グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ (紀元前159年の執政官)

グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ(Gnaeus Cornelius Dolabella、生没年不詳)は紀元前2世紀中頃の共和政ローマの政治家。紀元前159年コンスル(執政官)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ
Cn. Cornelius Cn. f. Cn. n. Dolabella
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職
テンプレートを表示

出自編集

パトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身。ドラベッラというコグノーメン(第三名、家族名)が確認できるのは紀元前283年の執政官プブリウス・コルネリウス・ドラベッラが最初である。コグノーメンはラテン語の「dolabra」(斧)に由来すると思われる[1]

カピトリヌスのファスティによれば、ドラッベラの父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はグナエウスである[2]。父グナエウスは紀元前208年から紀元前180年までレクス・サクロルム(Rex Sacrorum、祭儀監督官)を務めた。

経歴編集

紀元前165年、ドラッベラはアエディリス・クルリス(上級按察官)に就任した。同僚にはセクストゥス・ユリウス・カエサルがいた。この年のメガレシア祭でテレンティウスの『義母』が初演された[3][4]。しかしながら大変に不評で、第一幕と第二幕の間に、多くの観客が劇場を出て綱渡りと剣闘士競技を見に行った。

紀元前162年、ドラッベラはプラエトル(法務官)を務め、紀元前159年に執政官となった。同僚のプレブス(平民)執政官はマルクス・フルウィウス・ノビリオルであった。二人は賄賂禁止法(コルネリウス・フルウィウス法、Lex Cornelia Fulvia de ambitu)を制定している[5]

子孫編集

息子グナエウスはルキウス・アップレイウス・サトゥルニヌスの義兄弟と言われている。、紀元前81年の執政官グナエウス・コルネリウス・ドラベッラは孫である。

脚注編集

  1. ^ Ernst Badian, p. 48-51.
  2. ^ カピトリヌスのファスティ
  3. ^ Titul. Hecyr. Ter.
  4. ^ Didasc. Ter. Hec.
  5. ^ リウィウス『ローマ建国史』、Periochs 47

古代の資料編集

研究書編集

  • Ernst Badian : The Dolabella of the Republic. In: Papers of the British School at Rome . New Series, Vol. 20, 1965

関連項目編集

公職
先代
マルクス・コルネリウス・ケテグス
ルキウス・アニキウス・ガッルス
執政官
同僚:マルクス・フルウィウス・ノビリオル
紀元前159年
次代
マルクス・アエミリウス・レピドゥス
ガイウス・ポピッリウス・ラエナス