メインメニューを開く

ノーマン・グラハム・ヒルNorman Graham Hill, OBE 1929年2月15日 - 1975年11月29日) はイギリスのレーシングドライバーであり、1962年・1968年のF1チャンピオン。1996年のチャンピオンであるデイモン・ヒルは実子。

グラハム・ヒル
HillGraham1969Aug.jpg
基本情報
フルネーム ノーマン・グラハム・ヒル
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ロンドンハムステッド
生年月日 (1929-02-15) 1929年2月15日
没年月日 (1975-11-29) 1975年11月29日(46歳没)
F1での経歴
活動時期 1958-1975
所属チーム '58-'59,'67-'70 ロータス
'60-'66 BRM
'71-'72 ブラバム
'73 シャドウ
'74-'75 ローラ
'75 ヒル
出走回数 175
タイトル 2 (1962,1968)
優勝回数 14
表彰台(3位以内)回数 36
通算獲得ポイント 293
ポールポジション 13
ファステストラップ 10
初戦 1958年モナコGP
初勝利 1962年オランダGP
最終勝利 1969年モナコGP
最終戦 1975年モナコGP
テンプレートを表示

Grahamの発音はカタカナ表記にすれば「グレアム」に近いが、日本では現役活躍時からほぼグラハムと表記されており、本稿でもそれに従う。

人物編集

2019年現在、F1モナコGP、インディ500ル・マン24時間レースの「世界3大レース」全てでの優勝経験を持つ唯一のドライバーである[1][2]。特にモナコGPには滅法強く、当時としては最多勝となる通算5勝をあげ、「ミスター・モナコ」と呼ばれた[3][2]。1990年代以降の日本では「モナコ・マイスター」と呼ばれることがある。

息子のデイモンが後にF1タイトルを獲得したことで、ヒル父子は親子でF1チャンピオンを獲得した初の例となった[注 1]

裕福な階級出身ではなく、本格的にレース活動を始めたのは20代半ばで、当時としてもF1ドライバーのレースキャリア開始時期としては比較的遅い。同時期に活躍したジム・クラークが「内気な天才」とみなされる一方、グラハムは「努力と意思の力」で実績を積み上げてきたドライバーと認識されて親しまれ[4]、社交的なその性格もあって、現役当時にイギリスの愛好家を中心に幅広い人気を得た[4]

経歴編集

ロンドンのハムステッドで生まれる[5]。父親は株式仲介人で、それほど裕福ではない中流家庭で育った[5]

ヘンドン・テクニカルカレッジで学んだ後、スミス社で技師として務め、その後、イギリス海軍で2年間の兵役に就いた[6][7]。海軍ではマイノーター級軽巡洋艦スウィフトシュア英語版に乗艦し機関室の技師としての任務に就き、兵役終了時までに兵曹(PO)に昇進した[6]

兵役後はスミス社に復帰したが、1953年に「ブランズ・ハッチで1周5シリングでF3カーを走らせることができる」という雑誌広告を見つけ、興味本位で1ポンド支払い4周走ったことでレースに魅せられる[8][2][注 2]。スミス社を退職したヒルは、失業手当を受けつつ、レーシングスクールのメカニックとなり、整備を無償で引き受ける代わりにその学校の車両を使ってレースへの出場を始めた[6][2]

いくつかのレースに出場する間にコーリン・チャップマンと知り合い、1954年にロータスにメカニックとして加入[6][2]。ほどなくして、ロータスのドライバーとしてレースに出走するようになり[注 3]、1958年、29歳の時にチーム・ロータスからF1デビューを果たした[注 4]。2年間在籍したが、チームもF1参戦を始めたばかりであり戦力も乏しく、この際には芳しい成績を残すことは出来なかった[2]

BRM時代編集

1960年にはBRMに移籍。当初は目立った成績を残していなかったが、1962年に開幕戦オランダGPで初優勝。最終的にシーズン4勝を挙げ、ロータスのクラークを破って、一気にドライバーズチャンピオンへと昇りつめた。

その後もリッチー・ギンサーとの名コンビで活躍し、クラークと並び当時のF1界の2大スタードライバーと呼ばれた。1964年は最終戦までチャンピオン争いがもつれたが、ポイントリーダーのヒルはフェラーリロレンツォ・バンディーニに追突され、チャンピオンをフェラーリのジョン・サーティースに奪われた。フェラーリが故意にぶつけたのではという報道に対し、ヒルは皮肉混じりに「わざとではない、ただ恐ろしく運転が下手だっただけだ」とコメントした。

