グスタフ・ザムエル・レオポルト (プファルツ=ツヴァイブリュッケン公)

グスタフ・ザムエル・レオポルト(Gustav Samuel Leopold, 1670年4月12日 - 1731年9月17日)は、プファルツ=クレーブルク公(在位:1689年 - 1730年)、プファルツ=ツヴァイブリュッケン公(在位:1718年 - 1730年)。アドルフ・ヨハン1世とエリーザベト・ブラーエの末子。アドルフ・ヨハン2世の弟、スウェーデン王カール10世の甥、カール11世の従弟に当たる。

グスタフ・ザムエル・レオポルト
Gustav Samuel Leopold
プファルツ=クレーブルク公
プファルツ=ツヴァイブリュッケン公
Gustav of the Zweibrücken Palatinate c 1720 by unknown.jpg
在位 プファルツ=クレーブルク公1689年 - 1730年
プファルツ=ツヴァイブリュッケン公1718年 - 1730年

出生 (1670-04-12) 1670年4月12日
死去 (1731-09-17) 1731年9月17日(61歳没)
配偶者 ドロテア・フォン・プファルツ=フェルデンツ
  ルイーゼ・ドロテア・フォン・ホフマン
家名 プファルツ=クレーブルク家
父親 プファルツ=クレーブルク公アドルフ・ヨハン1世
母親 エリーザベト・ブラーエ
テンプレートを表示

生涯編集

1689年に兄が子の無いまま没した為、プファルツ=クレーブルク公を相続した。また、大北方戦争を戦っていた従甥のスウェーデン王兼ツヴァイブリュッケン公カール12世が1718年に戦死、ツヴァイブリュッケン公も継いだ(スウェーデン王位はカール12世の妹ウルリカ・エレオノーラが継いだ)。

1731年のグスタフ・ザムエル・レオポルトの死によってプファルツ=クレーブルク家は断絶、プファルツ=ビルケンフェルト家クリスティアン3世がツヴァイブリュッケン公を相続した。

1707年に同族のプファルツ=フェルデンツ公レオポルト・ルートヴィヒの娘ドロテアと結婚、1723年にルイーゼ・ドロテア・フォン・ホフマンと再婚したが、どちらの結婚からも子供は得られなかった。

先代:
アドルフ・ヨハン2世
プファルツ=クレーブルク公
1689年 - 1731年
次代:
クリスティアン3世
先代:
カール2世
プファルツ=ツヴァイブリュッケン公
1718年 - 1731年
次代:
クリスティアン3世