メインメニューを開く

グランデッツァ (: Grandezza) は、日本競走馬種牡馬である。おもな勝ち鞍は2012年スプリングステークス[1]。馬名の由来は、イタリア語で偉大、雄大[2]

グランデッツァ
Grandezza20120527.jpg
原語表記 Grandezza
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 2009年3月3日(10歳)[1]
登録日 2011年7月21日
抹消日 2015年11月6日
アグネスタキオン
マルバイユ
母の父 Marju
生国 日本の旗 日本北海道千歳市[2]
生産 社台ファーム[1]
馬主 社台レースホース[1]
調教師 平田修栗東[3]
競走成績
生涯成績 19戦5勝[3]
獲得賞金 2億2320万4000円[1]
勝ち鞍 GII:スプリングステークス2012年
GIII:札幌2歳ステークス2011年)、七夕賞2015年[1]
テンプレートを表示

目次

経歴編集

2011年編集

デビューは8月21日の札幌の芝1800m戦。8頭立ての最後方から直線追い込むも2着惜敗するが[4]、9月17日に前走と同じ札幌の未勝利戦は単勝オッズ1.1倍と圧倒的一番人気に応え、2着に8馬身差の大勝で初勝利を飾った[5]。そして札幌2歳ステークスは好位から抜け出して重賞初制覇した[6]ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは4、5番手で先行し、直線では一時トップになるも、伸び脚が鈍く後ろから差されて3着に敗れた[7]

2012年〜2013年編集

3歳初戦となったスプリングステークスディープブリランテをゴール前で差し切って、重賞2勝目となった[8][9]。そして4月15日の皐月賞では1番人気での出走となった[10]。レースは大外18枠発走から終始後方外を回る展開となり[11]、直線で追い上げるも5着に敗れた[10]5月27日日本ダービーは5番手に付けるも、直線では伸びず10着に敗れた[12]。陣営は距離が長かったことを敗因に挙げていた[12]。そして秋になって左前脚屈腱炎を発症し、長期休養となってしまった[13]

2014年編集

休業後、2戦はいずれもダート戦だったもののポルックスステークスで16着[14]、アルデバランSで11着[15]と惨敗だった。復帰3戦目だった都大路ステークスは2番手から最後は2着に5馬身差の圧勝で復帰後初勝利。時計も1分43秒9の日本レコードだった[16]。しかし、続く安田記念は不良馬場が影響したか、ジャスタウェイの11着に敗れる[17]函館記念に1番人気で出走する[18]。先行するも、直線で伸びず10着と敗れた[18]。10月の毎日王冠で5着、11月のマイルチャンピオンシップ3着といずれも先行するも敗戦[19][20]

2015年編集

 
2015年の第51回七夕賞で勝利したグランデッツァ

好成績を残している京都の京都金杯で勝利を目指したが[21]、直線では伸びず5着に敗れる[22]。続く都大路ステークスではエイシンヒカリに逃げ切りを許し、2着となる[23]鳴尾記念では好位を進むも[24]、前が詰まり5着に敗れた[25]七夕賞では直線で2番手から抜け出すと[26]、2014年にメイショウナルトが記録したレースレコードを0.5秒更新し勝利した[27]。勝利は1年2か月ぶり、重賞勝利は3年4か月ぶりとなった[2]。その後、3ヶ月の休養をはさんだ毎日王冠では11着。その後、マイルチャンピオンシップに向けて調整されていたが、屈腱炎を再び発症し引退することになった[28]。引退後はブリーダーズスタリオンステーションで種牡馬となる[29][30][31]

