メインメニューを開く

グッド・ナイト (Good Night) はビートルズの楽曲である。

グッド・ナイト
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年6月28日7月2日
ジャンル ララバイ
時間 3分12秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

目次

解説編集

本作は1968年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムザ・ビートルズ』、通称ホワイト・アルバムのラスト・ナンバーである。名義はレノン=マッカートニーだが、ジョン・レノンが制作した楽曲。しかし、ボーカルリンゴ・スターが担当している。

リンゴのヴォーカル以外は、オーケストラによる演奏である[注釈 1]。従ってこのアルバムでは唯一、リンゴのみが録音に参加している作品である。なお、この作品は公式発表曲としては、ジョン、ポール・マッカートニーの双方が歌わないものとしては、最後のレノン=マッカートニー作品となった。

ジョンは1969年3月にオノ・ヨーコと行ったアムステルダムでのベッド・インの期間中、この作品をアコースティック・ギターの弾き語りでラフに歌って録音し、同年11月に発表したヨーコとの3作目のアルバム『ウェディング・アルバム』のB面ラスト付近に収録している。

この楽曲自体は、「息子ジュリアンの子守唄に」と父親であるジョンが初めてジュリアンのために作った楽曲[1][注釈 2]であり、「考えうる限り甘いサウンドにしてくれ」とジョンはレコーディングにおいて注文を出したという。しかし、「歌うのが恥ずかしい」という理由でリード・ボーカルはリンゴが取っている。

ミキシング編集

モノラルミックスイントロがフル・ヴォリュームで始まるが、ステレオ・ミックスではイントロがフェード・インしてくる。

プレイヤー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ しかしながら、ポール・マッカートニーコーラス、ジョン・レノンがエレクトリック・ギターで伴奏を付けたテイク(2018年発売の『ホワイト・アルバム』50周年記念エディションに収録)が存在する。
  2. ^ ヘイ・ジュード」もジュリアンへの歌ではあるが、こちらはポールが作った楽曲。

出典編集

  1. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying|publisher=St. Martin's Griffin. New York. p. 200. ISBN 0-312-25464-4. 
  2. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 294. ISBN 1-84413-828-3.