メインメニューを開く

グッバイ・ジョー』(Joe the King)は1999年アメリカ映画ヴァル・キルマー主演、俳優フランク・ホエーリーの初監督作品。

グッバイ・ジョー
Joe the King
監督 フランク・ホエーリー
脚本 フランク・ホエーリー
製作 リンゼイ・マークス
スコット・マコーリー
ロビン・オハラ
製作総指揮 ジャネット・グリロ
出演者 ノア・フレイス
ヴァル・キルマー
イーサン・ホーク
音楽 アンソニー・グリマルディ
ロバート・ワーレイ
撮影 マイケル・マイヤーズ
配給 トライマークピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗1999年1月22日SFF
日本の旗劇場未公開
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $60,279[1]
テンプレートを表示

目次

製作編集

フランク・ホエーリーは、本作で初監督・脚本を手がけ、サンダンス映画祭でウォルト・ソルトシナリオ製作賞を獲得した。

なお、ホエーリーとイーサン・ホークは『真夜中の戦場/クリスマスを贈ります』にて共演しており、本作の後も『チェルシーホテル』、『痛いほどきみが好きなのに』でも、共に作品に係わっている。

ストーリー編集

ジョー(ノア・フレイス)は、父親が学校の用務員ということでいじめに合っていた。 友達からは「トイレ掃除」と言われ、教師からも暴言を浴びせられていた。

ジョーの父ヘンリー(ヴァル・キルマー)は、多額の借金を抱えていたが、酒におぼれ、あげく家族に暴力を振るう有様で、母のテレサ(カレン・ヤング)も毎日叱ってばかりだった。 そんな環境でも、ジョーは家計を助けるため、レストランでアルバイトをしながら、兄と支え合い暮らしていた。

やがて、学校と家庭のストレスから、ジョーはたまに怒りを爆発させたり、盗みを働くようになる。 問題児のレッテルを貼られたジョーに教師のレン(イーサン・ホーク)は、カウンセリングを行おうとするが、ジョーは心を開かない。

ある日、ジョーが帰宅すると、母が大切にしていたレコードが全て壊れされていた。 兄に聞くと、父が怒りまかせに割ったという。

ジョーは母のために、レコードを盗みに行くが発覚してしまう。 ついに鑑別所行きとなったジョーに、父母が最後に言葉をかける。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Joe the King(1999)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2015年1月5日閲覧。

外部リンク編集