアヤキルに滞在し、病原体を発見した[6][7]。英世が発見したのは黄熱病のものではなかったと後年言われたが当時、英世のワクチンで多くの人が救われ、黄熱病の流行が沈静したことからグアヤキルをはじめ、エクアドル各地でその功績が顕彰された。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ World Weather Information Service - Guayaquil”. Met Office. 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ WMO Normals - Guayaquil”. NOAA. 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ a b 治安は最悪、ガラパゴス旅行の拠点グアヤキル産経新聞、2014.1.4
  4. ^ エクアドルに対する渡航情報(危険情報)の発出外務省海外安全ホームページ、2013年08月14日
  5. ^ 路上に放置された遺体の数々…新型コロナまん延のエクアドル、副大統領が謝罪”. AFP (2020年4月5日). 2020年4月14日閲覧。
  6. ^ 野口英世の生涯内閣府
  7. ^ 野口英世博士の生涯財団法人 野口英世記念会

関連項目編集

外部リンク編集