メインメニューを開く

グランアレグリア(西:Gran Alegria[1])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2018年サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)、2019年桜花賞(GI)。

グランアレグリア
Gran Alegria Maiden 2018.jpg
2018年東京新馬戦
欧字表記 Gran Alegria[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2016年1月24日(3歳)
ディープインパクト
タピッツフライ
母の父 Tapit
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 藤沢和雄美浦
競走成績
生涯成績 5戦3勝
獲得賞金 1億9877万5000円
(2019年5月5日現在)
 
勝ち鞍
GI 桜花賞 2019年
GIII サウジアラビアロイヤルカップ 2018年
テンプレートを表示

戦績編集

デビュー前編集

2016年1月24日、北海道安平町ノーザンファームで誕生[1]一口馬主法人「サンデーサラブレッドクラブ」より総額7000万円(1口175万円×40口)で募集された[2]。馬名の意味はスペイン語で「大歓声」[3]

2歳(2018年)編集

美浦藤沢和雄厩舎に入厩。2018年6月3日の新馬戦東京芝1600m)でクリストフ・ルメールを鞍上に迎えてデビューし、終始楽な手応えで2着ダノンファンタジーに2馬身差を付けて楽勝する。勝ち時計は2歳の新馬戦としては破格の1分33秒6であり[4]、従来の2歳新馬レコード[注 1]であった1分34秒7を実に1秒1も更新する驚異のレコードタイムであった[5]

夏場は休養にあて、10月6日のサウジアラビアロイヤルカップで復帰。牡馬相手かつ休み明けでプラス18キロの馬体重ながら、単勝1.3倍の断然人気に推される。ゲートで立ち遅れて後方からのスタートになったが、掛かり気味に2番手に取り付くと、直線は余裕の手応えで抜け出し、2着ドゴールに3馬身半差をつける圧勝で無傷の重賞制覇を遂げた[6]

クリストフ・ルメール香港国際競走に騎乗するため、同日の牝馬限定戦である阪神ジュベナイルフィリーズを回避して翌週の牡馬相手である朝日杯フューチュリティステークスに出走。1980年テンモン以来38年ぶりの牝馬による同レース制覇が期待され、単勝1.5倍の支持を集めた。しかし、レースでは2番手を追走したものの、直線入口でアドマイヤマーズに交わされると内にモタれる様子を見せ、最後はクリノガウディーにも交わされて3着に敗れた[7]

3歳(2019年)編集

陣営は桜花賞のトライアルレースを使わずに、2019年4月7日の桜花賞本番に直行。レースは3~4コーナーでグランアレグリアが動いて直線入り口で逃げたプールヴィルに並び掛け、直線で先頭に立つとあとは独走状態となり、後続に2馬身半差で圧勝して牝馬クラシック1冠を獲得した。勝ち時計1分32秒7は、前年のアーモンドアイを0秒4上回るレースレコード。中111日での勝利はやはりアーモンドアイの中89日を更新する新記録。桜花賞を年明け初戦の馬が制したのも初となった。鞍上のクリストフ・ルメールは桜花賞連覇。管理する藤沢和雄調教師は2004年のダンスインザムード以来15年ぶり2度目の桜花賞制覇となった[8]

5月5日のNHKマイルカップでは朝日杯FS以来となるアドマイヤマーズとの2強対決が注目された中で1番人気に推される。レースでは直線で桜花賞のような鋭い伸びを見せられず4位入線となった。さらに、直線コースで外側に斜行し、5位入線のダノンチェイサー(鞍上川田将雅)の進路を狭くしたため、5位に降着となってしまった。[9]。鞍上のルメールは3月2日に不注意騎乗で騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間で不注意騎乗を繰り返したため過重制裁を適用、5月11日 - 26日(開催6日間)の騎乗停止処分を受け、騎乗予定があった東京優駿など[注 2]での騎乗ができなくなった。

夏は休養に充て、秋は3歳牝馬としては異例のスプリンターズステークスからの始動を予定[11]していたが、左前脚に溜まっていた膿の完治が難しいと判断され回避することが決まった[12]

