グランドスラム・大阪2019

グランドスラム・大阪2019は2019年11月22日から24日の3日間にわたって、大阪市中央体育館(丸善インテックアリーナ大阪)で開催されたIJFワールド柔道ツアー柔道国際大会[1]。今大会は2017年までグランドスラム・東京として東京体育館で開催されてきたが、2020年東京オリンピックに向けた改修工事のため使用できないことから、今回は前年のグランドスラム・大阪2018に続いて大阪で開催されることになった。そのため、大会名称も「グランドスラム・大阪」となった[2][3]。     

大会概要編集

正式名称 GRAND SLAM OSAKA 2019 INTERNATIONAL JUDO TOURNAMENT
開催日程 1日 男子60 kg級、66 kg級、女子48 kg級、52 kg級、57 kg級
2日 男子73 kg級、81 kg級、女子63 kg級、70 kg級
3日 男子90 kg級、100 kg級、100 kg超級、女子78 kg級、78 kg超級
開催場所 大阪市中央体育館(丸善インテックアリーナ大阪)
主催 財団法人全日本柔道連盟[4]

大会結果編集

男子編集

階級
60 kg以下級   高藤直寿   永山竜樹   楊勇緯
  金源鎮
66 kg以下級   阿部一二三   丸山城志郎   相田勇司
  西山祐貴
73 kg級   海老沼匡   橋本壮市   ソモン・マフマドベコフ
  ガンバータル・オドバヤル
81 kg以下級   永瀬貴規   藤原崇太郎   フランク・デ・ウィット
  トルパル・テプカエフ
90 kg以下級   ベカ・グビニアシビリ   ダブラト・ボボノフ   向翔一郎
  郭同韓
100 kg以下級   羽賀龍之介   エルマール・ガシモフ   飯田健太郎
  ウルフ・アロン
100 kg超級   イナル・タソエフ   太田彪雅   影浦心
  アリシェル・ユスポフ

女子編集

階級
48 kg以下級   渡名喜風南   フリア・フィゲロア   古賀若菜
  角田夏実
52 kg以下級   アマンディーヌ・ブシャール   阿部詩   志々目愛
  前田千島
57 kg以下級   玉置桃   連珍羚   ジェシカ・クリムカイト
  ドルジスレン・スミヤ
63 kg以下級   土井雅子   幸田奈々   田代未来
  鍋倉那美
70 kg以下級   大野陽子   キム・ポリング   新井千鶴
  ジョヴァンナ・スコッチマッロ
78 kg以下級   梅木真美   濵田尚里   泉真生
  ファニー=エステル・ポスビト
78 kg超級   素根輝      イダリス・オルティス   朝比奈沙羅
  ベアトリス・ソウザ

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 11 8 15 34
2   フランス 1 0 1 2
  ロシア 1 0 1 2
4   ジョージア 1 0 0 0
5   オランダ 0 1 1 2
  チャイニーズ・タイペイ 0 1 1 2
  ウズベキスタン 0 1 1 2
8   アゼルバイジャン 0 1 0 1
  キューバ 0 1 0 1
  スペイン 0 1 0 1
11   韓国 0 0 2 2
  モンゴル 0 0 2 2
13   ブラジル 0 0 1 1
  カナダ 0 0 1 1
  ドイツ 0 0 1 1
  タジキスタン 0 0 1 1

エピソード編集

今大会は日本の地上波テレビではテレビ東京系列により放送された。MC小泉孝太郎キャスター竹崎由佳、現地解説を吉田秀彦、放送席解説を小野卓志佐藤愛子がそれぞれ担当した[5]

今大会からIJF主催大会において「上衣の裾が臀部を完全に覆う」の検査が厳しくなる。今大会では違反者が続出し、選手名・国名コードの記載がない「IJF」ゼッケンのリザーブ柔道衣で出場している者が多かった。『近代柔道』誌は、違反者が裾を短くしている目的ははだけると上衣を持つ相手の力が伝わりづらくなるのではだけやすくて試合を有利に進めようとするものだとした[6]。一方で上衣の裾が帯の外に出ると相手は短時間ではあるが裾を持つことができるようになるという不利な点もある。帯の外に出てない裾を持つと「脚掴み」あつかいで直ちに「指導」となるのである。また、同誌は他の目的として、ファッション、つまりは見た目をよくするためもある、と報じた[6]

脚注編集

外部サイト編集