グランド・ストリート駅 (LIRR本線)

グランド・ストリート駅: Grand Street)とはかつて存在したロングアイランド鉄道本線の駅である。それはニューヨーク・クイーンズエルムハースト英語版地区にあるグランド・ストリート英語版(現在はアベニュー)、現在のINDクイーンズ大通り線英語版グランド・アベニュー-ニュータウン地下鉄駅の西側にあった。それはわずか12年間しか営業していなかったにも関わらず、本線とレゴ・パーク地区で本線から分離するロッカウェイ・ビーチ支線英語版の両方が利用した。

Grand Street
所在地 クイーンズエルムハースト英語版
Grand Avenue英語版
座標 北緯40度44分1.6秒 西経73度53分1.2秒 / 北緯40.733778度 西経73.883667度 / 40.733778; -73.883667座標: 北緯40度44分1.6秒 西経73度53分1.2秒 / 北緯40.733778度 西経73.883667度 / 40.733778; -73.883667
所有者 MTA
路線
ホーム数 島式ホーム2面
線路数 6
その他
運賃区画 ゾーン1
歴史
開業 1913年
閉鎖 1925年
改築 なし。駅は現時点で廃止
電化 1905年
サービス
なし
前の駅   MTA NYC logo.svg ロングアイランド鉄道   次の駅
ウィンフィールド・ジャンクション駅 本線
(現在または過去の所在地)
マタウォック駅
前の駅   MTA NYC logo.svg ロングアイランド鉄道   次の駅
始点/終点 ロッカウェイ・ビーチ支線
テンプレートを表示

その駅は一対の屋根付きの小屋 (sheltered sheds) として1913年7月1日に開業し、本線の各駅停車が利用し、同時にロッカウェイ・ビーチ支線の起終点として利用された。その小屋は1922年に移転され、1925年に駅 (station stop) として休止された[1]。3年後、新しいレゴ・パーク駅ホワイトポット・ジャンクションに建設されたが、それはもっぱらロカッウェイ・ビーチ支線の列車が利用した。

ノート編集

もう1つのグランド・ストリート駅(エバーグリーン支線英語版の駅)がこの駅の西側にあった。この駅は当初1868年のいつかにロングアイランド・サウスサイド鉄道英語版によってメトロポリタン・アベニュー英語版とイーストリバー・フェリー (East River Ferry) のグランド・ストリート (ブルックリン)英語版の間に建設された。2番目の停車場に1878年5月15日に置換されたが、それは1885年9月28日に閉鎖された。

脚注編集

外部リンク編集