グッディ! (和歌山放送)

グッディ!は、和歌山放送(wbs)で2012年4月2日から放送されている、朝の生ワイド番組。

グッディ!
ジャンル 情報番組
放送方式 生放送(一部収録番組あり)
放送期間 2012年4月2日 -
放送時間 月 - 金曜日 6:30 - 8:30
放送局 和歌山放送
パーソナリティ 峪仁美(月曜)
北尾博伸(火曜 - 金曜)
出演 南くるみ
中川智美
三浦ちあき
公式サイト グッディ! 公式サイト
特記事項:
各種番組表では、タイトルを『グッデ!』と表記しているものもある。
テンプレートを表示

局の公式サイトでは上記タイトル表記だが、局発行のタイムテーブルや新聞のラジオ欄、radikoの番組表においては、『グッデ!』の表記も見られるなど、統一がなされていない。

目次

概要編集

つれもてワイド』レーベル廃止を伴う、2012年春の大規模番組改編により、それまでの『朝からつれもて』の放送枠を受け継いで新しくスタートした。最新のニュース・天気・交通情報を中心に、朝の時間帯に役立つ情報を盛り込んで放送する。

『朝からつれもて』以前の同時間帯の番組にも言える事だが、約2時間のワイド番組ながら、番組内にキー局制作を中心とした、5 - 15分単位のフロート番組を多数内包しており、スタジオからの生放送は50分程度に過ぎない。その一方で、番組専用のメールアドレスを設けて、メッセージを受け付けたり、リクエスト曲に応えるなどして、ワイド番組としての体裁を保っている。

2016年3月25日までは、本社4階のブルースタジオからの放送であったが、同年3月28日からは、隣接するオレンジスタジオからの放送となり、複数いた番組スタッフもパーソナリティーを除けば、中村作栄(報道制作部デスク)[1]のみとなった[2]

放送時間編集

いずれも月曜日から金曜日の放送。

情報ワイド きい☆ハンター』枠拡大に伴う時間変更。
  • 2015年3月30日 - 2016年3月25日 6:45 - 8:30
ENEOSプレゼンツ あさナビ』(ニッポン放送制作)ネット開始に伴う時間変更。
  • 2016年3月28日 - 2016年3月31日 6:40 - 8:30
『あさナビ』ネット打ち切りに伴う時間変更。
  • 2016年4月1日 - 現在 6:30 - 8:30
心のいこい』(宗教番組)ネット打ち切りに伴う時間変更。

出演者編集

☆印の人物は、『朝からつれもて』からの続投。

パーソナリティー編集

月曜日
  • 峪仁美(さこ・ひとみ、和歌山放送専属パーソナリティー、2017年4月3日 - )
2016年1月8日 - 3月25日は、金曜日パーソナリティー[3]。一旦降板後も、『Honda Dream Navi』担当として出演していたほか、番組本編にもピンチヒッターとして数回出演している。
火 - 金曜日
2014年3月31日 - 2016年3月24日は、月 - 木曜日パーソナリティー、2016年3月28日 - 2017年3月31日は、全曜日パーソナリティー。
当番組出演日は、正午のニュース、及び『こちら119番』担当を兼務。2016年3月28日以降は、『ボックス』内の10時のニュースも兼務している。
『朝からつれもて』にも、担当曜日の変更をしつつ、長期に亘って出演していた。

コーナーレギュラー編集

ゲンキ和歌山市
  • 南くるみ(和歌山放送専属パーソナリティー)☆
歌のない歌謡曲
2012年4月2日 - 2014年3月25日は、月・火曜日パーソナリティーを兼務。その後もピンチヒッターとして度々出演している。
Honda Dream Navi

2016年3月28日以降、以下の2名が原則隔週交代で出演。

過去の出演者編集

降板後も『Honda Dream Navi』担当として、2016年3月25日まで出演。同コーナーのナレーションは、現在も継続中。
  • 阿部奈緒美(和歌山放送専属パーソナリティー[4]、金曜日パーソナリティー、2012年4月6日 - 2013年3月29日)☆
  • 高野豊子(和歌山放送専属パーソナリティー[4]、金曜日パーソナリティー、2013年4月5日 - 2016年1月1日
2016年3月までは、あくまでも休養扱いであったが、北尾が全曜日担当になった際、正式に降板となった。

