グスタフ・ベルクマン

グスタフ・ベルクマンバーグマン[3]、Gustav Bergmann、1906年5月4日 - 1987年4月21日)は、オーストリア出身のアメリカ哲学者ウィーン大学で学び、ウィーン学団の成員となった。ウィーン学団のモーリッツ・シュリックフリードリヒ・ワイスマンルドルフ・カルナップの影響を受けた[4]。渡米後はアイオワ大学教授となり、アイオワで没した。

グスタフ・ベルクマン
生誕 (1906-05-04) 1906年5月4日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 1987年4月21日(1987-04-21)(80歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アイオワ・シティ
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 分析哲学
ウィーン学団
論理実証主義(1950年代)
形而上学的実在論(1960年代)[1]
研究機関 アイオワ大学
研究分野 科学哲学
主な概念言語論的転回」という術語の造語[2]
テンプレートを表示

概要編集

オーストリア・ハンガリー帝国ウィーン生まれ。ウィーン大学で数学を専攻し、1928年に彼は博士号を取得した。指導教員はWalther Mayer。論文の題は「Zwei Beiträge zur mehrdimensionalen Differentialgeometrie」(「多次元微分幾何学に関する2論考」の意)。博士課程在籍中、論理実証主義による科学的世界観の構築に取り組む哲学者、数学者、科学者などの集団であるウィーン学団に招待された。 1930年から31年にかけて、ベルリンで、アルバート・アインシュタインと共同研究を行った。ユダヤ人であったため大学教員になれず、1935年にウィーン大学で法務博士号(J.D.)を取得し、1938年にアメリカへ亡命するまで会社法を学んだ。 1939年、アイオワシティアイオワ大学に着任し、最終的に哲学と心理学の教授となった。

著作編集

  • The Metaphysics of Logical Positivism. New York: Longmans, Green & Co. 1954. (Second edition: Madison, University of Wisconsin Press, 1967.)
  • Philosophy of Science. Madison: University of Wisconsin Press 1957.
  • Meaning and Existence. Madison: University of Wisconsin Press 1959.
  • Logic and Reality. Madison: University of Wisconsin Press 1964.
  • Realism: A Critique of Brentano and Meinong. Madison: University of Wisconsin Press 1967.
  • New Foundations of Ontology. Madison: University of Wisconsin Press 1992. Edited by William Heald.
  • Collected Works. Vol I. II. Frankfurt am Main: Ontos Verlag 2003.

関連項目編集

脚注編集

 

  1. ^ "The Ontological Realism of Gustav Bergmann" (Ontology: Theory and History)
  2. ^ Neil Gross, Richard Rorty: The Making of an American Philosopher, University Of Chicago Press, 2008, p. xxix.
  3. ^ 英語読み
  4. ^ "Gustav Bergmann" (clas.uiowa.edu)

参考文献編集

  • Ontology and Analysis: Essays and Recollections about Gustav Bergmann, edited by Laird Addis, Greg Jesson, and Erwin Tegtmeier, Frankfurt: Ontos Verlag, 2007.
  • Fostering the Ontological Turn: Gustav Bergmann (1906–1987), edited by Rosaria Egidi and Guido Bonino, Frankfurt: Ontos Verlag, 2008.
  • Gustav Bergmann: Phenomenological Realism and Dialectical Ontology, edited by Bruno Langlet and Jean-Maurice Monnoyer, Frankfurt: Ontos Verlag, 2009.
  • The Ontological Turn: Studies in the Philosophy of Gustav Bergmann, edited by Moltke Gram and Elmer Klemke, Iowa City: University of Iowa Press, 1974.
  • The Positivist and the Ontologist: Bergmann, Carnap, and Logical Realism, by Herbert Hochberg, Amsterdam: Rodopi, 2001.

外部リンク編集