メインメニューを開く

グランドスラム・パリ2011は2011年2月5・6日の2日間にわたりフランスパリベルシー体育館で開催された柔道国際大会[1]。 今大会、柔道家として最も模範となる行動を示した選手に授与される心技体トロフィが、男子60kg級のリショド・ソビロフと女子48kg級の浅見八瑠奈に、大会を主催するフランス柔道連盟から授与された[2]

目次

大会結果編集

男子編集

階級
60kg以下級   リショド・ソビロフ   ホヴァネス・ダフチャン   アミラン・パピナシビリ
  ゲオルグリー・ザンタラヤ
66kg以下級   森下純平   アルメン・ナザリャン   福岡政章
  ダビド・ラローズ
73kg級   中矢力   アッティラ・ウングバリ   粟野靖浩
  ウゴ・ルグラン
81kg以下級   金宰範   ギヨーム・エレモント   ラスロ・チョクニャイ
  アラン・シュミット
90kg以下級   西山大希   ティアゴ・カミロ   ロメイン・バフェ
  フルシド・ナビエフ
100kg以下級   ヘンク・フロル   ナイダン・ツブシンバヤル   ジェヴゲニュス・ボロダフコ
  黄禧太
100kg超級   テディ・リネール   上川大樹   オスカル・ブライソン
  金成民

女子編集

階級
48kg以下級   浅見八瑠奈   チェルノビツキ・エーヴァ   サラ・メネゼス
  ダヤリス・メストレ・アルバレス
52kg以下級   ムンフバータル・ブンドゥマー   ソラヤ・ハダド   アナ・カラスコサ
  プリシラ・ネト
57kg以下級   オトーヌ・パヴィア   佐藤愛子   テルマ・モンテイロ
  コリーナ・カプリオリウ
63kg以下級   ジブリズ・エマヌ   徐麗麗   クラリス・アグベニュー
  ウルシカ・ジョルニル
70kg以下級   リュシ・デコス   ケルスティン・ティエレ   國原頼子
  エディス・ボッシュ
78kg以下級   オドレー・チュメオ   リュシ・ルエット   ヨー・アビゲール
  マイラ・アギアル
78kg超級   田知本愛   ルシージャ・ポラウデル   劉歓縁
  イダリス・オルティス

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 5 2 3 10
2   フランス 5 1 6 12
3   オランダ 1 1 1 3
4   モンゴル 1 1 0 2
5   韓国 1 0 2 3
6   ウズベキスタン 1 0 1 2
7   ハンガリー 0 2 2 4
8   アルメニア 0 2 0 2
9   ブラジル 0 1 2 3
10   中国 0 1 1 2
  スロベニア 0 1 1 2
12   アルジェリア 0 1 0 1
  ドイツ 0 1 0 1
14   キューバ 0 0 1 1
15   スペイン 0 0 1 1
  ジョージア 0 0 1 1
  ラトビア 0 0 1 1
  ポルトガル 0 0 1 1
  ルーマニア 0 0 1 1
  ウクライナ 0 0 1 1

脚注編集

外部サイト編集