メインメニューを開く

グランドスラム・モスクワ(Grand Slam Moscow)IJF主催 ロシアの国際柔道大会。

目次

来歴編集

2008年までロシア国際柔道大会という名称で開催されていた。しかし、2009年からIJFワールド柔道ツアーが導入されたのに伴い現在の名前に改称される。1997年のロシア国際は日本の選手が初めてカラー柔道着を着用した大会であった(JRA賀持道明が日本選手で公式試合最初の着用者となった[1])。「グランドスラム・パリ」、「グランドスラム・リオデジャネイロ」、「グランドスラム・東京」とともにグランドスラム大会の一翼を担う。2009年は5月に開催されたが、2010年は7月開催となった。今大会は2009年からモスクワで開催されていたが、2014年からはチュメニで開催されることになった[2]。2017年からはエカテリンブルグ開催となった[3]

名称の変遷編集

ロシア国際柔道大会( -2008)
グランドスラム・モスクワ(2009-2013)
グランドスラム・チュメニ(2014-2016)
グランドスラム・エカテリンブルグ(2017- )

優勝者編集

男子編集

60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級
2009年  ホヴァネス・ダフチャン  ハシュバータル・ツァガンバータル  王己春  シャルヘイ・シュンジカウ  小野卓志  黄禧太  アレクサンドル・ミハイリン
2010年  リショド・ソビロフ  ムサ・モグシコフ  バンジャマン・ダルベレ  イワン・ニフォントフ  小野卓志  ルシアーノ・コヘア  イスラーム・エルシャハビ
2011年  リショド・ソビロフ  アリム・ガダノフ  デックス・エレモント  スヴェン・マレシュ  イリアス・イリアディス  アリエル・ゼエビ  金洙完
2012年  高藤直寿  ミルザイド・ファルモノフ  西山雄希  ムラト・ハバチロフ  イリアス・イリアディス  ラムジディン・サイドフ  アブドゥロ・タングリエフ
2013年  アミラン・パピナシビリ  チャールズ・チバナ  ディルク・バンティヘルト  スヴェン・マレシュ  グリゴリー・スレミン  ジャバド・マフジューブ  アンドレアス・テルツァー
2014年  木戸慎二  チャールズ・チバナ  デニス・ヤルツェフ  ビクトル・ペナルベル  吉田優也  エルマール・ガシモフ  ラファエル・シルバ
2015年  木戸慎二  高上智史  ウアリ・クルジェフ  イワン・ボロベフ  ベイカー茉秋  マルティン・パシェック  原沢久喜
2016年  大島優磨  阿部一二三  ムサ・モグシコフ  アスラン・ラピナゴフ  マルクス・ニマン  マルティン・パシェック  アンドレフ・ボルコフ
2017年  永山竜樹  アブドラ・アブドルジャリロフ  橋本壮市  ハサン・ハルムルザエフ  長沢憲大  ミクローシュ・ツィルイェニチュ  ダビド・モウラ
2018年  エルドス・スメトフ  阿部一二三  ツェンドオチル・ツォグトバータル  藤原崇太郎  アレクサンダル・クコル  ニヤス・イリアソフ  太田彪雅
2019年  ルハグバジャムツ・ウヌボルド  キリアン・ルブルシュ  トミー・マシアス  サギ・ムキ  ノエル・ファントエンド  アルマン・アダミアン  タメルラン・バシャエフ