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2011.08.17 札幌 2歳新馬 芝1800m(良) 8 2 2 02.3(2人) 02着 R1:52.8(34.0) -0.1 秋山真一郎 54kg マカハ
0000.09.17 札幌 2歳未勝利 芝1800m(良) 7 2 2 01.1(1人) 01着 R1:50.9(36.9) -1.3 秋山真一郎 54kg (マイネルテュール)
0000.10.01 札幌 札幌2歳S GIII 芝1800m(稍) 13 7 11 01.6(1人) 01着 R1:50.8(36.4) -0.1 秋山真一郎 55kg ゴールドシップ
0000.12.24 阪神 ラジオNIKKEI杯2歳S GIII 芝2000m(良) 16 7 13 03.5(2人) 03着 R2:02.6(35.5) -0.2 秋山真一郎 55kg アダムスピーク
2012.03.18 中山 スプリングS GII 芝1800m(重) 14 8 14 06.0(3人) 01着 R1:50.7(35.5) -0.2 M.デムーロ 56kg ディープブリランテ
0000.04.15 中山 皐月賞 GI 芝2000m(稍) 18 8 18 03.1(1人) 05着 R2:02.0(35.4) -0.7 M.デムーロ 57kg ゴールドシップ
0000.05.27 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 8 17 13.9(4人) 10着 R2:24.6(35.0) -0.8 池添謙一 57kg ディープブリランテ
2014.01.12 中山 ポルックスS OP ダ1800m(重) 16 3 6 19.3(8人) 16着 R1:59.2(44.9) -8.3 戸崎圭太 56kg ソロル
0000.02.15 京都 アルデバランS OP ダ1900m(不) 16 7 14 53.9(10人) 11着 R1:58.9(40.0) -2.9 国分優作 57kg エーシンゴールド
0000.05.18 京都 都大路S OP 芝1800m(良) 18 8 17 10.7(5人) 01着 R1:43.9(34.0) -0.9 秋山真一郎 56kg ディサイファ
0000.06.08 東京 安田記念 GI 芝1600m(不) 17 1 1 13.8(4人) 11着 R1:38:0(38.3) -1.2 石橋脩 58kg ジャスタウェイ
0000.07.20 函館 函館記念 GIII 芝2000m(良) 15 2 5 3.6(1人) 10着 R2:01:0(37.6) -1.2 秋山真一郎 57.5kg ラブイズブーシェ
0000.10.12 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 15 5 9 6.0(2人) 05着 R1:45:5(34.3) -0.3 秋山真一郎 56kg エアソミュール
0000.11.23 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 17 2 3 18.6(9人) 03着 R1:31:7(34.8) -0.2 秋山真一郎 57kg ダノンシャーク
2015.01.04 京都 京都金杯 GIII 芝1600m(良) 18 4 8 4.1(1人) 05着 R1:33:1(34.2) -0.3 秋山真一郎 57.5kg ウインフルブルーム
0000.05.16 京都 都大路S OP 芝1600m(稍) 13 7 11 2.7(2人) 02着 R1:45:9(34.6) -0.2 川田将雅 57kg エイシンヒカリ
0000.06.06 阪神 鳴尾記念 GIII 芝2000m(良) 11 1 1 5.6(3人) 05着 R1:59:3(35.6) -0.5 川田将雅 56kg ラブリーデイ
0000.07.12 福島 七夕賞 GIII 芝2000m(良) 16 6 11 4.5(2人) 01着 R1:58:2(34.3) -0.2 川田将雅 57kg (ステラウインド)
0000.10.11 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 13 1 1 16.4(8人) 11着 R1:46:4(34.5) -0.8 福永祐一 56kg エイシンヒカリ
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す
  • [32]

血統表編集

グランデッツァ血統サンデーサイレンス系 / クロス無し) (血統表の出典)[§ 1]

アグネスタキオン
1998 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
アグネスフローラ
1987 鹿毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー *リマンド
イコマエイカン

