グランテタブリスマン

グランテタブリスマンフランス語: Grand établissement)は、フランス教育法典第7項の規定に準拠した科学的、文化的、職業的性質を持つ特別教育機関である。

概要編集

フランス教育法第717条に従って設置されたこれらの機関は、国民教育省の所管ではなく、フランス国務院の特別令によって定められ、運営されている。フランス国内の学術において、特定の歴史を有する公的機関をまとめる目的で1984年に発足した[1]2013年に高等教育研究関連法(Loi relative à l'enseignement supérieur et à la recherche[2])が制定され、「特定の歴史的特徴を持つ教育機関」に制限された。

所属機関編集

脚注編集

[脚注の使い方]