初優勝の1962年からは1965年まで、毎シーズン2勝以上を挙げる活躍を見せていたが、新加入のジャッキー・スチュワートに迫られる場面が増えていた。1966年はレギュレーションの変更に因む混乱により苦戦を強いられ、6シーズンぶりの未勝利に終わってしまう。ヒルは成功を共にしたBRMを離れ、ライバルチーム、ロータスへの移籍を決意する。

ロータス時代編集

 
ロータス49Bに乗るグラハム・ヒル(1969年ドイツGP

1967年のロータスは、クラークとヒルの豪華なジョイント・ナンバー・ワン体制となった。当時クラークは税金対策でパリに居住していたので、ロータス・49の開発テストを任されたが、フォード・コスワース・DFVエンジンの初期トラブルやZF製ギアボックスの低信頼性のため7回リタイアし、49では2戦しか完走できず、1度も優勝できずに(他にロータス・33でモナコGP2位入賞)、ヒルはクラークの陰に隠れてしまった。

1968年はクラークがF2参戦中に事故死する事態に、ヒルは自らの活躍でクラークの死に意気消沈していたチームスタッフを奮い立たせた。この年3勝を挙げ、6年ぶりに自身2度目のチャンピオンを獲得した。

しかし、1969年は新加入のヨッヘン・リントに速さで劣り、またしてもチームメイトの陰に隠れる形となる。第3戦モナコGPでは、自身5度目の同GP優勝を記録したが、これは最終的に自身最後の優勝となった。リントが初優勝した第10戦アメリカGPでは、ヒルはエンジン再始動時のアクシデントで脚を骨折する重傷を負ってしまう。

プライベーターでの参戦編集

前年の負傷がキャリアの転機となり、1970年よりロブ・ウォーカー・レーシング・チームのプライベート・ロータスで走ることになったが、かつての速さをとり戻すことはなかった。これ以後は優勝はおろか、表彰台に昇ることも無かった。やがて、その熱意は自らのチームを立ち上げ、自ら運転する「オーナー・ドライバー」の夢へと向かうことになる。

チーム設立編集

1973年に、自分のチームであるヒル (Embassy Racing With Graham Hill) を結成。初年度はシャドウ、翌1974年はローラからシャシーを購入して参戦したが、自らのドライビングによる第7戦スウェーデンGP6位入賞以外は結果を残せずに終わった。

1975年の第4戦スペインGPからは、念願の自社製シャシーであるヒル・GH1で参戦を開始した。しかし競争力に欠け、過去5勝を記録したモナコGPで予選落ちを喫した。このレースを最後にF1ドライバーを引退し、監督業に専念した。その後は、新鋭のトニー・ブライズアラン・ジョーンズの頑張りにより、チームはこの年3ポイントを獲得した。

ヒルはF1では1958年から1975年にかけて176戦でスタートを記録した(予選落ちしたレース等を含めたエントリー記録では179戦を記録)。この最多出走記録は、1989年ブラジルグランプリリカルド・パトレーゼが177戦目のレーススタートを果たすまで誰にも破られることはなかった[注 5]

事故死編集

1975年シーズン終了後の11月、ヒルチームはフランスのポール・リカール・サーキットで翌シーズン用のヒル・GH2のテストを行った。そのテストからの帰途、11月29日21時30分頃、ヒル自ら操縦していた軽飛行機は、霧のかかったエルストゥリー飛行場英語版に着陸を試みた際に、飛行場の3海里(5.6km)東に位置するアークリーのゴルフ場に墜落した[9][10][11]

墜落の結果、搭乗していた6名は全員死亡し、同乗していたメインドライバーのトニー・ブライズ、チームマネージャーのレイ・ブリンブル、GH2の設計者であるアンディ・スモールマンらを含むチームのメンバーたちと共に、ヒルは帰らぬ人となった。事故原因について、事故調査局がまとめた事故報告書の結論では、この事故に機体の異常等は認められず、また着陸に向けた航空管制にも不備は確認できず、(断定はできないものの、としつつ)パイロットが霧で視界不良の中で着陸を試み、飛行場までまだ距離があるにもかかわらず尚早に高度を下げていったことに原因があった可能性を示唆している[9]