競走成績編集

以下の内容はnetkeiba.comの情報[13]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.06.03 東京 2歳新馬 芝1600m(良) 15 8 14 001.80(1人) 01着 R1:33.6(33.5) -0.3 0C.ルメール 54 ダノンファンタジー 458
0000.10.06 東京 サウジアラビアRC GIII 芝1600m(良) 8 4 4 001.30(1人) 01着 R1:34.0(34.0) -0.6 0C.ルメール 54 (ドゴール) 476
0000.12.16 阪神 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 15 2 2 001.50(1人) 03着 R1:34.3(34.6) -0.4 0C.ルメール 54 アドマイヤマーズ 482
2019.04.07 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 18 4 8 003.40(2人) 01着 R1:32.7(33.3) -0.4 0C.ルメール 55 (シゲルピンクダイヤ) 476
0000.05.05 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(良) 18 4 7 001.50(1人) 05着[注 3] R1:32.7(34.3) -0.3 0C.ルメール 55 アドマイヤマーズ 474
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す
  • 競走成績は2019年5月5日現在

血統表編集

グランアレグリア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*タピッツフライ
Tapitsfly
2007 芦毛
Tapit
2001 芦毛
Pulpit A.P. Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Ruby Slippers
母の母
Flying Marlin
1999 鹿毛
Marlin Sword Dance
Syrian Summer
Morning Dove Fortunate Prospect
Pink Dove
母系(F-No.) 3号族(FN:3-o) [§ 3]
5代内の近親交配 Nijinsky5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ グランアレグリア 5代血統表 2018年10月6日閲覧
  2. ^ グランアレグリア 5代血統表 2018年10月6日閲覧
  3. ^ グランアレグリア 5代血統表 2018年10月6日閲覧
  4. ^ グランアレグリア 5代血統表 2018年10月6日閲覧

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 従来の新馬レコードはアプリコットフィズ2009年11月に記録した1分34秒7。グランアレグリアはそれより約5ヶ月も早い時期にレコードを更新している[5]
  2. ^ 皐月賞で鞍上を務め、東京優駿でも騎乗予定だったサートゥルナーリアダミアン・レーンに乗り替わり、目黒記念で初コンビを結成する予定だったブラストワンピースが主戦の池添謙一の続投となったなど、多くのレースに影響が出た[10]
  3. ^ 4位入線5着降着(被害馬:ダノンチェイサー

出典編集

  1. ^ a b c グランアレグリア JBISサーチ
  2. ^ グランアレグリアの新馬データ. netkeiba.com. 2018年10月6日閲覧
  3. ^ 競走馬登録馬名簿・馬名意味. JRA. 2018年10月6日閲覧
  4. ^ 【POG】グランアレグリアがレコードで完勝 父母合わせて日米G1・9勝の良血馬. デイリースポーツ(2018年6月4日付). 2018年10月6日閲覧
  5. ^ a b 【POGマニア】グランアレグリアが新馬コースレコード勝ち!今年もノーザンF開幕ラッシュだ. スポーツ報知(2018年6月4日付). 2018年10月6日閲覧
  6. ^ 【サウジアラビアRC】グランアレグリア、無傷2連勝で重賞初制覇. サンケイスポーツ(2018年10月6日付). 2018年10月6日閲覧
  7. ^ 桜花賞は勝った【朝日杯FS】グランアレグリア牝馬Vならず3着 ルメール「ミルコの馬が来ると内ラチにモタれた」. サンケイスポーツ(2018年12月16日付). 2018年12月19日閲覧
  8. ^ 【桜花賞】グランアレグリア アーモンドアイ超えレコードV「速っ。いいね」 - スポーツニッポン、2019年4月8日(2019年4月19日閲覧)
  9. ^ スポーツ報知、2019年5月5日付、【NHKマイルC】1番人気のグランアレグリアは走行妨害で4位入線から5着に降着、2019年5月6日閲覧。
  10. ^ ルメール騎乗停止…日本ダービーもアウト サートゥル乗れず-サンケイスポーツ、2019年5月6日閲覧。
  11. ^ 【次走報まとめ】桜花賞馬グランアレグリアがスプリンターズSに電撃参戦! | 競馬ニュース | 競馬ラボ” (日本語). www.keibalab.jp. 2019年9月26日閲覧。
  12. ^ 桜花賞馬グランアレグリアがスプリンターズSを回避” (日本語). スポーツ報知 (2019年9月21日). 2019年9月26日閲覧。
  13. ^ グランアレグリア”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年10月6日閲覧。
  14. ^ タピッツフライ(USA). JBISサーチ(JBIS-Search). 2018年10月6日閲覧

外部リンク編集