グランドスラム・オブ・グラス

グランドスラム・オブ・グラスGrand Slam of Grass)は、2005年に創設されたアメリカ合衆国サラブレッド平地競馬のレース・シリーズである。対象競走を全て勝利した3歳馬に500万ドルのボーナスが支給される。スポンサーはジェイコブズ投資会社。

概要編集

コロニアルダウンズ競馬場がアメリカ3歳芝路線を盛り上げる目的で創設した。第1戦目としてコロニアルターフカップを設立(当時格付けなし)し、同競馬場で行われているヴァージニアダービー(当時G3)を第2戦目、3歳限定芝G1のセクレタリアトステークスを第3戦目、芝の最強馬決定戦であるブリーダーズカップ・ターフを第4戦目とした。設立当時はアメリカ競馬名誉の殿堂博物館ハンデキャップも第3戦目の対象だった。

歴史編集

  • 2005年 創設、ボーナスは200万ドル
  • 2006年 ヴァージニアダービーがG3からG2に格上げ
  • 2007年 コロニアルターフカップがG3に格付け
  • 2009年 コロニアルターフカップがG3からG2に格上げ、ボーナスが500万ドルに変更
  • 2010年 この年を最後に休止

対象競走編集

開催日 競走名 出走条件 施行競馬場 施行コース 総賞金
6月20日 コロニアルターフカップ G2 3歳 コロニアルダウンズ競馬場 芝9.5f 50万ドル
7月21日 ヴァージニアダービー G2 3歳 コロニアルダウンズ競馬場 芝10f 75万ドル
8月8日 セクレタリアトステークス G1 3歳 アーリントンパーク競馬場 芝10f 40万ドル
11月7日 ブリーダーズカップ・ターフ G1 3歳以上 持ち回りで開催 芝12f 300万ドル

開催日は2009年のもの。

優勝馬編集

コロニアルターフカップ ヴァージニアダービー セクレタリアトステークス ブリーダーズカップ・ターフ
2005年 イングリッシュチャンネル イングリッシュチャンネル  ガンサルート  シロッコ
2006年 ショウイングアップ ゴービトウィーン  ショウイングアップ  レッドロックス
2007年 サマードルドラムズ レッドジャイアント  シャムディナン  イングリッシュチャンネル
2008年 セイラーズキャップ ジオポンティ  ウインチェスター  コンデュイット
2009年 バトルオブヘイスティングス バトルオブヘイスティングス  テイクザポインツ  コンデュイット
2010年 パディーオプラード パディーオプラード  パディーオプラード  デンジャラスミッジ

関連項目編集

外部リンク編集