サバンナシマウマ

グラントシマウマから転送)

サバンナシマウマEquus quagga)は、哺乳綱ウマ目(奇蹄目)ウマ科ウマ属に分類されるシマウマの1種。最も一般的で地理的に広く分布しているシマウマ。

サバンナシマウマ
サバンナシマウマ
サバンナシマウマ Equus quagga
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウマ目 Perissodactyla
: ウマ科 Equidae
: ウマ属 Equus
亜属 : シマウマ亜属 Hippotigris
: サバンナシマウマ E. quagga
学名
Equus quagga Boddaert, 1785
シノニム

Equus burchellii Schinz, 1845

和名
サバンナシマウマ
英名
Plains zebra
Common zebra

Plains Zebra area.png

分布編集

アンゴラボツワナコンゴ民主共和国エスワティーニエチオピアケニアマラウイモザンビークナミビアルワンダ南アフリカ南スーダンタンザニアウガンダザンビアジンバブエ[1]

ソマリアブルンジレソトでは絶滅[1]

分類編集

サバンナシマウマには、6個の亜種が存在する[2]

形態編集

 
サバンナシマウマの骨格

体高127-140cm、体長217-246cm、尾長47-56.5cm。オスの体重は220-322kg、メスの体重は175-250kg[3]グレビーシマウマヤマシマウマの中間的なサイズである。ずんぐりした体型で、脚は比較的短く、頭蓋骨は額が凸状であり、鼻の輪郭がやや凹んでいる。オスの首はメスよりも太い。耳は直立し、先端が丸い。耳はヤマシマウマよりも短く、グレビーシマウマよりも細い。ウマ科の他の種と同様、首に沿ってたてがみがあり、尾の端には毛房がある[4][5][6]。体毛は9.4±4 mm[6]で、他のアフリカの有蹄動物よりも短い[7]

 
タンザニアのサバンナシマウマの縞模様のパタンのクローズアップ画像

黒と白の太い縞模様があり、その模様は個体ごとに異なり、1頭として同じものはない。他のシマウマの種に比べて縞が太い。縞は体の全部ではほぼ垂直、後部では水平に近づく。北部の個体群の縞は比較的狭く、明瞭である。南部の個体群は様々であるが、下半身や脚や後部の縞の量は少なくなる。南部の個体群では、黒と白の間に茶色の影のような縞模様があるものがいる。(これは北部の個体群にはほとんど存在しない。)仔馬の出生時の毛色は茶と白であり、年齢とともに茶色からより濃い色に変化する[4][8][9]

縞模様のパタンの異常もさまざま記録されており、黒色化英語版個体は胴体に濃い縞模様が集中しているが、脚には集中していない。「斑点のある」個体は、黒い縞模様が途切れ途切れになる[10]。暗い背景に白い斑点のある模様もある[11]。縞模様の異常は近親交配と関連している[10]アルビノの個体はケニア山の森林で記録されており、縞の暗い部分が金色である[12]クアッガ は頭と首に茶色と白の縞模様があり、上部は茶色で、腹部、尾、脚は白色であった[13]

生態編集

 
ヌーと群れを成すサバンナシマウマ

ヌーとともにサバンナに群れを作っている光景をよく見ることができる。天敵として ライオンブチハイエナリカオンナイルワニがいる。セレンゲティ国立公園ではライオンの獲物としてヌーに次ぐ割合を占める[14]

脚注編集

  1. ^ a b c King, S.R.B. & Moehlman, P.D. 2016. Equus quagga. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T41013A45172424. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-2.RLTS.T41013A45172424.en. Downloaded on 09 April 2020.
  2. ^ サバンナシマウマ [ Equus quagga ]動物事典・2020年4月13日に利用)
  3. ^ Kingdon, J. (1988). East African Mammals: An Atlas of Evolution in Africa, Volume 3, Part B: Large Mammals. University of Chicago Press. pp. 165–179. ISBN 978-0-226-43722-4.
  4. ^ a b Grubb, P. (1981). “Equus burchellii”. Mammalian Species 157 (157): 1–9. doi:10.2307/3503962. JSTOR 3503962. 
  5. ^ Rubenstein, D. I. (2001). “Horse, Zebras and Asses”. In MacDonald, D. W.. The Encyclopedia of Mammals (2nd ed.). Oxford University Press. p. 468. ISBN 978-0-7607-1969-5 
  6. ^ a b Skinner, J. D.; Chimimba, C. T. (2006). The Mammals of the Southern African Sub-region. Cambridge University Press. pp. 243–246. ISBN 978-0521844185 
  7. ^ Caro, T.; Izzo, A.; Reiner, R. C.; Walker, H.; Stankowich, T (2014). “The function of zebra stripes”. Nature Communications 5: 3535. Bibcode2014NatCo...5.3535C. doi:10.1038/ncomms4535. PMID 24691390. 
  8. ^ Kingdon, J. (1988). East African Mammals: An Atlas of Evolution in Africa, Volume 3, Part B: Large Mammals. University of Chicago Press. pp. 165–179. ISBN 978-0-226-43722-4.
  9. ^ Mace A. Hack, Rod East and Dan J Rubenstein (2002). “Status and Action Plan for the Plains Zebra (Equus burchelli)”. In Moehlman, P. D.. Equids. Zebras, Asses and Horses. Status Survey and Conservation Action Plan. IUCN/SSC Equid Specialist Group. IUCN. pp. 43–57. ISBN 9782831706474 
  10. ^ a b Larison, Brenda; Kaelin, Christopher B.; Harrigan, Ryan; et al. (2020). "Population structure, inbreeding and stripe pattern abnormalities in plains zebras". Molecular Ecology. 30 (2): 379–390. doi:10.1111/mec.15728. PMID 33174253. S2CID 226305574.
  11. ^ Caro, Tim (2016). Zebra Stripes. University of Chicago Press. p. 20. ISBN 978-0-226-41101-9. https://www.google.com/books/edition/Zebra_Stripes/3o-EDQAAQBAJ?hl=en&gbpv=1&dq=zebra+stripes&printsec=frontcover 
  12. ^ Extremely Rare 'Blonde' Zebra Photographed”. National Geographic (2019年3月29日). 2020年5月25日閲覧。
  13. ^ Nowak, R. M. (1999). Walker's Mammals of the World. 1. Johns Hopkins University Press. pp. 1024–1025. ISBN 978-0-8018-5789-8 
  14. ^ The Art of Being a Lion pg 186, Christine and Michel Denis-Huot, Friedman/Fairfax, 2002