*マルバイユ
Marbye 2000
鹿毛
Marju 1988
黒鹿毛
*ラストタイクーン
Last Tycoon
*トライマイベスト
Mill Princess
Flame of Tara *アーティアス
Welsh Flame
母の母
Hambye 1994
鹿毛 イギリス
Distant Relative Habitat
Royal Sister
Paglietta Gener Final Straw
Miss Puddleduck
母系(F-No.) (FN:9-f)
出典
  1. ^ [33]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 一口馬主DB グランデッツァ”. 一口馬主DB. 2015年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c “【七夕賞】将雅に導かれグランデッツァ3年4ヶ月ぶり重賞V”. 競馬ラボ. (2015年7月12日). http://keibalab.jp/topics/27593/ 2015年7月13日閲覧。 
  3. ^ a b グランデッツァ”. 日本軽種馬協会. 2015年7月13日閲覧。
  4. ^ “4番人気マカハ、良血馬グランデッツァの追撃抑える/新馬戦”. netkeiba.com. (2011年8月21日). http://pr.news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=57976 2015年7月12日閲覧。 
  5. ^ a b “【札幌1R】グランデッツァ、8馬身差圧巻V!”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2011年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2011/09/18/kiji/K20110918001644300.html 2015年7月12日閲覧。 
  6. ^ 【札幌2歳S】(札幌)~良血グランデッツァが断然人気に応えて初重賞V”. 中央競馬実況Web. ラジオNIKKEI (2011年10月1日). 2015年7月12日閲覧。
  7. ^ 第28回ラジオNIKKEI杯(G3)”. netkeiba.com (2011年12月24日). 2015年7月12日閲覧。
  8. ^ “スプリングS・グランデッツァが豪快な差し切り勝ち(18日)”. 馬三郎タイムス (デイリースポーツ). (2012年3月19日). http://uma36.com/?pid=news_view&news_id=13259&category=B&id=c201206020811 2015年7月13日閲覧。 
  9. ^ 第61回フジTVスプリングS(G2)”. netkeiba.com (2012年3月18日). 2015年7月13日閲覧。
  10. ^ a b “皐月賞・ゴールドシップがインから抜け出し完勝”. 馬三郎タイムス (デイリースポーツ). (2012年4月16日). http://uma36.com/?pid=main_race_news&category=B&id=c201206030811 2015年7月13日閲覧。 
  11. ^ 第72回皐月賞(G1)”. netkeiba.com (2012年4月15日). 2015年7月13日閲覧。
  12. ^ a b “【日本ダービー】グランデッツァ失速「距離かな」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2012年5月28日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/05/28/kiji/K20120528003340650.html 2015年7月13日閲覧。 
  13. ^ “グランデッツァが左前脚屈腱炎 全治は不明”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2012年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/10/04/kiji/K20121004004251960.html 2013年5月13日閲覧。 
  14. ^ ポルックスステークス”. netkeiba.com (2014年1月12日). 2015年7月13日閲覧。
  15. ^ アルデバランS”. netkeiba.com (2014年2月15日). 2015年7月13日閲覧。
  16. ^ “【京都11R・都大路S】グランデッツァが日本レコードV”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2014年5月18日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/05/18/kiji/K20140518008182500.html 2015年7月13日閲覧。 
  17. ^ “【安田記念(GI)】(東京)~ジャスタウェイがG寸前捉えてV”. 中央競馬実況Web (ラジオNIKKEI). (2014年6月8日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_3537.html 2015年7月13日閲覧。 
  18. ^ a b “函館記念・ラブイズブーシェが得意の函館で重賞初V”. 競馬ラボ. (2014年7月20日). http://keibalab.jp/topics/23534/ 2015年7月13日閲覧。 
  19. ^ 第65回毎日王冠(G2)”. netkeiba.com. 2015年7月13日閲覧。
  20. ^ 第31回マイルチャンピオンS(G1)”. netkeiba.com (2014年11月23日). 2015年7月13日閲覧。
  21. ^ 初重賞制覇か連覇か/京都金杯の見どころ”. netkeiba.com. 2015年7月13日閲覧。
  22. ^ 第53回スポニチ賞京都金杯(G3)”. netkeiba.com (2015年1月4日). 2015年7月13日閲覧。
  23. ^ 都大路ステークス”. netkeiba.com (2015年5月16日). 2015年7月13日閲覧。
  24. ^ 第68回鳴尾記念(G3)”. netkeiba.com (2015年6月6日). 2015年7月13日閲覧。
  25. ^ “【七夕賞】勝負の秋へ賞金加算だ!グランデッツァ”. サンスポ競馬予想王 (産経新聞社). (2015年7月11日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20150711/ope15071112550005-n1.html 2015年7月13日閲覧。 
  26. ^ “【七夕賞】グランデッツァ復活V”. デイリースポーツ. (2015年7月13日). http://www.daily.co.jp/horse/2015/07/13/0008203866.shtml 2015年7月13日閲覧。 
  27. ^ “グランデッツァ復活重賞3年4カ月ぶり/七夕賞”. 日刊スポーツ. (2015年7月13日). http://p.nikkansports.com/goku-uma/biglobe3/news/article.zpl?topic_id=1&id=1506271&year=2015&month=7&day=13 2015年7月13日閲覧。 
  28. ^ グランデッツァ号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2015年11月5日閲覧
  29. ^ グランデッツァが引退!種牡馬入りへ「アグネスタキオンの最高傑作に」と期待された逸材競馬タイムス、2015年11月5日閲覧
  30. ^ グランデッツァがブリーダーズ・スタリオン・ステーションにスタッドイン競走馬のふるさと案内所、2015年11月14日閲覧
  31. ^ 2016年ブリーダーズ・スタリオン・ステーション繋養種牡馬2016年3月20日閲覧
  32. ^ 競走成績:全競走成績|グランデッツァ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年7月13日閲覧。
  33. ^ 血統情報:5代血統表|グランデッツァ|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年5月14日閲覧。

外部リンク編集