ヒルの葬儀は聖オルバンズ大聖堂英語版で行われ、遺体はハートフォードシャー州シェンリーの聖ボトルフ墓地に葬られた。

事故の影響編集

  • 1976年から使用されるはずだったGH2は、1975年に行われた2回のテストで良好なタイムを記録しており、チームは翌年に期待を抱いていたが[11]、この事故で主要なメンバーを失ったことで、チームは消滅した。イギリス人の若手ドライバーとして期待の星だったトニー・ブライズが失われたことはファンを落胆させた[4][12]
  • 事故に際して、グラハム・ヒルは自身の飛行免許と所有していた墜落機の登録状況に不備を抱えており[9]、これを理由に遺族であるヒル家は保険金の支払いを拒否された[13][14]。ヒル家は同乗者遺族への補償金支払いを私財から行うことになり、窮乏生活を強いられることになる。この時、長男デイモンは15歳で、後に彼も父と同様、レーサーを志す事となった[注 6]

エピソード編集

人物
 
1971年のグラハム・ヒル。
  • 口ひげを蓄えた優雅な風貌や紳士的な物腰は、かつてモータースポーツが貴族の趣味であった時代の「ジェントルマン・ドライバー」を思わせた。息子デイモンも幼い頃、その姿に憧れたと語っている。
当時のF1ドライバーの中にあって`50年代のハリウッドスター的風貌は、渋い二枚目としてモータースポーツにさして興味のない人達からも人気を博し、ドライバー本人が広告塔としてメディアに取り上げられた最初の例となった。ヒル以降、F1ドライバーもサッカーなどの他のプロスポーツ選手の様にスターとしての知名度が上がってゆくことになる。
グランプリドライバー本人が多数出演する映画『グラン・プリ』でも、他のドライバー達がパドックでうろつく姿やマシンに乗りこむカットのみが使われた中、写真写りがよく既にメディアでも取り上げられていたヒルのみ台詞付きで登場する。
  • トレードマークとなった口ひげや襟足の長い髪型は兵役の終わり頃に、「口ひげは全て剃るか、全て伸ばした状態(full beard)にする」ことのみ認めていた海軍への反感から始めたものである[7]
  • 紳士的な風貌の一方で、ひょうきんな素顔を持つ人だったという。また落ち着いた風貌とは裏腹に、激高して怒鳴り散らす気分屋としてもF1界では有名だった。
それまで、マシンの整備ミスがあっても「担当のメカニックが叱られるから」という理由でチーム監督のチャップマンには黙っている優しいジム・クラークと仕事をしてきたロータスのメカニックたちは、翌シーズンにヒルがロータスへ移籍してくることを聞き、恐怖を覚えたという。
家族
  • 父親は機械関係とは縁遠く、車を運転したこともないような人物だった[6]。一方、母親は10代からトライアンフの250㏄バイクに乗っていた[6]
  • 1955年に元ボート競技選手のベティ・シャブルックと結婚[16][17]。長女ブリジット、長男デイモン、次女サマンサの3子をもうける。
ヘルメット
モナコ
  • 兵役中の1951年に乗艦スウィフトシュアがモナコに寄港した際、ヒルはモンテカルロのカジノに行ったりはしたが、この当時の彼は同地で自動車レースが行われているということ自体を全く知らなかったという[7]
その他
  • 1975年11月のポール・リカールでのテストには、写真家のスノードン伯も撮影のため同行していた[19]。一行と同じ飛行機で帰路に就く予定だったが、テストの時点で充分な枚数の写真を撮影していたため、同行を辞退し難を逃れた[19]
  • 1999年、ノーサンプトンシャー州シルバーストンにある英国レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)からグラハムのブロンズ像が盗まれる事件が起こった。8年後の2007年末、ボルトン、リトルリバーのビヴァリー・ロードの家でこの像が発見されたとき、当時のBRDC会長は息子デイモンであった。後日、像がBRDCに戻った際、彼はこの件について「BRDCのクラブハウスにこの胸像が戻ってきたことは格別だ」と述べ、「レーシング・ドライバーとしても、チャンピオンとしても、彼(グラハム・ヒル)はとても特別で、感動を与えることができる人物だった。警察が銅像を追跡し、ふさわしい場所にやっと取り戻してくれたことは素晴らしい」と語った[20]