女子編集

48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級
2009年  福見友子  中村美里  松本薫  マリエル・プルボー  國原頼子  楊秀麗  塚田真希
2010年  山岸絵美  西田優香  サブリナ・フィルツモザー  ジブリズ・エマヌ  アネット・メサロシュ  楊秀麗  塚田真希
2011年  福見友子  ムンフバータル・ブンドゥマー  佐藤愛子  ウルシカ・ジョルニル  エディス・ボッシュ  緒方亜香里  トウ文
2012年  サラ・メネゼス  エリカ・ミランダ  コリーナ・カプリオリウ  アリス・シュレジンガー  マリア・ポルテラ  エイミー・コットン  マリア・アルテマン
2013年  サラ・メネゼス  ヤーナ・スンドベルグ  ミリアム・ローパー  ヤーデン・ジェルビ  ベルナデッテ・グラフ  ヨー・アビゲール  マリア・アルテマン
2014年  サラ・メネゼス  中村美里  カトリーヌ・ボーシュマン=ピナール  阿部香菜  キム・ポリング  マイラ・アギアル  山部佳苗
2015年  フリア・フィゲロア  ジョアナ・ラモス  芳田司  ツェデブスレン・ムンフザヤ  田知本遥  フーシェ・ステーンハイス  馬思思
2016年  渡名喜風南  志々目愛  芳田司  能智亜衣美  新井千鶴  高山莉加  稲森奈見
2017年  近藤亜美  エリカ・ミランダ  ミリアム・ローパー  マルティナ・トライドス  サンネ・ファンデイケ  梅木真美  朝比奈沙羅
2018年  遠藤宏美  ナタリア・クジュティナ  テルマ・モンテイロ  能智亜衣美  マリア・ポルテラ  高山莉加  ラリサ・ツェリッチ
2019年  パウラ・パレト  ギリ・コーヘン  出口クリスタ  ダリア・ダビロワ  マリー=エヴ・ガイエ  泉真生  マリア・アルテマン

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   日本 48 21 24 93
2   ロシア 19 33 64 116
3   ブラジル 17 13 22 52
4   オランダ 6 7 6 19
5   ドイツ 5 7 26 38
6   フランス 5 7 12 22
7   モンゴル 5 6 15 26
8   ウズベキスタン 5 5 6 16
9   イスラエル 5 2 6 13
10   中国 4 1 5 10
11   スウェーデン 4 0 4 8
12   韓国 3 7 5 15
13   ハンガリー 3 5 9 17
14   カナダ 3 3 10 16
15   ポルトガル 2 1 5 8
16   オーストリア 2 0 9 11
17   ギリシャ 2 0 1 3
18   ベルギー 1 3 5 9
19   ベラルーシ 1 3 4 8
20   ジョージア 1 3 8 12
21   ルーマニア 1 2 3 6
22   アルメニア 1 2 1 4
  スペイン 1 2 1 4
24   カザフスタン 1 1 5 7
25   スロベニア 1 1 1 3
26   アルゼンチン 1 1 0 2
27   アゼルバイジャン 1 0 5 6
28   セルビア 1 0 4 5
29   ボスニア・ヘルツェゴビナ 1 0 2 3
  エジプト 1 0 2 3
31   フィンランド 1 0 1 2
  イラン 1 0 1 2
33   パナマ 1 0 0 1
34   イギリス 0 4 4 8
35   アメリカ合衆国 0 3 0 3
36   チュニジア 0 2 2 4
37   チャイニーズタイペイ 0 2 0 2
38   イタリア 0 1 7 8
39   ポーランド 0 1 6 7
40   ウクライナ 0 1 2 3
41   ラトビア 0 1 1 1
42   プエルトリコ 0 1 0 1
43   クロアチア 0 0 3 3
44   チェコ 0 0 2 2
  リトアニア 0 0 2 2
46   エストニア 0 0 1 1
  ギニアビサウ 0 0 1 1
  キルギス 0 0 1 1
  モロッコ 0 0 1 1
  スイス 0 0 1 1
  スロバキア 0 0 1 1
  タジキスタン 0 0 1 1
  トルコ 0 0 1 1
  ベネズエラ 0 0 1 1

脚注編集

  1. ^ 「近柔特派員カメラ日記」近代柔道 ベースボールマガジン社、1997年3月号、60-61頁
  2. ^ 2014 IJF Calendar
  3. ^ Ekaterinburg Grand Slam 2017

外部リンク編集