グプタ文字とは、4世紀から6世紀にかけて繁栄した北インドの王朝グプタ朝で用いられていた、ブラーフミー文字の一種のこと。6世紀以降、グプタ朝の衰退と分裂に伴い、文字もシッダマートリカー文字ナーガリー文字等に分裂・派生していくことになるので、グプタ文字はちょうど、そうした北インド系の文字の直接の祖と言える位置づけになる。

グプタ文字
類型: アブギダ
言語: サンスクリット
時期: 4世紀-6世紀
親の文字体系:
子の文字体系: シッダマートリカー文字
ナーガリー文字
シャーラダー文字
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

概要編集

グプタ文字は、これ以降に派生していく様々なインド系文字とは異なり、いまだ「ブラーフミー文字」と呼び得るほどに、その原型をちゃんと留めている。したがって、紀元前5世紀前後にアラム文字を転用する形で生まれ、マウリヤ朝アショーカ王碑文などにも使われたブラーフミー文字が、インドにおいては、600年以上~1000年近くに渡ってほぼそのままの形で、保存・継承・使用されてきたことになる。

そんな「ブラーフミー文字」の一種に過ぎないグプタ文字が、なぜわざわざ特筆されるのかというと、グプタ朝においては、バラモン教ヒンドゥー教)や法典、文学、科学にまつわる文献の内容的進歩や編纂によって、文献・文字資料が大量に残されている[1]という点と、ちょうどこの直後に、このグプタ朝・グプタ文字の成果を基盤としつつ、北インド系文字が様々に分裂・派生していくことになる、その直前の「末期・晩期ブラーフミー文字」に相当する、「橋渡し・転換点」としての時代性・歴史的立ち位置ゆえである。

文字編集

字体編集

  a   i   u     e   o
  ā   au
  k   kh   g   gh  
  c   ch   j   jh   ñ
    ṭh     ḍh  
  t   th   d   dh   n
  p   ph   b   bh   m
  y   r   l   v
  ś     s   h

他の字体との比較編集

前の時代のブラーフミー文字との比較。

 

脚注・出典編集

関連項目編集