グラム・パーソンズ

イングラム・セシル・コナー3世英語: Ingram Cecil Connor III1946年11月5日 - 1973年9月19日)は、グラム・パーソンズ英語: Gram Parsons)の名で知られるアメリカ合衆国フロリダ州出身のシンガーソングライターバーズのアルバム『ロデオの恋人』に参加し、カントリーロックという新たな流れを生み出したことで知られる[2]

グラム・パーソンズ
Gram Parsons.jpg
グラム・パーソンズ(1972年)
基本情報
出生名 イングラム・セシル・コナー3世[1]
生誕
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州ウェークロス
死没
ジャンル カントリーロック[2]
職業
担当楽器
活動期間 1963年 - 1973年
レーベル
共同作業者
公式サイト Gram Parsons | Official website
カントリー・ミュージックの殿堂の展示スペース

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第87位にランクインしている[3]

略歴編集

フロリダ州生まれ、ジョージア州育ち。ハーバード大学在学時にカントリーミュージックに入れ込んだ。

1966年にインターナショナル・サブマリン・バンドを結成、1968年にはアルバムを発表。その後バーズに加入し、『ロデオの恋人』に全面参加。グラムのカントリーの影響がバーズに新風を与え、カントリーロックというジャンルの確立に貢献した。また、ローリング・ストーンズキース・リチャーズとは大変親交が深かった。

グラムは『ロデオの恋人』が発売される1か月前に突然バーズを脱退し、フライング・ブリトー・ブラザーズを結成。1969年に『黄金の城』、1970年に『ブリトー・デラックス』を発表した。キース・リチャーズとはこの頃から親交を深めた。フライング・ブリトー・ブラザーズクリス・ヒルマンは「グラムは僕らとではなく、キースと一緒にいたかったんだよ」と語っている。グラムはバンドの南アフリカツアーを出発当日にキャンセルし、キースやストーンズのメンバーのスタジオを訪れていた。グラムはフライング・ブリトー・ブラザーズのストーンズの楽曲「ワイルド・ホース」を、ミックとキースの許可を得て、ストーンズのスティッキー・フィンガーズよりも1年前のセカンドアルバムの最終曲として発表している。

1970年には、ジャニス・ジョプリンザ・バンドグレイトフル・デッドバディ・ガイと共にカナダを鉄道で回るツアーを行う。その模様は、後に映画『フェスティバル・エクスプレス』として公開された。

その後、グラムはソロに転じ、1973年に初のソロ・アルバム『GP』を発表。ジェームズ・バートンエルヴィス・プレスリーのバック・ギタリスト)、リック・グレッチ(元ブラインド・フェイス)、エミルー・ハリス等の豪華ゲストを起用した作品である。しかし、商業的に成功を収めることはできなかった。

ソロ第2弾『グリーヴァス・エンジェル』を制作するが、発売前の1973年9月19日カリフォルニア州ヨシュア・トゥリーにあるモーテルJoshua Tree Innの8号室で、麻薬の過剰摂取により死去。26歳没[4]1974年になって、『グリーヴァス・エンジェル』は彼の遺作として発表された。

ディスコグラフィー編集

THE BYRDS編集

  • Sweetheart Of The Rodeo1968年

THE FLYING BURRITO BROTHERS編集

ソロ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ グラム・パーソンズ(Gram Parsons)の生涯――アメリカーナを確立させた立役者”. Mikiki. タワーレコード (2020年12月25日). 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ a b Erlewine, Stephen Thomas. “Gram Parsons | Biography & History”. AllMusic. All Media Group. 2021年4月3日閲覧。
  3. ^ 87. Gram Parsons”. 100 Greatest Artists. Rolling Stone (2010年12月3日). 2021年4月3日閲覧。
  4. ^ L.A. Weekly - The Cult of Gram Parsons Lives on in Joshua Tree

外部リンク編集