この他に、『Honda Dream Navi』担当として、和歌山放送の女性アナウンサー(国丘彩乃、覚道沙恵子など)が出演していた時期がある。

タイムテーブル編集

2017年4月現在の内容。放送時間はおおよその目安。コーナーの合間[5]に、随時メッセージ紹介を挿む。

時刻 コーナー名 内容
6:30 オープニング 挨拶の後は、主にパーソナリティーの近況や、放送前日のニュースを基にしたオープニングトークを軽く行う。
その後は、和歌山県内の6:00または6:10現在の気温と、県内の交通機関(JR南海電鉄南海フェリー)の運行状況を伝える[6]。時間があれば、メッセージ・リクエストの募集告知も行う。
6:35 心のともしび 宗教番組。『朝からつれもて』時代からこの時間帯での放送だったが、2016年4月の時間拡大を機にフロート番組化された。
6:40 おはよう警察本部 和歌山県警通信指令室の担当者と電話で結び、放送前日の事件・事故や、防犯・交通安全に関する話題、県警からの告知などを伝える。
6:45 リクエスト紹介 北尾曰く「和歌山で一番ハードルの低いリクエストコーナー」。
この枠は、2016年4月の時間拡大時に設けられたが、後述の8:24の枠に比べてフルコーラスで掛かる確率が高い事もあってか、北尾によると「この時間帯の競争率は高い」とのことである。
6:51 JFマリンバンク海の天気予報 NRN系企画ネットコーナー。
和歌山県の放送当日の予報に加えて、和歌山港和歌山市)・堅田港(白浜町)・袋港(串本町)の満潮・干潮の時刻、和歌山県の日の出・日の入り時刻と月齢を伝える。
6:54 快適生活ラジオショッピング この時間帯は、他のワイド番組内での放送と異なり、久米村直子が出演する全国共通の収録版を放送する。
過去に特別編成で8時台にこのコーナーを放送した際、他のワイド番組同様に、パーソナリティーとライフサポート社の担当者が、電話でやり取りするパターンが行われた事がある。
7:00 和歌山放送ニュース この時間は全国のニュースが中心。
7:06 天気予報
7:10 やじうまニュースネットワーク ニッポン放送制作のフロート番組。
7:25 ゲンキ和歌山市 自社制作のフロート番組で、和歌山市の市政広報番組。2016年4月以降、曜日毎に以下の企画を放送している。
  • 月・水曜日…暮らしのゲンキ(和歌山市が行う様々な取り組みについて、市役所の担当者などにインタビューする)
  • 火・木曜日…学校訪問(市内の市立学校を訪ね、学校での取り組みやクラブ活動などを紹介。不定期に休止する場合があり、その際は『暮らしのゲンキ』を放送)
  • 金曜日…ゲンキトピックス(週末から翌週にかけてのイベント情報や、和歌山市からのお知らせなど)
7:30 歌のない歌謡曲 JRN系企画ネット番組。wbs制作版では、週毎に設定したテーマに沿った軽いトークを、曲にのせて行う。
途中7:35頃に、交通情報と天気予報を挿む。
7:45 SUZUKIハッピーモーニング・
鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送制作のフロート番組。
7:50 Honda Dream Navi 自社制作のフロート番組。「あなたの夢は何ですか?」をテーマに、和歌山県内で活躍する様々なジャンルの人物に週単位でインタビューする。
月 - 木曜日は、プロフィールや活動内容についてインタビュー、金曜日は、今後の夢や抱負を、その人物のリクエスト曲[7]にのせてインタビューする。
7:56 交通情報
7:58 献血情報 和歌山県内の放送当日の献血受付会場を紹介する。2016年3月25日までは、7:23頃に放送していた。
8:00 話題のアンテナ 日本全国8時です TBSラジオ制作のフロート番組。
8:15 和歌山放送ニュース この時間は和歌山県内のニュースが中心。
8:22 交通情報
8:24 リクエスト紹介・エンディング 通常は、リクエスト曲をバックにそのままエンディングに入る。
まれに、この時間帯でインフォマーシャルを放送する事があり、その際はリクエストは掛けず、メッセージ紹介などに充てる。
8:29 放送終了 1分間のステーションブレイクを挟んで、『ボックス』に接続する。

備考編集

  • 2017年現在、文化放送制作のフロート番組は存在しないが、9:00まで放送していた2013年3月までは、『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』を8:40 - 8:50に内包していた。『きい☆ハンター』枠拡大時に、時間はそのままに同番組への内包と変わった。
  • 夏の高校野球和歌山大会期間中や、箱根駅伝中継(文化放送制作)放送時は、8:40・8:55・9:00のいずれかの時間までの放送となる。その場合は、『きい☆ハンター』『ボックス』の一部コーナー[8]を、当番組内で放送する。
  • 北尾は、月に1回程度番組を休む事がある[9]。その際はほとんどの場合、平井理弘(和歌山放送アナウンサー)[10]がピンチヒッターとして出演する。平井担当時は、献血情報が割愛されたりするなど、番組の雰囲気が通常時と異なる事がある。
    • 夏の高校野球和歌山大会期間中も、北尾は会期後半を中心に実況を行う為、当番組を休む。この場合、平井も実況担当の為、当番組への出演が困難である事から、硲や中川・覚道などがピンチヒッターを務める。
  • 中川・笠野は、当番組パーソナリティー降板後、夕方の『ニュースde和歌山 ちょくダネ。』担当に転じたが、その際お互いの担当曜日の交換が行われた[11]

脚注編集

  1. ^ 平日9時の和歌山放送ニュース担当を兼務。
  2. ^ 北尾担当時は、オープニングでその旨が度々述べられている。
  3. ^ この期間は、あくまでも高野のピンチヒッター扱いであった。
  4. ^ a b 和歌山放送朗読教室出身。
  5. ^ 主にニュースの前やリクエスト紹介時など。
  6. ^ 北尾担当時は、その後もコーナーの合間を見て、随時最新の情報を伝える。
  7. ^ 歌手・ミュージシャンにインタビューする際は、その人物の楽曲を流す場合もある。
  8. ^ 主に8時台のコーナーや、スポンサー付きコーナー(『まんま!わかやま』)など。
  9. ^ 番組内でも、時々「会社から休む様に言われている」と話す事がある。
  10. ^ 『朝からつれもて』にも長期に亘り出演していた。
  11. ^ 中川…月・火曜日→水・木曜日、笠野…水・木曜日→月・火曜日。

外部リンク編集