メインメニューを開く

グランドスラム・リオデジャネイロ

グランドスラム・リオデジャネイロ(Grand Slam Rio de Janeiro)IJF主催 ブラジルの国際柔道大会。

目次

来歴編集

2008年まではブラジル国際柔道大会という名称で開催されていたが、2009年からIJFワールド柔道ツアーが導入されたのに伴い現在の名前に改称される。「グランドスラム・パリ」、「グランドスラム・モスクワ」、「グランドスラム・東京」とともにグランドスラム大会の一翼を担う。2009年は7月に開催されたが、2010年は5月開催となった。2013年はリオデジャネイロ世界選手権が開催されることから、今大会の開催は取り止めとなった[1]。2014年も開催されないことが決まった[2]。2019年10月には2012年6月以来途切れていたブラジルでのグランドスラム大会開催が、ブラジリアで再開されることに決まった[3]。 主催はブラジル柔道連盟[4]

名称の変遷編集

ブラジル国際柔道大会( -2008)
グランドスラム・リオデジャネイロ Grand Slam Rio de Janeiro(2009-2012)
グランドスラム・ブラジリア Grand Slam Brasilia(2019-)

優勝者(2009年-2012年)編集

男子編集

60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級
2009年  ルートウィヒ・パイシャー  アリム・ガダノフ  ディルク・バンティヘルト  イワン・ニフォントフ  キリル・デニソフ  エルコ・ファンデルヘースト  ダニエル・エルナンデス
2010年  平岡拓晃  アリム・ガダノフ  秋本啓之  トミスラフ・マリヤノヴィッチ  ユーゴ・ペサーニャ  エルコ・ファンデルヘースト  高橋和彦
2011年  山本浩史  ムサ・モグシコフ  中矢力  レアンドロ・ギルヘイロ  小野卓志  穴井隆将  ジョアン・シリトレー
2012年  ベトキリ・シュクバニ  デニス・ラフレンティエフ  マルセロ・コンティーニ  ビクトル・ペナルベル  ヴァルラーム・リパルテリアニ  イラクリ・チレキゼ  アダム・オクルアシビリ

女子編集

48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級
2009年  フレデリク・ジョシネ  西田優香  テルマ・モンテイロ  クラウディア・マルツァン  リュシ・デコス  セリーヌ・ルブラン  杉本美香
2010年  福見友子  中村美里  松本薫  上野順恵  リュシ・デコス  佐藤瑠香  ルシージャ・ポラウデル
2011年  浅見八瑠奈  エリカ・ミランダ  コリーナ・カプリオリウ  阿部香菜  國原頼子  マイラ・アギアル  田知本愛
2012年  パウラ・パレト  エレウディス・ヴァレンティム  ヨバナ・ロジッチ  マリアナ・バロス  ナディア・メルリ  ケイラ・ハリソン  ヴァネッサ・ザンボッティ

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   日本 18 6 9 33
2   ブラジル 11 19 31 61
3   ロシア 6 4 9 19
4   フランス 4 3 14 21
5   ジョージア 4 0 4 8
6   ベルギー 2 0 5 7
7   オランダ 1 4 3 8
8   ドイツ 1 2 6 9
9   アルゼンチン 1 2 2 5
10   アメリカ合衆国 1 2 1 4
11   オーストリア 1 0 2 3
  ポルトガル 1 0 2 3
13   メキシコ 1 0 1 2
  ルーマニア 1 0 1 2
  スロベニア 1 0 1 2
16   クロアチア 1 0 0 1
  セルビア 1 0 0 0
18   イタリア 0 3 0 3
19   ハンガリー 0 1 3 4
20   キューバ 0 1 2 3
21   コロンビア 0 1 1 2
  スペイン 0 1 1 2
  モンゴル 0 1 1 2
24   ルクセンブルク 0 1 0 1
  トルコ 0 1 0 1
  ウズベキスタン 0 1 0 1
27   カナダ 0 0 2 2
  中国 0 0 2 2
  エジプト 0 0 2 2
  ポーランド 0 0 2 2
31   アゼルバイジャン 0 0 1 1
  チリ 0 0 1 1
  ドミニカ共和国 0 0 1 1
  イスラエル 0 0 1 1
  プエルトリコ 0 0 1 1

脚注編集

外部リンク編集