F1での年度別成績編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1958年 ロータス 12 ARG MON
Ret
NED
Ret
500 NC
(22位)
0
16 BEL
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret*
POR
Ret
ITA
6
MOR
16
1959年 MON
Ret
500 NED
7
FRA
Ret
GBR
9
GER
Ret
POR
Ret
ITA
Ret
USA NC
(25位)
0
1960年 オーウェン P25 ARG
Ret
15位 4
P48 MON
7
500 NED
3
BEL
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
POR
Ret
ITA USA
Ret
1961年 P48/57 MON
Ret
NED
8
BEL
Ret
FRA
6
GBR
Ret
GER
Ret
ITA
Ret
USA
5
16位 3
1962年 P57 NED
1
MON
6
BEL
2
FRA
9
GBR
4
GER
1
ITA
1
USA
2
RSA
1
1位 42 (52)
1963年 MON
1
BEL
Ret
NED
Ret
GBR
3
GER
Ret
USA
1
MEX
4
RSA
3
2位 29
P61 FRA
3
ITA
16
1964年 P261 MON
1
NED
4
BEL
5
FRA
2
GBR
2
GER
2
AUT
Ret
ITA
Ret
USA
1
MEX
11
2位 39 (41)
1965年 RSA
3
MON
1
BEL
5
FRA
5
GBR
2
NED
4
GER
2
ITA
2
USA
1
MEX
Ret
2位 40 (47)
1966年 MON
3
BEL
Ret
FRA
Ret
GBR
3
NED
2
GER
4
5位 17
P83 ITA
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
1967年 ロータス 43 RSA
Ret
7位 15
33 MON
2
49 NED
Ret
BEL
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
CAN
4
ITA
Ret
USA
2
MEX
Ret
1968年 RSA
2
ESP
1
1位 48
49B MON
1
BEL
Ret
NED
9
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
2
ITA
Ret
CAN
4
USA
2
MEX
1
1969年 RSA
2
ESP
Ret
MON
1
NED
7
FRA
6
GBR
7
GER
4
ITA
9
CAN
Ret
USA
Ret
MEX 7位 19
1970年 ロータスロブ・ウォーカー 49C RSA
6
ESP
4
MON
5
BEL
Ret
NED
NC
FRA
10
GBR
6
GER
Ret
AUT 13位 7
72C ITA
DNS
CAN
NC
USA
Ret
MEX
Ret
1971年 ブラバム BT33 RSA
9
21位 2
BT34 ESP
Ret
MON
Ret
NED
10
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
9
AUT
5
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
7
1972年 BT33 ARG
Ret
RSA
6
15位 4
BT37 ESP
10
MON
12
BEL
Ret
FRA
10
GBR
Ret
GER
6
AUT
Ret
ITA
5
CAN
8
USA
11
1973年 シャドウエンバシー DN1 ARG BRA RSA ESP
Ret
BEL
9
MON
Ret
SWE
Ret
FRA
10
GBR
Ret
NED
NC
GER
13
AUT
Ret
ITA
14
CAN
16
USA
13
NC
(26位)
0
1974年 ローラエンバシー・ヒル T370 ARG
Ret
BRA
11
RSA
12
ESP
Ret
BEL
8
MON
7
SWE
6
NED
Ret
FRA
13
GBR
13
GER
9
AUT
12
ITA
8
CAN
14
USA
8
18位 1
1975年 T371 ARG
10
BRA
12
RSA
DNQ
ESP NC
(28位)
0
ヒル GH1 MON
DNQ
BEL SWE NED FRA GBR GER AUT ITA USA

