グッバイガール (デヴィッド・ゲイツの曲)

デヴィッド・ゲイツの曲

グッバイガール」(Goodbye Girl )は、アメリカのソフト・ロック・バンド、ブレッドのリーダーであったデヴィッド・ゲイツが作詞・作曲し、歌った曲。1977年公開の映画『グッバイガール』の主題歌。映画公開直後の同年12月に発売されたシングルは、翌1978年4月15日、ビルボードのシングル・チャート15位にランクインした[1]。また、ゲイツは1978年6月に、本曲を収録した同名のアルバム英語版も発売している。

カバー編集

南沙織によるカバー編集

日本の歌手南沙織が、中里綴の訳詞による日本語バージョンと、オリジナルの英語バージョンでカバーしている。1978年10月21日発売のシングル「グッバイガール」に両バージョンがカップリング収録され、また英語バージョンは同年10月1日に先行発売のアルバム『Simplicity』にも収録されている。日本語版は同年10月7日に開催された「さよならコンサート」でも披露しており、実況録音盤『Good-by Cynthia』(同年12月5日発売)にライヴ音源で収録されている。

南沙織版シングル編集

グッバイガール
南沙織シングル
初出アルバム『THE BEST / 南沙織
B面 Good-bye Girl
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP、アイドル歌謡曲
時間
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 David Gates
(訳詞: 中里綴
プロデュース 酒井政利
南沙織 シングル 年表
Ms. (ミズ)
(1978年)
グッバイガール
(1978年)
青空/ファンレター ‐SO GOOD SO NICE‐(Remix version)
1992年
テンプレートを表示

南沙織によるカバー・シングル「グッバイガール」は、通算28枚目のシングルとして、CBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から発売された。A面に日本語バージョン「グッバイガール」を、B面にオリジナルの英語バージョン「Good-bye Girl」を収録している。

同月のうちにアルバム『Simplicity』発売、「さよならコンサート」の開催、本シングルの発売が相次いで行われ、これをもって南は芸能活動を一時引退した。そのため、本シングルは引退前の最終作となった。

シングルA面曲を発売順に収録しているベスト・アルバム『GOLDEN J-POP/THE BEST 南沙織』(1998年11月21日発売)では、オリジナル作品ではないために、もう1枚のカバー・シングル「カリフォルニアの青い空」とともに収録が見送られた。

南沙織版シングル収録曲編集

両楽曲とも、作詞・作曲: David Gates、編曲: 川村栄二

  1. グッバイガール(3:32)
  2. Good-bye Girl(3:32)

南沙織によるカバーの収録ディスク(LP・CD)編集

脚注編集

  1. ^ Joel Whitburn's Top Pop Singles 1955-1990 ISBN 0-89820-089-X