グランド・ルー・ド・パリ

グランド・ルー・ド・パリ: Grande Roue de Paris)は、かつてフランスパリに存在した観覧車。その名はフランス語で「大観覧車」の意である。

ラ・グランド・ルーを写した着色写真。

概要編集

イギリスの退役軍人、ウォルター・B. バセット (Walter Basset Basset, 1864 - 1907) の企画により、1900年パリ万国博覧会の目玉として建設された。バセットはヨーロッパに4基の観覧車を設置しているが、このラ・グランド・ルーは、それらのうちで最後かつ最大のものであった。直径は約93メートル、高さ約96メートルで、この観覧車を上回る大きさのものは、当時の世界を見渡しても他に存在しなかった。

観覧車は1920年に撤去されるが、ラ・グランド・ルーが打ち立てた記録はその後長らく塗り替えられることは無く、1989年アジア太平洋博覧会(よかとぴあ)に設置された大観覧車(現在は遊園地「グリーンランド」に移設)によって初めて更新された。

参考文献編集

  • 福井優子『観覧車物語―110年の歴史をめぐる―』 平凡社、2005年、p128 - p137。ISBN 978-4582832518

外部リンク編集

関連項目編集

先代
グレート・ホイール
歴代で世界最大の観覧車
1900-1989年
次代
アジア太平洋博覧会の観覧車
先代
グレート・ホイール
現役で世界最大の観覧車
1900-1920年
次代
ウィーン大観覧車