グナエウス・コルネリウス・レントゥルス (紀元前146年の執政官)

グナエウス・コルネリウス・レントゥルスラテン語: Gnaeus Cornelius Lentulus、生没年不詳)は紀元前2世紀中頃の共和政ローマの政治家。紀元前146年コンスル(執政官)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
グナエウス・コルネリウス・レントゥルス
Cn. Cornelius Cn. f. L. n. Lentulus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 法務官紀元前149年
執政官紀元前146年
テンプレートを表示

出自編集

レントゥルスはエトルリアに起源を持つパトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身であるが、コルネリウス氏族はローマでの最も強力で多くの枝族を持つ氏族でもあった[1][2]。レントゥルスのコグノーメン(第三名、家族名)が最初に確認できる人物は、紀元前327年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルスであるが、コルネリウス氏族の他の枝族との関係は不明である[3]

カピトリヌスのファスティによるとレントゥルスの父のプラエノーメンはグナエウス、祖父はルキウスである[4]。同名の父グナエウス・コルネリウス・レントゥルス紀元前201年に、祖父ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス紀元前237年に執政官を務めた。紀元前156年に執政官を務めたルキウス・コルネリウス・レントゥルス・ルプスは兄弟である。

経歴編集

紀元前161年、ントゥルスはプブリウス・アプスティウスと共に、キューレーネーへ特使として派遣された。この使節団の任務は、エジプトファラオプトレマイオス7世に対し、ローマはプトレマイオス6世との関係を断絶すると報告することであった[5][6]

紀元前149年にプラエトル(法務官)に就任。紀元前146年には執政官に就任した。同僚のプレブス(平民)執政官はルキウス・ムンミウスであった[7]。くじ引きの結果←、ムンミウスがアカエア戦争を指揮することとなり、そこで彼は大勝利を得る[8]。また、この年に第三次ポエニ戦争が終結し、カルタゴは滅亡した。建国から672年目のことであった[9]。同年、ムンミウスはコリントスを破壊したが、こちらはヒッポテースの子アレーテースによる建国から952年目のことであった[10]。カルタゴに勝利したスキピオ・アエミリアヌスは「アフリカヌス」、アカイアに勝利したムンミウスは『アカイクス』のアグノーメン(愛称)を得た。ムンミウスは父祖に高位の公職者を持たず、執政官に就任したノウス・ホモであったが、ノウス・ホモの人物が戦争の勝利を記念するアグノーメンを得たのは、これが最初であった[10]

子孫編集

紀元前97年の執政官グナエウス・コルネリウス・レントゥルスは息子である。

脚注編集

  1. ^ Haywood R., 1933, p. 22.
  2. ^ Bobrovnikova T., 2009, p. 346-347.
  3. ^ Münzer F. "Cornelii Lentuli", 1900 , s.1356.
  4. ^ カピトリヌスのファスティ
  5. ^ ポリュビオス『歴史』、XXXI, 20.4.
  6. ^ シケリアのディオドロス『歴史叢書』、XXXI, 23
  7. ^ Broughton , vol. 1, p. 444, 458, 465; vol. 2 (1952), p. 552; vol. 3 (1986), p. 66.
  8. ^ キケロ『アッティクスへの手紙』、XIII, 33.
  9. ^ ウェッレイウス・パテルクルス『ローマ世界の歴史』、I, 12. § 5
  10. ^ a b ウェッレイウス・パテルクルス『ローマ世界の歴史』、I, 13. § 2

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Bobrovnikova T. "Scipio African" - M .: Young Guard, 2009. - 384 p. - ISBN 978-5-235-03238-5 .
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951.
  • Haywood R. "Studies on Scipio Africanus" - Baltimore, 1933.
  • Münzer F. "Cornelii Lentuli" // RE. - 1900. - T. VII . - P. 1355-1357 .

関連項目編集

公職
先代:
プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アエミリアヌス I
ガイウス・リウィウス・ドルスス
執政官
同僚:ルキウス・ムンミウス・アカイクス
紀元前146年
次代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・アエミリアヌス
ルキウス・ホスティリウス・マンキヌス