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2018年シーズン終了時点までで、親子でF1チャンピオンを獲得した例はヒル父子とロズベルク父子(ケケニコ)の2例だけである。
  2. ^ ヒルが四輪の運転免許を取得したのはこの出来事の後である[2]
  3. ^ 当時のロータスは小さな組織であり、従業員に過ぎないヒルでもそうした機会を得ることができた[2]
  4. ^ チーム・ロータスのF1参戦開始時のドライバーだった。
  5. ^ パトレーゼ以前にジャック・ラフィット1986年イギリスグランプリで決勝出走176戦で並び、エントリー数では180戦となり上回っている。ラフィットはこのレースのスタート直後に起こった事故で負った骨折により引退を余儀なくされ、結果的にヒルの記録を抜くことはできなかった。
  6. ^ デイモンは自伝の中で、15歳の時に父が死去するという出来事がもしなかったら、自分が父と同じ道を辿ることはなかったのではないだろうか、と語っている[7]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Graham Hill and the Triple Crown (1) – A winless nine-year stretch at the 24 Hours” (英語). Hear The Boat Sing (2017年5月11日). 2019年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Gerald Donaldson. “HALL OF FAME: Graham Hill” (英語). Formula One official website. 2019年9月29日閲覧。
  3. ^ CIRCUITS: MONACO” (英語). Inside F1, Inc.. 2017年6月19日閲覧。
  4. ^ a b c Graham Moggipaldi (2008年12月2日). “From the Vault: motor racing legend Graham Hill killed in a plane crash” (英語). ガーディアン(電子版)・Guardian Classic. 2019年9月29日閲覧。
  5. ^ a b Hunter Davies (1995-03-01). “Graham Hill” (英語). Hunting People: Thirty Years of Interviews With the Famous. Mainstream Publishing. ISBN 978-1851585519. 
  6. ^ a b c d e f Graham Moggipaldi (2012年5月21日). “Graham Hill – The Man They Called “Mister Monaco”” (英語). BadgerGP.com. 2019年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e Hill, Damon (2016-08-30). “1 » THE LEGEND OF GRAHAM HILL” (英語). Watching the Wheels: My Autobiography. マクミラン出版社. ISBN 978-1509831906. 
  8. ^ Bas Naafs (2017年). “Graham Hill: a portrait” (英語). Drivetribe. 2019年9月29日閲覧。
  9. ^ a b c P J Bardon, Accidents Investigation Branch, Department of Trade (1976年9月29日). “Piper PA 23-250 Turbo Aztec 'D' N6645Y Report on the accident at Arkley golf course, Arkley, Hertfordshire, on 29 November 1975. 3. Conclusions” (英語). GOV.UK. Her Majesty's Stationery Office. 2019年9月25日閲覧。
  10. ^ Accidents Investigation Branch, Department of Trade (1976年9月29日). “Piper PA 23-250 Turbo Aztec 'D' N6645Y Report on the accident at Arkley golf course, Arkley, Hertfordshire, on 29 November 1975. Appendix B” (英語). GOV.UK. Her Majesty's Stationery Office. 2019年9月29日閲覧。
  11. ^ a b Paul Landry (2019年9月25日). “Embassy Hill” (英語). Retro GP. 2019年9月29日閲覧。
  12. ^ Nigel Roebuck. “Tony Brise, Britain's lost champion” (英語). Motor Sport Magazine. p. 40. 2019年9月29日閲覧。
  13. ^ Brian Viner (1999年3月3日). “Motor racing: Hill driven on by quest for true respect” (英語). インデペンデント (電子版). 2019年9月25日閲覧。
  14. ^ Hill, Damon (2016-08-30). “7 » THE ACCIDENT” (英語). Watching the Wheels: My Autobiography. マクミラン出版社. ISBN 978-1509831906. 
  15. ^ a b Hill, Damon (2016-08-30). “4 » THE GARDEN OF EDEN: MILL HILL” (英語). Watching the Wheels: My Autobiography. マクミラン出版社. ISBN 978-1509831906. 
  16. ^ Bette Hill (née Shubrook) – Rowing Story” (英語). Rowing Story. 2019年9月25日閲覧。
  17. ^ David Tremayne (2017年12月12日). “Bette Hill: Formidable driving force behind F1 champions Graham Hill and Damon Hill” (英語). インデペンデント (電子版). 2019年9月25日閲覧。
  18. ^ Graham Hill: English Gentleman, Oarsman and King of Monaco” (英語). Hear The Boat Sing (2014年5月9日). 2019年9月29日閲覧。
  19. ^ a b "Lord Snowdow missed Hill death flight". The Times (59567). London. 2 December 1975. col B, p. 3.
  20. ^ グラハム・ヒルの胸像、クラブに戻る - F1通信・2008年1月25日

関連項目編集

外部リンク編集